« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

超~ちっちゃい♪ これ『カエル』です

久々のゴルフへ馬越へ。天候は霧、昨日の雨で下は相当ゆるい状態。でも快適なゴルフでした。

№6のティーグラウンドに立った時の事でした。なんとなく気配を感じる・・・・ん?なんだ?。

ティーを差そうとした時、なにやら黒い虫らしきものが動く。手で払いのけようとした時、我が目を疑う光景が

Capmvw84

か・かえる?カエルだよね~wobbly。え?こんなちっちゃなカエルって日本にいるの?新種?。そんな事を思いながら少し観察していると・・・よく見ると・・・・回りには・・・

気持ち悪いくらいいっぱいいるではないですかsweat02

普通に歩いていれば、あまりに小さく踏み潰してしまう。当然、コース上で機械も入る。それ以上は言うまい

Camskeeg


どれ位の大きさか(ボールの右下にいるのわかりますか?)と言うと大体5mm~7mmくらい。これが100や200なんてモンじゃなく無数にいる。

そしてこのカエル、新種でもなければ珍しいものでもないらしい。ヒキガエルの子供のようだ。このカエルが成長して大きくなると7~10cmくらいの大きさに。

しかし驚いた~、昨年はオオナメクジをはじめて見て、今日はヒキガエルの子供、極小カエルを見るなんて。

カエルっておやまじゃくしからカエルで成長が終わると思っていただけに、ちょっと驚きました。動物って奇想天外ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松山!クラブを投げるな!!

前回の記事では初日の映像と2日目の結果だけを知っての内容だった。その時に書いておきたかった。

松山プロの活躍は嬉しく思うし、応援し甲斐のある選手がまた一人現れ喜んでいた。だが、あれはイカン!

ミスショット後のクラブを離す動作

怪我防止で離しているならまだしも、あれは明らかに違う。ミスに対して動じていない事を誉めていたにも関われず残念だ!

道具、コース大切に扱え!松山よ!今からが大事だよ!

注目を増しているからこそ矢面に立たされることもある。マスコミの力は大きい!大きすぎる!だから人はそれに流される。気をつけろ!

松山に憧れる子供もいる、大人もいる。マネをする人が多くなる以上、模範となるように心がけてもらいたい!

そんな逸材なのだから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3人とも予選通過して欲しかったなぁ~

先日の全米オープンの活躍で更に注目の度を増した松山英樹プロ。そこへ石川遼プロ、前年度覇者の藤本佳則プロが一緒のプレートもなれば、そりゃ~見に行くのは今でしょう!

日本男子プロツアーの国内メジャー第2戦、日本ツアー選手権(茨城 宍戸ヒルズCC 西コース  7402yrd par72)の予選ラウンドが終了した。残念ながら、予選通過はツアールーキーの松山英樹プロだけだった。

一喜一憂

奥様方か?若い女性なのか?男性の声も!。彼らの一挙手一投足?一打一打に歓声、悲鳴?が上がっていた。

面白い内容だった。

ルーキー離れしている松山プロは、自分の持っている技術を存分に駆使し、ミスショットをしても『あ~やっちゃった』程度にしか思っていない、肝のすわったプレーで、体調不安もあるだろうに初日を見事なプレーで終えた。魅せ場を存分に作れる凄い選手です!

一方、石川プロは乱れに乱れスコアを崩す。でも、解説でも話していたが、色々と試している意図が感じられた。たまたま、スライスをかけすぎてOBだったり、多分本人もスコアには満足していないだろうが、ミスのでる原因はわかっているから納得のミスだっただろう。だからこその今日の7アンダー。それから、腰痛があると聞く、これは私の経験だが、ベンチプレスは腰に来るからやめたほうが良い。別の方法を!

藤本プロは、スライスを打とうとして、そのまま左に抜けてしまう事が何度かあった。こっちの方が石川プロのOBよりよっぽど怖いミス。試合中に何とか修正しようと試みているみたいだったが、迷いすぎなければ良いが。彼は身長が低いハンデをパワーで克服しようとしている一人。仕方の無い選択ではあるが、やはり上腕筋、大胸筋だけを集中して鍛えるとこうなる気がする。実力差は全く違うが、私もここから迷宮に突入した。

それにしてもこの3人のペアリングでのゴルフ観戦、あいにくの天気だったが羨ましい!。何とか予選通過をして欲しかったがこれもまたプロの世界、仕方のないこと。

若手牽引で男子ゴルフを盛り上げられるよう頑張ってもらいたい。後2日、頑張れ松山!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

統一球問題、選手に物申す!

統一球問題は全国で物凄い反響でしたね。当然です!当たり前なのです!。でも・・・・

一部の選手がこんな事を口にしている。

『昔の飛ぶ球なら現役を続けられたかもしれない』

『ヒット一本、ホームラン一本多く打てたかもしれない』

『年俸、出来高で大きな差があったかもしれない』

goodチッチッチッチthink。何をばかげた事を言っているんだ選手諸君。そんな事を言っているから駄目なんだ!。

ボールで現役なんて変わらない!それに適応できないなら元々駄目なんだ

ヒット1本、ホームラン1本多く打てるよう技術を磨け

給料ね~、大事な事だが、まず成績を挙げろ!。周りと比較できるだろう数字で。そこで判断してもらえば良い。代理人制度使ってんだろ!

そんな事を言っているから駄目なんだ!。だからそんなところだけが注目されてしまう。違うでしょ問題点が

選手が問題にしなければいけないことは怪我の事です!それだけです!

ボールの質(重さや指さわり、打感)が変わる事で生じる怪我の心配をしなさい!。ボールにあわせて調整していたのに、それとは違うボールで怪我をして選手生命に影響を及ぼす事があるかもしれないのです!。

ボールが飛ばない事でバットの重さを変え、飛距離を伸ばそうと考えたとしましょう。50g程。私が、実際プロのバットを振ってみて思ったのですが、とにかくヘッドがよくかえる。ちょっと強振しただけで腰に違和感を覚えるほど。

腰、下半身を鍛える必要を感じました

その道具をもし50g重くしたらと考えると・・・・選手はきっと大変でしょう。

ピッチャー、指先の感覚を得るために投げ方を多少変え、対応したとしましょう。今までと違う筋肉を使う事で故障しやすくなることは間違いない。

でもそんな事を考えてプロは野球をしていないのです!

ある選手がこんな事を言っていた

『ボールはどっちでも良い!ソフトボールになるなら下からなげます』

甲子園を沸かせたあの選手、立派になったね~本当に。短い文章ながらジョークを混ぜて苦言するなんて賢い!意味深い言葉だよ実に!。こういう選手が多くいないから盛り上がらないんだよ日本球界は!

プロ野球選手である以上、同じ道具を使ってやる以上、言い訳するな!。ましてや引退した事を持ち出すなんて以ての外!。

ただ、選手の言っていることはわかる、言いたくなる気持ちもわかる。でもそれはやはり口にするべきではなかった。

ちょと長くなったが、ファンは魅ているよ!しっかりと。だからプレーに打ち込んでくれ!。今回の問題が早く、しっかりと終息する事を願って

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まさかオルフェ-ヴルが・・・引退かも・・・

sweat02ん~実に残念なニュースが舞い込んで来ましたね・・・・horse競馬ファンにとってはうな垂れたくなるニュースですsweat02

肺出血

現役最強馬、いや世界最強馬goodのオルフェ-ヴルが肺出血をおこして宝塚記念を回避する事になった。

ん~これは・・・どの程度なのか知りえないが、多分このまま種牡馬生活に移る気がする。

暴れん坊の世界最強馬と言えども、怪我や病気ではどうにもならない。ましてや、産駒が期待されるだけに、無理をさせる事はできないだろう。成績にも影響がでるだろうし・・・。

ん~crying

この言葉がとまらない・・・

ん~、本当に悔しいが、今は元気になってくれることを願うばかり、とりあえずオルフェ-ヴルの動向を静観するとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本プロ野球機構(NPB)の隠し球

ほんと、いい加減にして欲しい!日本のスポーツ界は、選手そっちのけで利権だけが見え隠れする組織が多すぎる!

同じ野球をしているのに、ボール1つの問題でこんな事をしているのは日本ぐらい

ある日本を代表する一流選手が言っていた言葉。

統一球問題、いい加減にして欲しい!と言う事だ。大リーグにしても、日本プロ野球界にしても、消耗品であるボールの利権争いで一向に進む事の無い話し。実にくだらない。

何で同じものにならない?サッカーみたいに、世界のスポーツにしたいんじゃないの?言っている事は嘘?

もういいや、疲れる・・・・

さて、今回の日本プロ野球機構(NPB)の在庫処理の為とされている、ミズノ社との隠蔽工作による使用球の問題。

低反発ボールしようでホームランが減り、華やかさが減ったと懸念したオーナーの一声によるものなのか?それとも機構側の勝手な判断か?それともミズノの圧力?

いずれにせよ選手の事など考えていない

色々な組織、まだまだいっぱい隠し球がありそうです。

Bu_bbu_thumb15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »