« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

田植え――大雨でした

今日は田植えclub。昨日までの夏日とは打って変わっての大雨。大変だ~

とは言え、私がガキの頃までと言うより、十数年前までは手で植えていた。田の広さは3反3畝、手で植えるには広く、2じょう植えの小型田植え機で行う。昔なら親族総出で1日仕事の田植えが、一人で半日作業とは便利なものだ。

こんな事を言うと、いかにも私が機械を操作しているようだが、私は所詮助手程度。機械植えように育てられた苗を運ぶことぐらい。それだけでは時間をもてあますので、他の土手を刈り払い機で草刈。

大雨の中、田植えは無事に終わったが、まだ草刈が残っている。それは来週だな。

私は地元ではないので面識は無いが、田に来ていた人と会話をすることも良くある。

『買った方が安い』

大方の人が口にするこんな言葉。稲を作るより買って食べたほうが安いと言うもの。苦労をしても米の値段は安い、大変な思いをするだけと言いたげ。

じゃぁなんで作る?

聞いてみた。すると、自分で作っているからなぁ、美味くて安心な米なんだ。

誰もが美味くて安心な米を安く買える?そんな事ないでしょう?やっぱり作った方が良いじゃないですか?。そう言うとその人はニンマリしていた。

米を譲った人に美味いって言ってもらえるのがうれしいのだ

そもそも、日本の政策が間違っているのだ。減反をして、米を作らなければ補助金がもらえる。こんな不健康な構造はおかしいでしょう?

美味いもの、良いものが作れるならばいっぱい作ればいい。それを多くの人に食べてもらえば良い。

値崩れを防ぐため

農家を守るためだと誰もが直ぐに口にするこの言葉。確かに、農家の苦労を考えれば値崩れは可愛そう。だったら、値を相場制にしなければ良い、常に一定で、農家が儲かる金額も多くなければ、損もしない値段に決めてしまえ!。

良い物を作らずにいるのは実に勿体無い。農業の自由化に農家はビビリすぎている。日本の米は世界一なんだ!自信を持って世界に打って出ろ!。今日つくづく感じた。

田んぼの景色は何とも良い物で、植えたてときの緑と茶の風景が、しばらくすると緑が濃い景色に、更に稲が大きくなるとその稲が風に揺れて風の姿見え、実が成熟すると一面黄金色のじゅうたんに。これからが田の景色は本当に美しく本当にいいものだhappy01

苦労を忘れる

あ~新米が待ち遠しいriceball

| | コメント (0)

70過ぎて?どうした?

仲間の影響は凄い。この年からはじめる気になったとは驚きだ

うちの父親は70歳を過ぎている。若かりし頃は運動神経も良かったらしい。ま、私ほどではないが、確かにそんな感じはする。

だが、その若かった頃の趣味といえばもっぱらパチンコ。ま、肉体労働者が故に休日には骨休めか?。そんな趣味であったとしても良かろう。

定年退職後は老人会の仲間達とマレットゴルフを楽しんでいた。これが身体を動かす趣味としては精一杯だろうと思っていたが―――

何を思ったかゴルフを始めると言い出した

どうやら、マレットゴルフをやっている親友(悪友)にゴルフをやっている人がいて誘われたらしい。

おい!70の手習いにしてはちょっと無謀過ぎないだろうか?。若い頃から多少なりとでもやっていたのならば話は別だが、全く経験ゼロ。

ましてや、事故で片目の視力も無い、それで打てるのか?。

・・・・ま、仕方ない、練習に連れて行くか・・・

という事で、行ってきました先ほどまで練習場に。

初心者のくせに、謙虚さ一切なし、人の教えを聞こうとしない頑固ジジイangry、めちゃくちゃなスイングdown。こんなんで出来るはずも無い!できるはずが―――diamond

え?coldsweats01

それで打てるの?。驚かされたのは、フェイスの芯辺りにはあたっているという事。距離と方向はともかく、芯に当てることは重要。あれで打てちゃうんだからな~

ある種天才か?coldsweats01

今更、スイングから教えた所でどうなるのかも分らない、だったら今のまま好い所だけを延ばしたほうがいい。本人も、一人で練習場に通うといっている。

ちなみに、ただ何も考えずに打つだけの練習であったものの、200球も打っていた。俺は100球も打てば疲れるよ

70を過ぎての初体験、どうなることやら・・・

ま、人にあまり迷惑をかけないよう、無理なくやってくれ。これ以上アドバイスはしない

| | コメント (4)

セベが死んだ・・・。早すぎる・・・

54歳だった。何で?どうして?。ゴルフ界から、ターフからまた大きな巨星が去っていってしまったweep

脳腫瘍による合併症で54歳という若さで亡くなってしまった元世界最強ゴルファー、KING OF KING

crownセベ・バレステロスgolf

彼も親日家で度々日本ツアーに参戦してくれていた。77年、78年の日本オープン連覇を果たすなど、日本でのスポット参戦でもその実力をいかんなく発揮し、観ている人々を魅了してくれていた素晴らしいゴルファー。

世界のトーナメントも席巻し、米メジャー5勝を含む通算80勝以上している偉大な人物(ゴルファー)。でありながら、おごる事無く、人望もありとても人格者であったらしい。

ゴルフの世界殿堂入りを果たしているとは言え、やはり早すぎる死・・・・

病気と闘っていたとは・・・ゴルフ界、本当に惜しい人を失ってしまった。

心からご冥福を祈りたいthink・・・・本当に残念だ・・・・

| | コメント (0)

チャーハンとブルーベリージャムのアイス

家には誰もいない。ん~お昼は何にしよう?

冷蔵庫を開けると、お歳暮で貰った使いかけ残り少ないハムの塊り。野菜室には、これまた使いかけのわけぎがある。釜の中にはお米はある、卵もあることだし簡単な所でチャーハンでもしよう!

デザートも欲しい。冷凍庫にあったレディーボーデンのバニラアイスに手作りのブルーベリージャムをトッピング。相変わらず見た目のセンスは無いが・・・味は?うん!上手に出来た。

100_0001a

チャーハンの味付けには『鳥ガラスープの素』と調合したギャバンの香味料のみ。この香味料が優れもので、パスタや魚、肉、サラダにもあう便利者。ちなみに中身は

パセリ1袋

バジル1袋

フライドオニオン(細かくなったもの)1袋

黒胡椒1袋

基本はこれだけ。これを全部一色単に混ぜて使う。料理に必要な分量振り掛ければOK。結構多めにかけても平気。万能な香料です。とっても簡単是非お試しあれ

チャーハンの味付けも、鳥ガラスープの素は味があるのでそれ以外に塩は振りません。

出来上がったらお茶碗に一度もリ、お皿をかぶせひっくり返せば形よく仕上がります。また、鳥ガラスープを水に溶き、蟹の缶詰なんかを入れて、水溶き片栗粉でとろみをつけ、餡をかければ『蟹の餡かけチャーハン』に。

いつも大好評です!

さて、ブルーベリージャムですが、これはただ砂糖でゆっくり煮るだけ。酸味が少なければレモン汁を加えるといいでしょう。適度な風味と酸味が増します。

パンにつけてもよし、このようにアイスでも、プレーンタイプのヨーグルとなんかにかけても美味しいですよ。

色目も綺麗でさわやかな気分になります。

あと夕飯はどうしようかな。・・・・あ、まだ後片付けが残っている・・・・これが一番大変か。女性陣には怒られますよね、後片付けをしない男の料理って。面目ない・・・

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »