« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

モロヘイヤで快便

今日はちょっとくさい話しdash?でも絶対に女性にはお勧めでしょうgood

100_0001a

これは、家庭菜園で育てている野菜の1つ『モロヘイヤ』と言う野菜。

野菜の王様

とも呼ばれているこの野菜は、野菜の王様と言うだけあって物凄く栄養価の高い食物。私が夏に食が細る際にス-プにいれたり、冷やし中華やソ-メンの具材として非常に役に立つ野菜。葉を摘み、熱湯で茹でて、冷水で冷やし水を切る。後は適当に好きな食材で。

『ムチン』という成分でトロトロ感が物凄く出る。ラーメンに入れるといつの間にやらあんかけラーメンに早や変わり。驚くほどの粘り。

栄養価もありがたいのだが、私が一番ありがたいのはこの粘りの凄い所。冷たいものを多く口にする事で胃腸に変化をもたらす夏を、このモロヘイヤの粘りのおかげか、胃腸を防護してくれる。さらには、快調な便となってしっかり出てくる。

人間の腸の中には『宿便』といって、排出されず、腸内で出きらずにいる『うんこ』くんがいるらしい。なんだか、それすらも出してくれそうな粘りある快便なのだ。

特に味にはくせもなく、粘りが苦手な人以外は美味しく食べられる食材と思う。この暑い夏、何とかモロヘイヤのおかげで乗り切れそうだ。

ただ難点は、葉を摘むのが面倒な事だけ。って、こんな事言ってたら農家の人に怒られますね。

よし、摘むとしますか~

100_0001aa_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほおずき 鬼灯

お隣さんの庭から舞ってきた?何かが運んだ?それとも、もらった?まさか、自らやってきた?。我が家の庭にほおずきが

鬼灯

漢字ではこのように書くらしい。ほおずきがなり始めたのはここ数年のよう。今まで全く気がつかない植物オンチの私であります。

庭にプランタ-で育てている『へブンリ-ブル-』と言う名の朝顔?夕顔?がこの暑さの中キレイに見事に咲き誇っている。夕方になり水をくれようとした時に、ホオズキを見つける。

あれ~、こんな所にいっぱいホオズキが。ちょっと可愛いね~小分けしてみる?

なんて話しかけながら小分けにしてみた。

100_0001a
何故?

実は、いつも行く馬越ゴルフが干ばつで大変な状況に。コースの方々は一生懸命作業しているのだが天候には勝てない。実際、グリーンは散水で何とかなるのだが、フェアウェイが焼けてしまっている。ちょっと寂しい感じ。ハウス近くにゴ-ヤカーテンをしたのだが伸びきれずにいる。

あ!ホオズキ持って行こう!

ちょっと置いてあるだけでも雰囲気違うんじゃない?なんて勝手な思い。迷惑かもしれないが一応持っていくことに

ちなみに、花言葉は『偽り』だそうです。・・・あまり良い感じではないですね~スコアの偽りはいけませんよ。

ただ、ホオズキは『道しるべ』の意味もあるようです。お盆などでは、先祖を導く提燈に見立てて飾るそうです。

ま、可愛いホオズキを見て気が休まる事を願って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

72ゴルフの続きのお話

練習場から人気を集める選手森田理香子プロ。最終日の組にはもっか売り出し中の堀奈津佳プロ、美形のジャン・ウンビとの組合せで人気は集中。当初の予定では、この組について応援するつもりだったが、あきらめて違う組についた。その前に印象を少し

森田里香子プロは、軸のブレナイ綺麗なスイングで本当に頭が動かない、その凄さはプロの中でも抜けている。イマイチかみ合わなかった部分もあるが、実力上位なのは間違いない。のびしろもまだまだあるでしょう。師匠の岡本綾子になれるか?あとは強い気持ちですね。

