« 予測不能!。才能の高さは世界レベル! | トップページ | 藍ちゃん人気は凄い!。あの時と一緒だ良かった良かった。 »

聖地での成長

トム・ワトソンとのペアリングには感謝しないといけませんね。そして―――

golf米男子ゴルフ(PGA)のメジャー第3戦、全英オープンゴルフ(英国 セントアンドリュース・オールドコース 7305yrd par72)は、伏兵中の伏兵ルイス・ウェーストハウゼン(南アフリカ)crownが圧倒的な強さで初優勝した。全てに安定感があり、こんな選手がいたなんて、しらなかったことに驚くほどだった。お見事!

素晴らしかったので記事を書こうと思ったが、その大会に出場していた日本の賞金王、石川遼プロの最終18番TEEでの表情が何ともいえない良い表情に見えた。なのでその記事を書くことに

18歳にして日本のトップに立てる段階で才能は証明されている。だが、その成長力は未知数でどんな選手になるか計り知れない

今まで、日本でのトーナメントで『ブンブン』振り回していたドライバーショット。多くのメディアが注目しているようだったが、正直、何の魅力も感じなかった。

だから何?

別に特別な事じゃない、大した事じゃないとそんな感じで観ている部分が多かった。現に、彼より飛ばすプロも多くいるし、私だって一番飛距離があったときはそれ以上に振っていた(精度は別としてcoldsweats01

でも、彼が最終ホールで見せた笑みからのドライバーショットは最高に魅せた1打だった。

TVカメラに映った石川遼プロは笑みを浮かべていた。PGAのメジャートーナメントを聖地でのトーナメントを納得の内容で71ホールを終了していた。だが、満足してはいなかった。ならどうする?

『イーグルを狙う』

最後の1ホールに全てをかける。これが彼の答えだったように感じた。それをあの一瞬の笑みに感じた。

奮えた

彼が本当にそう思っていたのかどうかは知らないが、今までに無い彼の表情に驚くほかなかった。

プロの顔、そして一流の顔good

意味のあるフルショット

ただ打つのではなく、意味を持ち、意志をこめたフルショットは人々を魅了する。そして最終ホールで魅せた意志のこもったショットは惜しくもイーグルには届かなかったが、本当に気持ちの良い最終ホールだった。

トム・ワトソンとのペアリングは大きい。彼は生き字引だ。背中でゴルフを語れる要するに職人なのだ。技術以上に必要なことを教えてくれているはず。

きっと、そんな事も聖地で吸収していたのでしょう。

この成長だと、来年は世界進出か?。今季賞金王ならそれもあるな。その方がいいようにも感じた。

100_0018a 

|

« 予測不能!。才能の高さは世界レベル! | トップページ | 藍ちゃん人気は凄い!。あの時と一緒だ良かった良かった。 »

ゴルフ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 予測不能!。才能の高さは世界レベル! | トップページ | 藍ちゃん人気は凄い!。あの時と一緒だ良かった良かった。 »