« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

善光寺に行ってきました♪

寒い寒い某日cloud、善光寺参拝trainに行ってきました。でも、本当はついでだったのです。長野の善光寺よこにある県のしなの美術館がある。そこでの展示物が見たくて行ったのだ。

刀匠 宮入行平shine

人間国宝でもあった故 宮入氏は坂城町で活躍されていた刀匠。坂城町の駅近くには鉄の町坂城を紹介する鉄の展示館があり、そこで宮入氏の名刀も拝観できるという。

ここに行ったほうがよかった?

刀好きの私ではあるが、いままで観に行った事がなかった。そんな時、tvでしなの美術館で展示している事を知る。善光寺もすぐ近くにあるなら一石二鳥!(←この考えが駄目ですよねcoldsweats01

魂のこもった刀を前に、善光寺を参拝して身を引き締める、気を引き締める為に行く事にした。ところが、肝心の宮入展は・・・・

展示方法に問題がある。

じぇ・じぇ・じぇsad、刀の良さもまったく感じない、ただ展示してあると言ったような形。あれでは、あの展示ではやらない方が良いのではないだろうか。期待していただけに残念だった。もっと日本刀の素晴らしさ、意味を持った説明と展示方法があるはず。智恵を振り絞って欲しいものだ。

ただやっている

虚しい気持ちで5分であとにした。今度は坂城にある展示場に行く事とする。

思い直して、善光寺参拝へ!。あと2年ぐらいで確か・・・御開帳。前回の御開帳の時は物凄い人気で、今まで見たことのないほどの人だかりだった。でも、今日はゆっくり自適に善光寺参拝。

100_0005l

参道から直ぐの仁王門には風神・雷神が睨みを!

100_0002k

仲見世通りをすぎると大きな山門。そしてその先に

0k

善光寺本堂。県民ながら、なかなか見にくることも無い善光寺。やはり大きい!立派ですね。

この日は、小雪はらはら舞う寒い日で人もまばら、人々がしている会話もよく理解できない。って、えっ?日本語じゃない?

そうです。日本人観光客よりも外国の方々が多く来ていた。欧米の方もいましたが、なかでも台湾人、学校の旅行でしょうか?おおくみられました。女の子たちはこの寒い中、アイスを食べて喜んでおりましたよ・・・・。見ていてこっちが寒い。

もとい!、善光寺に来たからには『お戒壇めぐり』をしましょう。と言う事で、本堂地下にある、光の一切入らない暗闇の中ゆっくりと、邪念を捨て『極楽の錠前』を探し当てる事に集中、無事お戒壇めぐりを済ませました。

冷え切ったからだ、空腹を満たす為、参道を直ぐに出たところにある蕎麦屋で昼飯。手打ち蕎麦(さらしな蕎麦)を頂いた。

100_0007j

年末に宮入氏の刀と善光寺さんのおかげで、気も引き締まり、良い年が越せそうです。そして、良い年を迎えたいものです。

蕎麦屋のご主人 『ごちそうさんでした!』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オルフェーヴル&ロ-ドカナロアで後続に13馬身

日本の競馬の最後を締めくくる祭典、第58回有馬記念(中山 芝 2500m GⅠ)が先ほど行われた。このレースで現役引退をする現役最強馬オルフェーヴルに注目が集中した。

俺に注目してくれ!世界最強のこの俺を!

そう言っているかのようなレースぶりで、後続に8馬身差の大差をつけての圧勝。レースがウィニングランだった。

これほど人を引き付けた馬はいないのでないか?強さと脆さをおしみなく見せ、それにいつも観客はハラハラさせる。こんな最強馬は世界でもいない。この数年間はオルフェ劇場だった。

卓越した勝負根性で他を圧倒し、他馬より低い重心で加速をする勇ましい、美しい馬体が見納めかと思うと寂しい。多くのファンが感じているであろう。

凱旋門賞2着2回・・・

この悔しさは受け継がれる!。ディ-プの仔で武騎手が、オルフェの仔で池添騎手がリベンジする日を楽しみにするとします。

そしてもう1頭凄い馬が引退する(引退している)。

オルフェーブルは中長距離の最強馬でこちらは短距離での世界最強馬ロードカナロアだ。

1200m(スプリント)を得意としながらも1600m(マイル)もこなせる世界最強のスプリンター。

引退レースとなった香港の国際レース(1200m)で後続に5馬身も引き離す圧倒的勝利で、見事連覇を果たす!!。1200mで最後の直線だけで5馬身もちぎるなんて凄すぎる!。

オルフェもカナロアも引退レースをウィニングランにしてしまうとは、凄い馬が日本にはいたものだ。両馬とも5歳、圧倒的な強さを誇った両雄が同じ年をもって引退とは寂しいが、これからの種牡馬生活のほうが重要で仕方のないこと。

怪我なく引退

これが何よりでした。ありがとう

オルフェーヴル

ロードカナロア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賞金王&女王が決定!

crown男女ともプロゴルフ界は新しい顔ぶれが台頭し始めた。2013年は両ツアーとも初タイトル者となったring

ツアー4勝appleappleappleapple

ツアールーキーながら、圧倒的なポテンシャルで他の追随を許さず、高額の賞金がある最終戦を残しての見事な賞金王に輝いたのは松山英樹プロ。ルーキーが賞金王になるのはツアー史上初めてのこと。

dollar約2億1千万円shine

凄いよね~若干21歳が自ら切り拓いて手にした賞金。体調も万全ではない中、しっかり結果を残す、次につなげるプレーをしている。正直、この結果には驚かないが、ただただ感心する。

後は、おごる事無く、人間性を磨き、松山に憧れる後輩の為に強いプロで居続けて欲しい。来季は米ツアーが主戦となるが、必ずファンは温かく応援してくれるはず。たくさん迷うだろうが、変わる事無く頑張っていって欲しい。

これまたツアー4勝appleappleappleapple

1勝してからが長かった森田理香子プロ。この子は精神的に弱すぎる。最終戦にもつれる賞金女王争いは、森田プロの演出でもなんでもなく自滅。横峯プロの追い上げは演出になるが、それでは駄目!。

頭の位置が変わらず綺麗なスィングで大好き。私もお手本にしている。が、でもどうしてか彼女のプレーを間近で見たとき、彼女の球に意思を感じなかった。何でだろう・・・良い球なのに。

気持ちがのっていない

そんな表現が適しているように思える。飛ぶんだけど力強さが伝わってこない。

dollar約1億3千万円shine

これも結果として凄い。でも来季は?と聞かれると厳しいのでは?。個人的に来季は吉田弓美子プロが魅せてくれるような気がする。ま、韓国勢、外国勢を除いての話しだが。いずれにしても、このオフの過ごし方次第でしょうね。頑張れ森田プロ!

男女とも、ステップアップツアーにいる若手選手の中にも面白そうな逸材はいる。今から、有名になる前から、お気に入りの選手を見つけるのも面白い。そこにも注目です!happy01

Bu_ki1_thumb1_3



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »