« 最大のチャンスを逃したが、最高を手に入れていた | トップページ | NEC軽井沢72ゴルフトーナメントで気になる事! »

NEC 軽井沢72トーナメントで観たプロの苦悩・苦肉の策

トーナメント観戦から一週間も過ぎた。でも、少ない脳みそながらでも彼女たちのプレーが脳裏に焼き付いている。

パット イズ マネー

ゴルフで言われるようにパッティングの重要性は計り知れない。だからこそ、プロの練習風景が面白い。


パッティンググリップにも様々な形がある。これは各々調べて頂くとして、ほとんどの選手はスタンダードな握りだと思うが、そのあとが違う。



① 足の広げ幅  ② ボールの左右位置  ③身体からの距離




別にこれはパッティングに限った事ではない。ショットでも同様の事が起きている。と言う事は14本のクラブ全部に対して、この3つの留意点があり、コース上でのライ、起伏などでも変わる事から見ても、一体何通りの組み合わせを身体で覚えなければいけないんだと、練習風景から垣間見られた。



練習内容もプロそれぞれで、3要素をしっかり確認する人もいれば、ボールの転がりだけを重視しているプロもいる。




3要素重視のプロは、ボール1個左右にずらしたりして、今日の身体との相性を探しているようにも見えた。




プロの後から凝視しているので、お尻でも見ているんじゃないかと疑われるんじゃないかと気にもなったが、構える姿勢が非常に参考になった。
鈴木愛プロ、キム・ハヌルプロは特に『うまい』と唸らされる。




そう言えば、引退表明している宮里藍プロ。以前来た時の練習風景も覚えているが、彼女は3要素+今日の相性をゆっくりやっていたな~集中して。それを見ていても本番のような緊張感があった。凄い娘だったよね。よく考えれば。





当時もそれを見て上手くなった気になっていたが・・・・持続力がない自分。恥ずかしい・・・




さて、グリップの話。大江香織プロの練習風景で『えっ( ・´ー・`)』って固まってしまった。ご存知な方も多くいるかもしれませんが、私は初見でした。





中・長尺パターを使用していて、支点の握りは普通、ストローク部分の握りが独特。独特なんてもんじゃない




じゃんけんの『チョキ✌』の形なのです。何だあれとしか思えませんでしたが、でも、パッティングとして成立はしている。苦肉の策なんですね。




入れば良い



一番重要なパッティングだからこそ、誰もが一番ラインに乗せやすい、ストロークしやすい決まった形がありそうなのに、こんなにも様々な形があるなんて不思議以外にない。明らかにゴルフ場内で一番芝生の長さもほぼ一定、スタンスも起伏の少ない安定した場所なのにね。




さて、世の中には『シンプル イズ ベスト』なんて言葉もある。色んな選手の色んな練習を見過ぎて頭だけが大きくなった気がする。無い頭に詰め込み過ぎた・・・・パンク寸前。





なので、複雑怪奇なパッティング理論は思い出としてとっておき、基本的な自分にとって一番ベストな3要素を早く見つけ、狙ったところにストロークできるように練習して行こうと思いました。



それにしても、ショットもパットも練習場から実戦でもプロが苦悩している姿よくわかります。表情に出さないように努力しているようですが。こんな観察も楽しいものです。




今回の観戦でテレサ・ループロの姿勢がとても綺麗でマネしたくなりました。立っている時と歩いている時です。ミスを犯してもその姿勢のせいか動揺感が全くありません。ま、多少顔には出ていましたが。




ここで思い出されるのが不動裕理プロです。ブログ記事でも書きましたが、歩くスピ-ド、プレー間隔が精密機械のようでした。全く疲れなかったもんな~一緒に歩いていても。




とにかく、あれだけ練習をしていても難しいわけですから、たいして練習していない我々アマチュアがプロと同じような悔しさを演じてはいけませんね!。受け入れましょう下手くそな事を!(^^)!で、一生懸命やって楽しみましょう♪プロじゃないんで。



軽井沢でのゴルフも、寒さを考えると10月末ごろまでが楽しめる季節でしょうか。今回の観戦をいかして、スコアメイクに努めたいものです!目指せ〇〇〇!
〇の中は恥ずかしいので胸の中にしまっておきます。闘志と共に!やるぞ~。





Effect_20170723_184640


次回は、大会運営の問題点を少し書きたいと思います。ま、運営関係者にとってはただの文句かもしれませんね('◇')ゞ

|

« 最大のチャンスを逃したが、最高を手に入れていた | トップページ | NEC軽井沢72ゴルフトーナメントで気になる事! »

コメント

こんばんは( ^ω^ )mitakeya 様

あの大ダイを釣り上げるわけですから!
そして、見事なサバキも。

九州なら一年を通じてできますね。羨ましいです。
そういえば、昨年の軽井沢の覇者は笠りつ子プロ。
たしか、熊本出身でしたね。

良いゴルファーです。

投稿: 管理人 | 2017年8月22日 (火曜日) 18時56分

おはようございます。取締役様。
つぶありがとうございました。励みになりました。
ちなみに自分もゴルフが好きなんですけど、おっしゃるようにパットが・・・・
50~60cmが緊張で(〃゚д゚;)・・・
(*^m^)これもゴルフと思えば。なんて負け惜しみです。

投稿: mitakeya | 2017年8月21日 (月曜日) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141572/65686872

この記事へのトラックバック一覧です: NEC 軽井沢72トーナメントで観たプロの苦悩・苦肉の策:

« 最大のチャンスを逃したが、最高を手に入れていた | トップページ | NEC軽井沢72ゴルフトーナメントで気になる事! »