« 70過ぎて?どうした? | トップページ | あんたら何をやってんだ?。役立たずの政治家達 »

田植え――大雨でした

今日は田植えclub。昨日までの夏日とは打って変わっての大雨。大変だ~

とは言え、私がガキの頃までと言うより、十数年前までは手で植えていた。田の広さは3反3畝、手で植えるには広く、2じょう植えの小型田植え機で行う。昔なら親族総出で1日仕事の田植えが、一人で半日作業とは便利なものだ。

こんな事を言うと、いかにも私が機械を操作しているようだが、私は所詮助手程度。機械植えように育てられた苗を運ぶことぐらい。それだけでは時間をもてあますので、他の土手を刈り払い機で草刈。

大雨の中、田植えは無事に終わったが、まだ草刈が残っている。それは来週だな。

私は地元ではないので面識は無いが、田に来ていた人と会話をすることも良くある。

『買った方が安い』

大方の人が口にするこんな言葉。稲を作るより買って食べたほうが安いと言うもの。苦労をしても米の値段は安い、大変な思いをするだけと言いたげ。

じゃぁなんで作る?

聞いてみた。すると、自分で作っているからなぁ、美味くて安心な米なんだ。

誰もが美味くて安心な米を安く買える?そんな事ないでしょう?やっぱり作った方が良いじゃないですか?。そう言うとその人はニンマリしていた。

米を譲った人に美味いって言ってもらえるのがうれしいのだ

そもそも、日本の政策が間違っているのだ。減反をして、米を作らなければ補助金がもらえる。こんな不健康な構造はおかしいでしょう?

美味いもの、良いものが作れるならばいっぱい作ればいい。それを多くの人に食べてもらえば良い。

値崩れを防ぐため

農家を守るためだと誰もが直ぐに口にするこの言葉。確かに、農家の苦労を考えれば値崩れは可愛そう。だったら、値を相場制にしなければ良い、常に一定で、農家が儲かる金額も多くなければ、損もしない値段に決めてしまえ!。

良い物を作らずにいるのは実に勿体無い。農業の自由化に農家はビビリすぎている。日本の米は世界一なんだ!自信を持って世界に打って出ろ!。今日つくづく感じた。

田んぼの景色は何とも良い物で、植えたてときの緑と茶の風景が、しばらくすると緑が濃い景色に、更に稲が大きくなるとその稲が風に揺れて風の姿見え、実が成熟すると一面黄金色のじゅうたんに。これからが田の景色は本当に美しく本当にいいものだhappy01

苦労を忘れる

あ~新米が待ち遠しいriceball

|

« 70過ぎて?どうした? | トップページ | あんたら何をやってんだ?。役立たずの政治家達 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 70過ぎて?どうした? | トップページ | あんたら何をやってんだ?。役立たずの政治家達 »