めでたい事が続きますね~♪今度は福島晃子プロ!

いや~これまたビックリでした。知ったのは今朝の新聞紙面。

福島晃子プロが結婚したとの記事。嬉しい記事ではあるが、先日の不動プロに続き、賞金女王を獲った事のある一流プレ-ヤーだっただけに、驚いたのなんのって。続けての女子ゴルフ界のめでたい記事にビックリだった。

福島プロはツアー通算26勝(米2勝)と当時の勢いは今の若いモンとは格が違う強さだった。飛距離の物を言わせ圧倒的な強さを誇って海外に!。順調に2勝したものの、腰痛が悪化。それ以降は怪我との戦いも・・・

昨今、軽井沢で練習を観ていても、腰を気にする仕草も目立つ。今まで以上の活躍は見込めないかもしれないが、結婚を期に今一度!賞金女王の輝きを!

おめでとう!。

そして次は誰だ?

さて、今年のNECの大会は、是非とも祝いの組を作って欲しい。

福島晃子 不動裕理 茂木宏美

観に行きたい!。万が一、NECツアーの関係者がこの記事を目にすることがあったとしたならば、検討願いたいな~。

でも、今年は初日に行けそうにないかぁ~

| | コメント (0)

手編みのトラでおめでとう!

100_0002 clubMADE BY ASAKOclub

thunder明けましておめでとうございます!diamond

本年もよろしくお願いいたします。

皆さんに幸せを運ぶclover幸福のトラcloverです

| | コメント (0)

賀正!。これは家に幸せを運ぶイノシシです!

Nengajyou20072_1

明けましておめでとうございますm(__)m。

本年も私の寝言にお付き合い頂けますよう宜しくお願い致します。

上にある写真は親戚の伯母さんの手作りです。毎年干支にあわせて編んでくれます。これは皆さんに幸せを運んでくれるジャンボイノシシのようです(^o^)丿。一緒に幸せを掴みましょう。その為の行動を頑張りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考えさせられるペット事情

日本TVで先ほどまで放送されていた『天才志村動物園』を観ていて強く感じた最悪なペット事情

番組の終盤、女性タレント『ベッキー』が捨て犬を保護しているとある施設に体験取材に行く。身勝手な飼い主の行動による犬達が映像化されていた。

・・・涙が出てきた・・・

主を亡くしたゴールデンレトリバー。1人(匹)ぽっちで寂しくて寂しくてどうする事も出来ない犬をベッキーが温かく抱擁する。それが嬉しくて嬉しくてどうする事も出来な犬をベッキーが優しく落ち着かせる。

虐待されていたらしい犬顔はエグラレ、前歯がむき出しになっている。ベッキーは涙しその犬に詫びを入れていた。

『ゴメンネ(T_T)』

その犬は、そんなベッキーに歩み寄り甘えてくる。人間に虐待されて、痛い思い、辛い思いをしただろうに、信頼して甘えてくる

心を閉ざした犬。1時間以上をかけ、言葉をかけ続け閉ざされた心を解き放つ。周りを恐れ、外に出ることの無かったたった1匹の何処かの犬なのかもしれないが、ベッキーの諭し方は我が子に接するよう。いつのまにか散歩に出られるようにまで・・・。

現在、空前のペットブームが続いている。売る側は

『安易な命の増産』

をしている。最悪だ!交配倫理を無視し、危険なインブリードを繰り返し、先天性の病気の危険性を知っていながら売ってしまう。その命は短命でもあり、奇形などの症状もあらわれる。儲ける為なら何でもやるのだ!

買う側も

『安易な命の扱い』

をしている。1つの命を育てる事でも相当に大変である!。普通ならば多頭数など責任もって飼えるはずが無い!。

『家に帰って寂しいから犬を飼い始めました~(^o^)丿』

等と戯言を言っている女性タレントなどに言いたい。あなたは家に帰ってペットが待っているかもしれないが、それまで

『主を待っているペットの気持ちは?』

先に書いた主を亡くした犬を観れば、そんな安易な言葉はでないはず!。ペットを飼う以上、躾をする事、育てる事はとても大変な事。安易に

『命を飼ってはいけない!育てる、育むのです!』

TVに出てきた犬を観て、ベッキーの対応を観て涙が止まらなかった・・・。

国は率先して法律整備すべきだ。飼う側にも厳しい制約が必要だと思うが、まずは命を生産する側、売る側に厳しい誓約を造る必要がある!。

『命=尊い』

なのだから。痛々しい映像が流れたが、本当に重要な内容だった。自分自身のペット感を再考させられた。

Bulo 我が愛犬を亡くした日の事は、今でも鮮明に覚えている。私の不注意で病気を悪化させた事が原因。後悔しても仕切れない・・・。犬を飼いたい気持ちは持っている。しかし・・・命を預る資格があるのか?日々問答している。私がもう1度犬を飼う時は答えが出た時だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分でも出来ればな~

hime6

これは、愛犬を亡くした時に描いて貰った絵(縦40㎝横50㎝位)です。

描いてくれたのは近くに住む画家さんで、国会議員や著名人から肖像画を頼まれるような有名な人のようです。それを知らずに動物(ペット)をお願いしてしまいました私。知らないと言う事は怖いですね(^^ゞ。しかし、画家さんは嫌な顔をせずに引き受けてくれました。でも、画家さんも初めて描くと言う事でした。

写真で残すだけでも良かったのですが、絵の方がより温度を感じる気がしたのでお願いしたのです。出来上がってきた物を観て『お願いして良かった』と思える物が出来ました。

自分でもこんな絵が描けたらな~と思いますが・・・才能なし(^^ゞ

子供の頃、近所のマルチ-ズに追い掛けられてお尻をガブリッ!。大泣きをして親にお尻をみてもらうと、小さいアナが2つ(T_T)。でも犬大好きです!。

もし、次に飼う気持ちが出来たらと考えてみました・・・やっぱり同犬種ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

駄目ゴルファート愉快な子供たち・・・その2

子供にしつこく『何で?』と聞かれたらどうしますか?。

犬の散歩は、時間も躾も、毎日同じ事の繰り返しである。いつもしている躾で一番重要だと思って教えていた事、それは『我慢!』であった。どの様に教えるのか?簡単である。耳やわき腹と言った急所を強くつかむのだ。これを聞けば虐待だと言う人もいるかもしれないが、強いと言っても強さの加減はする。当たり前の事だ。掴む前に一言『我慢よ!』愛犬は我慢し続ける。

子供達も『何でそんな事するの?』と聞いてくる。私はこう答えた

大型犬が病院で診てもらうのに必要なんだよ。我慢する事を憶えていると、お医者さんも安心して診察できるんだよ。お医者さんだって怖いんだから。うちの犬は注射する時だって、点滴をする時だってずっと我慢してるよ!どんなに痛くたってお医者さんを噛んだりしないんだ。だから、お医者さんもしっかり診察してくれるんだよ(^.^)皆は注射の時泣くだろ?』

子供達『うん、泣く!だって痛いもん!』

自分 『でもね、痛いからって注射の最中に動いたら、針が刺さっていて危ないでしょ?怪我しちゃうかもしれないじゃん。だから皆も動いちゃ駄目だよ!』

子供達『うん!わかった』

私は躾の際に餌をあげた事は無かった。出来たらひたすら誉めた!。一緒に楽しんで散歩した。躾も散歩も自分が楽しまないと続かないからだ。愛犬に対して常に話し掛け、常に目を向けていると、自然に愛犬も自分に目を向けている。何かあれば一鳴き!。その時は何を言われているかわかった気がした。

子供達『何でわかるの?』

自分 『何でかな?多分、皆もそうしていたらわかるようになると思うよ』

子供達『ふ-ん』

その後の子供達は、うちの犬と遊ぶときに、人間の友達と同じように話しながら遊んでいた。

躾で重要なのは『誉める事』と『叱る事』のメリハリだ。良い事をしたら本気で誉め、悪い事をしたら本気で叱る!。この当たり前に思える事をしていればちゃんと理解するようになる。著書にも書いたが、そういった事もしないで『うちの犬は馬鹿で困っているんです~(^^ゞ』と言う飼い主には腹が立つ。犬ではなく、あなたが馬鹿なんです!。そのせいで犬は成長できないのです!。

愛犬の小屋の周りには高さが1m50程の柵があった。2度程それを越えて脱走した事があった。私が帰宅すると様子がおかしいので脱走した事がわかる。愛犬に『脱走したろ?』そう聞くと、申し訳ないと言わんばかりに私の顔を舐めてくる。やっぱり言葉をわかっているんですね。しっかり叱るとそれ以来無くなった。

脱走も無理は無い!これも自論だが、人間と犬の寿命で考えると、犬は人間の1/5しか生きられない。別の言い方をすれば、犬は5倍の速さで生きている事になる。人間の1秒は、犬の5秒。1時間は5時間と言ったところだ。仕事で家を空けている10時間は犬にしてみたら私を50時間待っていた事になる。

あなたは待てますか?マル2日間以上。したい事を我慢できますか?。

家に帰ると、愛犬が嬉しさを爆発させるのは当たり前ですよね!。必ず散歩はしてあげましょう!。あなたの帰りを、一緒に行ける散歩を待っているわけですから!。

bu_ki1 いつも同じ格好で散歩に行くと、近所の幼稚園に通う女の子に声を掛けられる『何でいつも一緒なの?お着替え無いの?』。本当に女の子はそういったところを良く見ている。一転男の子達は『遊んでよ!』と言う事だけ。私としてはその方がありがたい(^^ゞ。いずれにしても、それ以来は何着かを着回して散歩をする事にしました。ちゃんとお着替えしないとね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駄目ゴルファーと愉快な子供たち

子供の瞳は確かですね!。そして、発する言葉は悪意の無いストレートです 。

今日は、競馬の雑誌を見ながら、あることを思い出し苦笑いをした数年前、私が犬を飼っていた頃、一緒に散歩に行きたがる近所の小学6年と4年の姉妹がいた。

愛犬に大した事は教えていなかったが、それを見たかったようで私と愛犬を見つけると寄ってきてくれる可愛い姉妹である。

この姉妹の他にも数人の小学生達が愛犬と遊ぶ事を楽しみにしてくれていた 愛犬は、気性は穏やかであったが大型であった。

子供達には、万が一何かあった場合には、私以外に静止出来る家族がいない事もあるから、

『私がいない時は触っては駄目!』

と言ってあったが、内緒で触っているようであった(^^ゞ。愛犬はかえってその時の方が大人しく、子供達にナスガママに触らせていたようであるとある日、私が散歩に行こうと外に出ると姉妹がやってきた

妹  『ね~お兄ちゃん散歩行くの?一緒に行く』

以前はおじちゃんと呼んだ事があったので訂正させたのだ(^.^)。

自分 『良いよ!ちゃんと親には言ってこいよ!』

姉  『大丈夫!もう言ってきてあるから』

妹  『そうそう大丈夫!。ね~!聞きたい事があるんだけど良い?』

姉  『やめな!そんな事聞くもんじゃないよ!』

自分 『別に聞かれて困る事は無いから良いけど何?難しい事はわからないよ』

妹  『お兄ちゃんの干支は何?』

自分 『牛だけど?』

妹  『え~(-.-)嘘だね~!』

自分 『何で二人に嘘なんて言う必要があるの?そんな事したって意味無いじゃん。』

姉  『そうだよ!お兄ちゃんは嘘なんて言わないよ!』

妹  『え~(-.-)』

自分 『どうしたの?俺が牛年じゃいけない訳でも?何だよ~、聞いた理由教えてみな(^.^)』   

妹  『うん(^.^)。お兄ちゃんは馬年だよねってお姉ちゃんと話してたの!だから確認したくて』

自分 『え?何で馬年だと思ったの?もしかして親と同じ年とか?誰か俺の事知っている人でもいるの?』

姉  『≪ニコニコしている≫』

妹  『違う違う!。そうじゃなくて~(^.^)、お兄ちゃんて馬に似てるから!。だから馬年だと思ったの。それに、馬好きなんでしょ?だから似て来るんじゃないかなってお姉ちゃんと話してたの(^.^)』

自分 『ははは。馬面って事かい(^^ゞ。あまりそれは誉め言葉じゃないな~。じゃあ、カッコ悪いって事?』

妹  『まあまあじゃない?カッコ良いほうだとは思うよ』

姉  『うんうん!髪の毛とかちゃんとすれば良いんじゃない!。後の毛が跳ねてるよ』

自 『あ、ごめんね~(^^ゞ』

二人の言動に苦笑いをしていた。かと言って、不快には感じなかった。子供とはいえ流石は女性だと言う実感がわいていた。

その後、一緒に行った散歩も思い出し笑が止まらないでいた。出掛けない休みであったため、見られても近所のおばさん達、寝癖でも良いと思っていたのだが。見ている人は見ているのですね!。子供は良く見ているな!ちゃんとしないといけませんね(^^ゞ実感しました反省。

そんな事を思い出しました。『愛犬に似てるって言われた方が嬉しいんだけど』と、姉妹に言うと

『良く似てるよ!だって犬も馬に似ているんだもん!と一蹴。どっちにしろ面長な事だけは確認できました(^.^)。来年の干支は『犬』そろそろ準備が必要でしょうか?。

Hime2 次回はもう1つの子供の話しを

| | コメント (0) | トラックバック (0)