堀奈津佳プロはショットがばらついていた。暴れ馬を抑えられずに最終日が終わってしまった感じ。しかし、4日間トーナメントの最小スコアの記録保持者だけあって、時折見せるショットは良いものを感じた。小柄ながら良くやっているでしょう。

そして、今回多くの時間をこの組で見ることにした。

菊池絵理香プロ、上原彩子プロ、渡邉彩香プロ

なかでも今回、特に注目したのは渡邉彩香プロ。以前TV中継で彼女を見たとき、TV解説者?がこんな事をいっていた

『彼女はドライバーで280yrdは飛ばしますよ』

この言葉に何だか闘争心を抱いていた。よし、確かめてやろうじゃないの!本当にそんなに飛ばすのか!勝負だ渡邉!

練習場から間近で見ていたが、やはり飛ぶ事は飛ぶ。多分ヘッドスピードは48~49m/sが最高でしょう。280yrdはちょっときついが女子の中では際立つ飛距離。体型も大きいほうで、しっかりとした下半身もあり安定したショットが打てそう。でも、実際は違う。ショットにばらつきがあり、ショートゲームもイマイチ精度が低い。特にバンカーの距離感がなさすぎる。ま、それ以前に、120~30yrdほどの距離を寄せられない(2度もバンカーに入れる)のであれば、飛距離があっても無意味!。

ただ、ショットの力強さは森田以上。期待の大器である事は間違いない。応援しますよ渡邉彩香プロ注目です。

菊池絵理香プロも小柄ながら安定したショットを打っていた。ショットを見ている限り、一番安心してみていられる内容だったが、今回はグリーンに泣かされたか?。17番の池ポチャは完全なミスだったが、それでも良い内容だったと思える。ただ、何か光るものを感じるかと言うと?特に際立ったものがナイ。何が必要だろうか・・・・良いショットを打つのだが。もったいない!頑張れ!菊池絵理香プロ!

最後は上原彩子プロ。前半が嘘のような後半の快進撃!この辺が経験値と言うか実力の違いと言うか、同組の2人にはない力強さだ。クラブの番手も渡邉プロと3番手くらい、もしくは5番手くらい違うかもしれない。でも、確実にグリーンに乗せる技術を持っている。菊池プロと同じ位か劣る飛距離であったとしても、結局彼女よりも良いスコアでプレーをする。流石の一言だった。

昨日の記事にも書いたが、バーディーラッシュだった大会は盛り上がる事は間違いない。ただ、バーディーが多くてもボギーも多いようではイカン。優勝した選手、上位に食い込んだ選手達のスコアを見れば一目瞭然。

これからの選手、第?世代になるかわからないが、バーディーの取れることは重要だが、その辺の質も高めないと本当の実力あるト-ナメントにはならない。中国や韓国のステップアップツアーになってしまうぞ。そう感じた今大会だった。

まだまだ期待したい選手もいる。藤本麻子プロには一言、何やってんだ!もっと勝てるだろう!何やってんだ?ゴルフ以外が楽しいか?。全てのショットの質はトップクラスなのに勝てないのは何故?期待しているだけに歯がゆい選手。

野村敏京プロも飛距離の持ち主。あの体は凄い!鍛え上げられた筋肉、肩から背中にかけての大きさは男の子。あれだけの筋量があれば飛ぶ。だが、結局それだけに過ぎない渡邉プロと一緒。筋肉を鍛えれば良いてもんじゃないってこのブログで何度も書いてるだろ!もっと鍛える場所があるだろう?もったいない。

最後は笠りつ子プロ。スタート前、親父の仲間の叔父さんと話しをしていた。

『今日の優勝争いは笠りつ子ですよ。後怖いのはフォンシャンシャン。本当は藤本とかその子(《名前を忘れていて》目の前でアプローチ練習していた成田プロ)がもっと頑張んないといけないんですけどね~。ま、いずれにしても今日は笠に注目です』

なんて話していた。凄い先見でしたね~自分でも驚きました。あの笠りつ子プロの怒涛の追い上げは、本当にリーダーズボードを通して、大会を熱くしてくれました。強い子です!。きっと何かをきっかけに更に強さを増すでしょうね。良い選手です!

機能の余韻がまだ残っています。早く北でゴルフしたい!

100_0003a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も軽井沢は熱かった!よくやった選手たち

久々にゴルフ観戦が出来る日程での休み、親父とその友を連れて北コースに行って参りました。熱戦に大興奮でした。

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(長野 軽井沢72北コ-ス 6555yrd par72)の最終日、トップと6打差でスタートした成田美寿々が14アンダーでトップに並ぶと、プレーオフ2ホール目に見事なバーディーを奪い逆転で優勝をもぎ取った!。ツアー通算2勝目は見事な勝利だった!

暑い軽井沢、それをもっと熱くしたのは選手たち、18番グリーン横のリーダーズボードが変わる度に観ているこっちが熱くなった。

バーディー合戦

横峯さくらプロの連続予選突破記録がたたれ、有名どころも軒並み予選落ち。観客の中にはこんな声も

俺知らない人ばっかだよ

と、つまらなそうに言っている人も多くいた。ところがトーナメントが始まれば一転、終盤ともなればさらに状況は変化、聞こえてくる言葉は

いや~凄い戦いだったね、新しい上手い選手もいて凄いよね、あの子に頑張ってほしいな~などなど。

確かに、宮里プロが参戦していた頃に比べれば観客の人数は減っているのかもしれないが、プレー自体の内容は激戦になってきている。

予選通過ラインが2アンダーもそうだが、上位のスコアが2ケタ台になっていることが象徴している。

簡単な北コ-ス、バーディー合戦が当たり前。今後の大会の展望はハイスコアで進む事でしょう。

それにしても、成田美寿々プロがねじ込んだ最後のバーディーパットは本当にしびれた!。久々の観戦、楽しかったよ。

アリガト選手諸君!。

とりあえず今日はここまで

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無言電話。その数2万8千回

こうも暑い日が続くと流石にしんどい。ちょっとした事でもイライラする?かも知れない。イライラしたらどうするか~

さて、本日の読売新聞からこんな記事の紹介を

『警視庁は東京都新宿区に住むコンビニ店員の野崎輝夫容疑者(44歳)を偽計業務妨害(ぎけいぎょうむぼうがい)の容疑で逮捕した。容疑者は今年の6月までの1年半の間に携帯電話から約2万8千回にわたり110番し、警察の業務を妨害したとされる』

その理由

『イライラしてやった』

この記事を見て思わず笑ってしまった。そして言葉に出たのがこれだ

『ま~気の長いこと。よっぽど我慢強い人だね』

一日に1500回も無言電話をする日もあったそうだが、驚くほどの努力!。きっとその努力を別の方向に向けていればね~良かったのにね~。俺には出来ない根気強さだ(爆笑)。

イライラして家を燃やす?暑すぎて商品のアイスボックスに入り込む?

様々なニュースを目にするが呆れる他ない。

自分自身がイライラした時は相手にはっきり言うし、気分が悪いからと言って人に当たるような事はしたくない。あらためて自分自身に問いかける朝となった。

まだまだ暑い日が続きそうです。皆様も熱中症とイライラにはご注意を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

免許証更新 ICチップ入りだって

さて、長年続いたゴールド免許がブル-へ変更になった。それはなぜか?この記事でどうぞ↓↓↓

初めての道路交通法違反

今回新しく選任された国家公安委員長 古谷圭司氏(60歳)の発言だったと思う

『警察がしている、得点稼ぎの取り締まりはいかがなものか?。実状のある、もっとしっかりとした取締りをするべきではないか』

確かこのようなことを言っていた。

まさしくその通り!!良いことを言う!

どこかのコメンテ-タ-はこの発言を良しとはせず、違反者を助長するなどと言うものも少なからずいた。

決してそんな事はナイ!

以前書いたブログを見てもらってもわかるように、警察の取り締まりも改革が必要なのだ!

ま、これ位にしておいて。ICチップの必要性って?未だに理解しがたい。個人情報の保護の為に暗証番号の設定まである。個人情報の保護が徹底されない、保護できない事は今の時代誰でもわかる。あえてこんなリスクを犯す必要がある?

パスポ-トにはならない

免許証はあくまで免許証であって、これ1つで何でもできるわけではない。確かに重要な身分証であることは間違いないが、色々考えてもイマイチ必要性を感じない。

もう1つ、安全協会への協力金だ。強制ではないが、加入をしつこく迫られる。私は入らない!断固として!

なぜ?

答えは簡単、使途不明金だから。警察への反則金もそうだが、不明瞭な事が多すぎるから。1円たりとも明確で健全な使い道ならば喜んで入ろう。だが・・・と言った所。

公安委員長が言っていた言葉、考えが本当に出来たとするならば。でも、期待したい新公安委員長である事は間違いない。強靭な力(国家権力、法行使者達)にどう立ち向かうか今後が楽しみだ。

免許証も変わったな~、大きさが小さくなり、今やICチップ入り。後10年後くらいだとどうなってる?持たなくても良いようなシステム化か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『フォァ~』ぐらい言おうぜ!

golf私がいつも行く馬越は完全なセルフコース。受付で支払う以外のスタッフ関与は無く、身の回りの事を全て自分でやらなければならないgood

セルフって良い?think

多分、初心者の多くはキャディ-付を敬遠する事でしょう。よく聞く事は、知らない人(キャディ-)がいると『恥ずかしい』とか『迷惑をかけちゃう』とか『高いから』などの理由。

初心者が陥る一番の間違えがこれだimpact

初心者だからこそキャディ-付のコースへ行くべき。同伴者がキャディ-並にしっかりとした人ならばまだしも、同伴者すらもままならないなら余計そうだ。

セルフと言うとおり、自分自身のことが出来るようになってこそ行くべきで、そうでないなら、しっかりキャディーに教えてもらう事が重要。

高いキャディ-フィ-?は、コースでの振る舞いを勉強する為の授業料!good

さて、こんな事があった。2ndショットを打とうとした時『ドン』と言う音がする。私の前方10yrdにボールが。

おい!coldsweats02

どこから飛んできた?まわりを見ると向かい合う隣のホールで打つ若い男性のすがた。続けて打った打球は真横に『ドン』

おいおい!pout

一体どうなってんだ?下手な事は問題ではない!。何で声をかけない?ボールを探しに来た成人しているであろう男性に一言注文をした

そことそこにボールが飛んできましたよ、危ないからち声くらいかけてください

するとその男性は

はい、ありがとうございます

gawk????????????sad

いやいや、フォァ-とか言ってくださいね

はい、ありがとうございます

ん?ありがとう???答えになっていないというか????呆れてものが言えない?????

どこのアンポンタンだ。もう一人連れがいたが・・・同類か。

セルフコースでのプレーはする事が多くなりやはり大変。こういった説明は親父にも良くした。だから納得もしている。だが、彼らは全くの無知、成長の止まってしまったゴルファー。

かわいそうでならない

なぜ?ゴルフって全く知らない人とも一緒に出来るスポーツ。ここでプレーしているとたまに声をかけられる。

一緒にしませんか?

こんな出会いも楽しいものだ。

いずれにしても、怪我をさせるかもしれない状況で声もかけない、ボールマークも直さない、スロ-プレーなどなど

優しくしてもらう事だけが優しさじゃない事を初心者の人には強く言いたい。そして理解して欲しいものです。

100_0004aa

我が家のプランタ-で育てているピーマン。中身は空ですがとても肉厚で美味しく育っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »