« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

復興に向けた消費増税だったのでは?

やっぱり駄目だった・・・・民主党も駄目!、自民党も駄目!後は知らんがみんな駄目!

大震災の後、復興に向け何が必要だったのか?、どうするべきだったのか?。話し合いに話し合いを重ねて至った結論が止むを得ない増税だったのでは?

それも暫定的な処置で、継続される事のない一過性の増税。そこで消費税を上げるといった話しになって話し合いが成されてきたのではなかったのだろうか?

ところが今や、消費税の使い道は社会保障にまで至っている始末。とある部署の官僚と政治家の馬鹿共のせいで、国民から集めたお金を箱物に換え、そのお金は湯水のごとく消え去り、今や年金制度は破綻。もう馬鹿馬鹿しい!

復興に尽力するはずもなく、復興の現場はないがしろ、政治家達の就職活動のための茶番を見せられ、彼らの存在意義のなさを感じるに過ぎない。

未だ苦しんでいる人も多いのに、全国から集まった義援金の使い道もわからず、生活保護の不正受給問題だけが大きく取り上げられる。善意のお金の不正は大丈夫なのか!

何がみんなの党だ!何が共産党だ!、何が公明党だ!社民党ってなんだ!国民新党?

こんな日本って大丈夫なのだろうか?

そりゃ不安しか残らんよ!こんな茶番だけを見せられたら。複雑な現代と評する奴もいるがちっとも複雑じゃない!わざわざ複雑にしているだけなんだ。

復興が成され、早く2万人の安眠がくる事を望むばかり。だが・・・それも無理だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オルフェーヴル勝って当然!今回は好騎乗!

今回は良い騎乗を見せてくれました池添騎手!smile完璧な内容でした!これならいける!

horse第53回宝塚記念(阪神競馬場 2200m GⅠ)が先ほど行われ、ファン投票1位で一番人気に推された現役最強馬のオルフェーヴルcrownが見事、春競馬を締めくくるGⅠのタイトルを手にした。昨年暮れの有馬記念に続く、グランプリレース連覇達成!shine

さて、今回のレースをまだ本調子と見ていない人々が多いような気もするが・・・・

断言できる!今日は強い内容です!good

展開も全ての実力馬に当てはまる良い流れでのレース、ここに出馬できる馬達の実力をもってすれば、全ての馬にチャンスがあった!。でも、

bleah池添騎手が今回は好騎乗でしたね~delicious

スタートから1コーナーを回ったところで90%の勝ちが見えました。そして最終コ-ナ、馬群に挟まれるも、道悪のコ-スをものともせず一気の伸び!馬群にもまれても気にしないダービー時のレースみたい。そして、良い馬場を進んで勝ちパターンに持ち込んだ国際GⅠウィナーのルーラーシップを見事に差しきったからだ。happy01

よくあそこで内に入れて我慢したな~池添騎手。今回の騎乗はこの春に行われた皐月賞と同じような展開。あの時は内田騎手が見事なレース運びで勝利をもぎ取ったが同じ展開!

同じ?smile

そういえば、皐月賞を勝ったゴールドシップも今回のオルフェーヴルも父はステイゴールド、母方にメジロマクィーンだったよな。

horseまさしく同じ血統!smile

今までオルフェーヴルは最後尾からの追走が馬を活かす展開と陣営は思っているだろうが、やはりこの展開が実は鉄板なのでは?。中段から前目の追走で3コーナー付近から長い足を使う。

horse王者の展開sign03

あの道悪を物ともしない競馬のを見るからにダートでも走る事は間違いない!。凱旋門、ブリーダーズカップ、ドバイワールドカップ、他にも馬の価値をあげるレースが世界には満載!世界をやっつけて欲しいな~!

兎に角、今日の騎乗は池添騎手のナイスプレーで、馬の能力をいかんなく発揮しました。普通に走れば世界一の馬ですから!

やっぱり強かったオルフェーヴルcrown

| | コメント (0) | トラックバック (0)

面白かった!ミニマム級ではない試合内容!!!

世界ボクシング協会(WBA)と世界ボクシング評議会(WBC)の統一戦crownが先ほど行われた。見応えあったよsign03

日本のボクシング協会ではこの2団体を公認している。世界にはまだ幾つもの団体がありどれが一番強いのか、誰が一番強いのかは正直わからない

punchそう戦ってみない事にはpunch

今までの日本の風潮では、日本人同士のタイトル戦は組まれる事はなかった。わざわざ同士討ちをする事は無いといったところだ

だが、今回の両陣営の判断には大きな拍手を贈りたい!good。こんな凄いマッチメイクは無いからだheart01

crown世界王者×crown世界王者

ミニマム級は軽い体重のボクシング。通常はノックダウンよりスピードと技術を争う階級といった感じか。でもこれはあくまで通常レベルの話し。今回のチャンピオン同士の殴り合いは次元が違ったshine

統一チャンピオンになった井岡一翔も凄いが、敗れた八重樫東のすごさのほうがきわだったし、チャンピオンとしての評価をぐんと上げたでしょうhappy01

いや~、試合終了後、久々にTVの前で拍手を贈り続けたよ。本当に素晴らしい統一戦でした。

井岡は更に先の強さを、そして八重樫にはもう一度戻ってきて欲しい。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

なに~!100切った~?嘘つけ~!

親父の70の手習いが一年を過ぎた。ま~、驚くほど飽きもせず熱心に練習はしている。

一昨日の事だった、仕事から帰るなり親父がこんな事を私に言ってきた。

親父 『おい!驚いた事がおきたぞdelicious。100切ったぞ!good

私  『何を馬鹿なことを言っているんだ!coldsweats01。いくら簡単な馬越コ-スとは言え、そうも簡単に100なんか切れるはずがナイ!downそりゃ、数の数え方間違ってんだよ!annoy学校で習わなかったのか?だいたい、打ったのを忘れて回数に入れてないんだよ!。angry

親父 『そんな馬鹿なことはナイ!angryちゃんと数えている!angryじゃ、カード見せるか?angry

  『そんなの見たって仕方なかろうに!gawk何とでも書けるよ。誰かが一緒にいたのならば別だけどgawk

親父 『ごまかしたりなんかしないpout

私  『だいたい、今朝食べた飯だって忘れんだから打ったのも忘れんだよ!happy02いよいよボケが始まってきたなsmile

親父 『馬鹿やろ~gawk

と、こんな会話があったので、今日の午後久々に一緒に練習場へ行ってみた。実は10日はコ-スに行く予定を立てていたのだが、親父の悪友の息子さんが急に倒れて危ない状態だった為、急きょ取りやめていたのだ。幸い、息子さんも一命は取り留めたようなので一安心。

さて、練習場での結果は・・・・・・

一年が経ってスイングに力強さはあった。ただ、あい変らずアウトサイドインのスイングが一向に良くなっていない。要するに、球をカットして打っているがために上手くインパクトが伝わっていないのだ。体重移動もまだまだで、ボールを上げたい気持ちがはやるせいで最後は右足体重に。ロフトがある説明をしても、我流で練習したものが身についてしまって簡単には抜けないのだ。とはいえ、練習の成果も出ている事は事実で、時折見せる良いショットも本人はまんざらでもない表情で球を追っている。

1Wと3Wで150yrd~160yrd位がせいぜい。でも、ま上出来でしょう。でも、今日のスイングからしてとても100切りできるとは・・・・

思えません!delicious絶対に!smileそんなに甘くない!shock

と言う事で、来週以降にコ-スに赴いて実力を測って来たいと思います!。さて、どんな結果が待っているのやら?ちなみに、コースは72ゴルフの2サム専門コ-スの浅間コ-スにしようと思っています。

Bu_byr_thumb1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり下手だった(笑)

3週間ぶりのゴルフは望月東急ゴルフクラブへgolf。こういうちゃんとしたコースは去年の晩秋に行った軽井沢72北コ-ス以来。

競馬で言うと『かかったdash』状態だったhorse。あまりにも嬉しくて気持ちが抑えられず落ち着いたショットが打てないでいた。

コ-ス状態は最高!shine

まだ新芽のやわらかくのびた芝で絨毯のようなフェア-ウェイ。グリーンはボールマークが目立つも直せばすむ程度。遥かに馬越よりは良い状態。期待できる状況だった。でも・・・・

我ながら下手だった~(苦笑coldsweats01

OBが前半後半で全4個(2ndのOB各1個)down

チョ路が4発downdown

3パット4回downdowndown

パ-は5個だけshock、結局、IN49回 OUT46回の95回も打ってきてしまった・・・・・crying

でも、日頃やる事のない無いコ-ス状態で気持ち良いのなんのってhappy01、芝生を痛めないように打とうなんて考えたらチョ路り、チョ路リと痛い目に。総距離は6200yrd程度なのでゴルフがしやすいコ-スのはずgood

気持ちがね~、逸る気持ちが抑えられない暴れ馬と一緒sweat02。でも、ま、今の実力は所詮こんなもんだな~。もっと馬越で腕を磨いてリベンジに行きますかhappy01

shine入梅前、このコ-ス状況なら絶対お得です!是非足をお運びください!まだまだ地元にはいいところがたくさんありますよ!shine

Bu_bbu_thumb1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »