« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

酒井美紀が初優勝!

女子ツアー(jlpga)では珍しい4日間ト-ナメントのアース・モンダミンカップ(千葉県 カメリアヒルズcc 6516yrd par72)が最終日をむかえ、プレーオフの末酒井美紀が初優勝を勝ち取った.。
体型に見合わない
美紀ちゃんごめんねm(_ _)m最初に謝っておくけどセクハラととらないでね。
彼女は身長もそこそこあり、安定した下半身もある。なのに際立った飛距離、武器が見当たらない。でも、4日間と言う女子プロにとって長丁場での大会で安定した成績で勝利を手にした。
飛距離ではない
やはり勝利を導くのは飛距離ではない事がよくわかる。きっと彼女の武器は90~110yrdの距離。アプローチウェジかピッチングウェジで寄せる事を得意、自信としているのでしょう。それに合わせたコースマネージメントを徹底して勝利を引き寄せた。上位に名を連ねた韓国勢を抑えての勝利は良くやった。
彼女のゴルフに対する姿勢が好き
酒井美紀プロの素晴らしい所は、必ず目土をする事!。これはどのプロも、アマチュアも模範とすべき行動だ。ゴルフに対して、コースに対して実直で気持ちが良かった。
得意な距離でのショット時にコースを傷める。それに対しての保護を怠らない彼女を見ていれば自然と応援もしたくなる。
23歳、プロ5年目で手にした初優勝!おめでとう!
繊細すぎる性格なのでしょうが、もっと度胸をつけ、武器を磨き、柔らかい身体で怪我無く結果を求めていってほしい!。がんばれよ~happy01飛躍のオニヤンマを
100_0009t

| | コメント (2) | トラックバック (0)

女性は子供を生む機械

東京都議会で塩村文夏議員に「早く結婚した方がいいんじゃないか」と発言し問題となり謝罪した自民党の鈴木章浩議員。そういえば、以前にもこんな言葉を発した大臣がいたな。

マスコミよ、今回の問題をセクハラ?ヤジ?そんな軽い言葉で表現するな。

女性は子供を生む機械←以前記事にしたので良かったらどうぞ
ある大臣がこんな事を口にして大問題になった。
国会議員、地方議員の無恥さにはあきれるほか無い。
独身女性が結婚しない理由
独身男性が結婚しない理由
全てを理解する事は不可能。誰かに押し付けられる、決め事を作られる、強制的にでない限り100%結婚する事なんてありえない。
結婚しないといけない?
子供を生まないといけない?
こんな議論もくだらない。選択肢が多くなった現代、自分自身に価値を見出したいと願う女性が増えたことは政府も望んでいた事ではないのか?女性の社会進出を、地位向上を後押ししてきた論客も多くいた。それなのに
少子高齢化
大いなる問題。子供を産める事ができるのは女性だけ。だが、少子高齢化が顕著だから女性に子供を産めでは乱暴な話。
子供を生まなくても少子高齢化を食い止める策は無いのか?
くだらないヤジを考えるよりも、政策を考えろ馬鹿議員!
マスコミもこぞって犯人探し・・・しばらくはネタに困らないが、もっとマスコミの大きな力を別の方向に向けてほしい。きっと、何かが生まれる様な気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DASH!!村の明雄さん逝く

福島県での惨事で泣く泣く故郷を離れていた三瓶明雄さん。どうしているのだろうと話していた矢先の悲報だった。寂しいな・・・・
鉄腕DASH!!の名物コーナーのDASH!!村。ここでTOKIOの農作業の指導者で一躍人気者になっていた三瓶さん。昭雄さんの人柄にいつも安らぎを感じていた
日本のおじいちゃん
84歳だったという。体調を崩され入院していたらしいが突然の訃報は残念でならない。TOKIOとの出会いで新たな人生を歩み、望んでいなかった事もあったかもしれないが、日本で愛された三瓶さん、きっと満足した人生だったと思う。
全国で愛された一般人
楽しい番組の中での昭雄さんの存在感はTOKIOにも勝る。もうその姿を見る事ができない事は残念だ。今はただ、昭雄さんのご冥福をお祈りするほかは無い
有難う三瓶明雄さん!安らかに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手本となる行動

読売新聞スポーツ面の三室学氏が書く記事にはいつも共感する。ゴルフ専門誌ならこういう記事は書かないだろうな。

他の手本となる行動を
こう銘打って記事が書かれている。最後の文面を引用させてもらうと
『世界で戦える逸材だからこそ、技術とともに人間性を磨きながらファンを引きつける選手という理想像に近づいてほしい』
と締めくくっている。
松山英樹じゃない人間になる必要は無い
松山プロの恩師、東北福祉大学ゴルフ部監督が松山英樹プロに送った言葉。その後に続けている言葉が深い
『いろんな人が見ている。直すべき所は直さないといけない。自分でコミュニケーションをとりながら勉強しなさい』
勝気な性格の松山プロの長所を理解しながらの恩師の教えだ。なのに
やはりあの態度はイカンよ。
あのクラブをプレーオフのとき使って、打った瞬間に折れたらどうなっていた?。クラブヘッドが飛び誰かに当たっていたかもしれない。たまたま運よく叩きつけたあの段階で折れた怪我の功名かもしれないが、あくまでたまたまのこと。
以前、メジャート-ナメントである選手がミスショットで怒りクラブを折った。その時、折れたスチ-ルシャフトで自らの指を切り出血している選手がいた。
罰が当たった
いずれにしても、誰かの憧れの対象になっている、なれる存在である以上、松山英樹のままでいいからお手本になるようにしなければいけない。温かく見守りたいからこその読売の記事を、ファンの気持ちを松山プロは受け止めてほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松山英樹が米ツアー初優勝!!

朝からジェットコースターに乗っている気分・・・胃が痛くなりました。松山英樹プロがやってしまいましたね。
『ザ・メモリアルト-ナメント』が開催されるミュアフィールド・ビレッジGC(7352yrd Par72)は難しいコースで、帝王ジャック・二クラウスが運営に関わる米ツアーでも権威のある大会のひとつ。強いプロも多く参戦する今大会で、松山英樹プロが本格参戦の初年度でなんと勝利を手にしてしまう。
ラッキーもあった
本来は、終盤のロングホールで2打差をつけた時点で、プレーオフにまでもつれてはいけない内容だったが、いずれにしても勝ったことは大きい。しかもこんなに早い段階で勝ってしまうとは。ブログ内でもしかすると早い段階で勝ってしまうかもと言っていたのだが、まさか・・・こんなに早くにとは・・・驚いた。
でもいただけない部分もある。
8番でのティーショットが曲がったとき、クラブを叩きつけドライバーが折れてしまう。ま、これは、カーボンシャフトが疲労がたまっていたせいで、叩きつけたから折れたわけではないのだが、印象としては良くない!。ミスったら自分の頭でも叩いていろ!
松山プロは、クラブを離したり、パターでグリーンを傷つけたり、スロープレーだったりと目につけられている部分が多くある。その辺りは簡単に修正できないようだと駄目!
ちゃんとしなさい!
初勝利を挙げたことで色々と見られ方が変わってくるでしょう。より一層気を引き締めないといけません。でも、とりあえず初優勝
おめでとう!
丸山茂樹プロのように一勝ずつ毎年勝てるようになると本物です。当面丸山プロの3年連続を目標に、抜けるように頑張って下さい。
石川プロも松山プロに祝福のコメントをしていたが『悔しい!』と言っていた。良い事だ!そうでなければならない。今は迷路にはまっているがそれを受け入れるかどうかで変わる。若武者2人の活躍が待ちどおしい。がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »