« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

とうとう打ち始めたボディーブロー 石川遼プロ

強いゴルファーの条件を満たし始めた石川遼プロ。日本ツアーの天下を手中におさめそうだ。

男子ゴルフ(JGTO)の三井住友VISA太平洋マスターズ(静岡・太平洋クラブ御殿場コース 7246yrd par72)は石川遼プロが通算14アンダーで今季3勝目、ツアー通算9勝目を挙げたcrown

初日から独走というわけではなく、3日目から一気に加速するゴルフとは・・・本当に強くなったなぁcoldsweats01。しかも今回のゴルフは一味違って見えた

ボディーブロー

いわずと知れたボクシングの技術の1つ。相手の肝臓付近にパンチを浴びせジワリジワリとダメージを蓄積させる。これを受け続けると顔面に喰らうパンチよりも大きなダメージとなる。

ジワリジワリ

当然ゴルフでパンチを打つわけではない。同じ効果をもたらすショットを打つと言う事だ。これも以前、記事に書いたことがある。本当に強いプロは、その大会で優勝に絡んでいなかったとしても同組でプレーした選手に圧倒的なショットを見せておく必要がある。常に、どんな大会であったとしても。

これがいつの間にかゴルフでのボディーブローとなる

ジャンボさんがそうだったように、圧倒的なショットを見せておく事で相手にプレッシャーを与え続けることが出来る。相手は勝手に自滅する。そんな状況を手にすることが出来れば天下。

石川遼プロはそんなショットを打ちつつ、優勝をもてにする効果的なボディーブロー。他のプロに大きなダメージを与えた。

とうとう打ち始めたボディーブローに耐えることができるプロがどれ程いるか?それにも期待したい。

しかし、太平洋クラブ御殿場コースは綺麗だ。見所も多い。次のダンロップフェニックスも好きだが、この大会もいつも面白い。

| | コメント (0)

包丁購入のついでに銀ぶらしちゃいました。

ついにbullettrainマイ包丁を購入しましたhappy01。いよいよfish魚の3枚おろしに挑戦です。

東京にいる伯父と叔母に協力してもらい、包丁購入のために田舎者の私はイザおのぼりさんに。場所は日本橋にある

『刃物の木屋』

という、超有名なお店に。

素人がいいのだろうか?

職人さんが購入に来るという本格的な刃物屋さん。入った瞬間に身震いする刃物の紋様。研ぐ前とは言えやはり日本包丁の波紋は見事。鋳物の扱いは世界一の技術だと思う。

様々な仕様の包丁に迷い、迷い。しかし、結局、購入した日本包丁は、入ってすぐに一目ぼれheart02した一品だった。

久々の一目ぼれheart04

今日は良い出会いでした。購入後にあらためて研磨し、送ってくれるとの事で品物は数日後に手元に届くが、既に待ち遠しい。大切に使いたいものだshine

ちなみにもう一本万能包丁も購入した。ヘンケルス包丁?というらしいが良く分らないものの、これもなんだかひきつけられる一品だった。

ここでは職人さんによる研磨だけの受注もしているようで、頻繁に電話がなっていた。研ぎ方1つで切れ味も違うことでしょう。

今日の東京は雲ひとつ無い快晴!。本当に素晴らしい秋日和になった。歩くには清清しい時で、銀座を体験してきた。

初めての銀ぶら

個人的なイメージとして富裕層だけの町だと想像していたが、大きな間違いだった。様々な人種、様々な店、老若男女、和洋折衷、混在一体で変化の著しい町だった。

Ginzadouri それにしても良い天気だ。この写真では伝わらないかもしれないが優雅な銀ぶらタイムを味わった。軽井沢の銀座もぶらったし、今日は本家もぶらったので大満足!良い休日のなった。

またぶらっと東京にでも行くとしよう

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »