« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

ついに竜王陥落!

『竜王に選ばれし男』と題して以前、記事にした事がある。(←良かったらどうぞご覧くださいリンク)とうとうその牙城が崩れた。

第26期の竜王戦7番勝負の第5局で森内俊之名人が4勝1敗で渡辺明永世竜王を破り、竜王の座を手にした

ついにやってきた竜王陥落の日

圧倒的な強さを誇る渡辺氏。現在、王将、棋王のタイトルを持つ実力者。特に竜王戦においては他の追随を許さない強さを誇っていた。

10連覇ならず

勝ち続けることは不可能。でも、9連覇、この記録は楽天の田中投手の連勝記録に勝るとも劣らない大記録。本当に凄い!破られる事の無い記録になるでしょう。

破れた事は残念だが、破れた事で偉大さがわかる。

両棋士ともご苦労様でした。しばし休息を。そして、またスリリングな将棋を魅せてください!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年度、最後の馬越!

軽井沢の朝は降霜。日陰のバンカーには霜柱。既に冬が来ています。

スタート時の気温3℃。十分着込んでいるせいか?風も無く、それ程寒さは感じない。日中になると気温は13℃まで上昇、小春日和だ。

冬と秋が背中合わせの状態

100_0010a

楽しいひと時と言うのは、あっという間に過ぎる。気がつけば帰る時間。スタッフさんに一年のお礼を。

また来年笑顔で会いましょうねheart04

成長を実感し一年を締めくくれた馬越コ-ス。今月末まで?営業しているようだが、私はこれにて打ち止め。

本当にありがとうございました!

100_0012a_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の~男の料理!!。肉巻きとオムライスです。

自由気ままになれる時、至福の時間をゆるりと過ごしたい。でも、その前に夕飯はしっかり食べておかねばならない!あ~はらへったhappy01

久々の料理。まずは肉巻きを。ホワイトアスパラガスを目にしたので購入。水菜も目にしたので購入。それを牛肉で巻いてみた。ただし、アスパラは前もってレンジでしっかり加熱。味付けは、キッコーマンのステーキしょうゆのにんにくで簡単に。

100_0004a

オムライスは、ひき肉とトマトの水煮とケチャップと鳥ガラスープと特製香辛料で味付けした物をご飯と一緒に炒める。卵をトロトロにしたかったが、四角い小さいフライパンしかなくあまりキレイにできなかったが、と言い訳。盛り付けのセンスが無いので一緒だな。

100_0005a

肝心な味は・・・・美味しい~happy01十分に腹いっぱい!。

さて、今年も黒い柿ができました。なんと大きさは去年の倍!りんごと比べてもそん色なし!。ちなみにこのりんごは

Aa

群馬名月(ぐんまめいげつ)

と言う新種らしい。しなのゴールド・しなのスイート・秋映えなどなど、年々毎年新種が出てくる?位の種類の多さに驚き。どの果物も、品種改良で驚くほどの美味しさを手に入れますね。日本の農業恐るべし!!

さて、この大きく育った黒柿で、私の苦労が大きな実となってくれる事を願うとしましょう。

100_0008a

| | コメント (2) | トラックバック (0)

楽天ファンの『ありがとう!』に胸が熱くなった。

創設9年目、田尾→野村→星野と引き継がれたバトンが見事先頭でゴールした☆。最低だったチームが最高のチームに!チームとは?それを見せ付ける内容だった。

星野監督としても初の日本一

中日、阪神と監督をしても日本一には届かなかった星野監督。それなのに楽天と言う弱小チームで日本一に輝くとは運命!

第5戦、藤田がデッドボールを受け交代を告げる時、監督自らが説得して交代を告げる。藤田は涙し、監督もそれを理解していた。勝利監督インタビューの時、星野監督が藤田のコメントを言っている時にうっすら・・・そんな感じもした。

絶対的エースで第6戦を落とし、昨日の最終戦。普通ならば流れは完全に巨人と言う所。これを救ったのは美馬。

勢いそのままで突き進もうとする巨人打線を、緩急をつけ交わし続ける美馬の技投!。これで巨人の勢いは空回り。シーズン中、星野監督に怒られ続けた男が、最高のピッチングをポストシーズンで見せた美馬は銀次よりもお祭り男か☆立派なMVP(最高殊勲選手賞)

則本→田中と継投し巨人を零封。見事日本一の栄光を手にした楽天。『チームとは』を良く考えさせられた。

この3人でチームが成り立っているわけではない!日本一も全選手の力があったからこそ手に出来た。なのに、第5戦で投げた則本を、前日160球も投げて敗戦投手になった田中を、何故ここで使うのか?。本人が投げると言った所で、プロだとしたら、他のチームならこんな酷使はしない。

中継ぎ、抑えのチーム事情があるかもしれないが、きっとそういった事だけではないのだろう。藤田の交代もきっともっと早かっただろうし、次の日の出場もありえなかった。自分勝手すぎないのか?でも、そうではないのだ!

選手の気持ち、ファンへの気持ち

巨人も総力戦で戦い、楽天も背水の陣で戦う!。選手達の熱い思いが、悔しい気持ちが何度もグラウンドへと向わせた。決して思い上がりではなく、自分勝手ではなく、そしてそれをチームメイトも支える。その気持ちはファンへと向けられ両チームが熱戦を繰り広げる。

プロなのに何人もの選手が涙を流した今シリーズ

今までにはなかった展開だった気がする。日頃は、何泣いてんだと、泣くぐらいだったらしっかりやれ!言いたいところだったが、今回はそんな気になれなかった。

原監督が言っていた発展途上のチーム

両チームとも発展途上でしょう。本当に強いチームになるかもしれない!。チームとは何か?それを全員が理解してプレーした時、常勝チームになることでしょう。果たしてどのチームなのか?両チームなのか?これに触発されたどこかのチームなのか?。

そして、胴上げ投手の田中選手がインタビューをしていた時の楽天ファンに一言が本当に胸を熱くした

ありがとう!

田中もそのあと直ぐに同じ言葉で応えていたが。楽天ファンのあの一言は思いのこもったものでした。

お・も・て・な・し

なんて言葉がもてはやされていたが、こっちの方が断然に良い!。本当にありがとうと選手とファンに良いたい。

メジャーではボストンレッドソックスと言うチームがチャンピオンになったが、このチームのファンも熱狂的で有名。選手もファンに助けられている。そういった意味で、熱狂、カラーも楽天ほととんど一緒。これから先、ファン、選手変わる事無く、そんなチームに楽天もなると良いですね。

頑張れ東北!頑張れ選手!そしてありがとう楽天ファン!。巨人ファンもね♪。

本当に良い日本シリーズでした!最高で~ス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »