« 2011年、明けましておめでとうございます。 | トップページ | 薬物世代と言われて・・・ »

病院の怠慢?厚生労働省の怠慢?

新年を迎え今日が仕事始め!。どんな一年になりますやら。ともあれ、無事にスタートした今日ではあります。が、いまごろになってインフルエンザの予防接種を受けてまいりました。ところが・・・・

実は12月はじめにインフルエンザA型にかかってしまっていたのでありますsweat02。熱は40度まで上昇、本当に苦しい思いをしましたが、タミフルhospitalのおかげで無事快方に。

本来は11月初めにやる予定でした。しかし、風邪をひき、治った頃に仕事が忙しくなり、ようやく行こうと思ったときにはインフルエンザにかかっていると言う最悪な展開。なので今日という日になってしまったのであります。

あ、皆さんは知っていましたか?インフルエンザA型と診断されても『季節性』のものだとは限らないそうです。『新型インフルエンザ』も季節性のA型に属しているそうで、同じように診断結果が出るそうです。要は、新型インフルエンザを調べるには、病院の簡易検査とは別に検査が必要になるということなのです。

さて、予防接種についてでありますが、一体予防接種の意味とは何なのでしょう?gawk

多くの人々に移る事がないように、移ったとしても重症に至らないようにするための未然の処置。

国民の義務ではない以上強制力はないとしても、国のために、国民のために感染経路すら未だにはっきり分っていない感染病に対して、未然に防ごうと言う意志の元、ちゃんと予防接種をしようとする人々(しかも実費で)には十分な対応をするのが当たり前なのではないだろうか?これを踏まえて

個人A病院の対応

年末に病院に伺うと『予防接種がしたいなら2人で来て下さい。一人ですと薬が無駄になってしまうので(年末年始休暇のため)お断りしています』との事。

総合病院Bの対応

『予約はしていますか?そうでないとちょっと・・・』予約をしようとすると『主治医の先生はいますか?いないようでしたらいつも行かれている病院をお勧めします』予約していようがしていまいが予防接種をする気がないことが見え見え。

健康に気をつけて病院に通っていない人はどこの病院に行けば良い?

何とも情けない人間とは思えないような病院の対応。これは病院の問題か?それとも管轄する立場にある厚生省の問題か?。こいつらの態度には、こいつらの怠慢さには呆れてしまい言葉も出なかった。

市町村発行の広報類でも人々に予防を呼びかけておきながら実際はやりたくない病院の立場。そこには何がある?

この記事を怠慢の集まりの役人たちが見ることも無いだろうが、多少でも次回に反映されるべく反省点として、しっかりと取り組んで行って欲しいものだ。無理か

TVなどでスパ-ドクターの番組を目にすることが多くなった。神の手と呼ばれる彼らの技術は本当にすばらしい。沢山の医師に継承してもtっらいたい。でも、本当に継承してもらいたいのは技術ではない。

こんな時にこそ必死に対応してくれる医師こそスーパードクター

|

« 2011年、明けましておめでとうございます。 | トップページ | 薬物世代と言われて・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

腰部椎間板ヘルニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2011年、明けましておめでとうございます。 | トップページ | 薬物世代と言われて・・・ »