« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

ったくもう!。あいつは大丈夫か?

この所、不倫スキャンダルの話題で持ちきりだったタイガー・ウッズ(米)が突然のコメントを発表した。内容は、無期限のプロツアー欠場。

よい夫であり、よい父であり、よい人間になるために努力したい。それには、家族と共にする時間が必要

この話題が消え去ることはない。ただ、時間が解決する。風化するんだ時間が経てば。ただ・・・

この虚しさは何だ?

タイガー自身も『私は完璧な人間ではない』とコメントしていた。誰が完璧だと思っていた?。彼の圧倒的なゴルフセンスと結果に魅了されていただけで、完璧な人間だから魅了されていたわけではない。

そもそも、完璧な人間って・・・・

金目当てで、売名目的で近寄ってきた悪女にまんまとはまってしまった失態、彼にとって大きな汚点となってしまった。ただ、時間が風化させてくれる。

家族愛はとても大事!。だが、プロたるものファンへの愛も同じくらい大事なはず。関係を修復するなら

潔く会見して全てを話してしまえ!。そして謝罪しろ!

そのほうがよっぽど早く風化するだろう!。ファンにとって無期限であろうが彼の姿のナイゴルフツアーは寂しすぎる。今のタイガーにとって必要なのは

時間よりも潔さ

ったくもう!困った展開になってきた。アールさん、何とか言ってやってください!立派に育った息子に

さて、不倫騒動中に周りの奥様や女性達からのこんな会話世よく耳にした。

遼くんは大丈夫かしら?そっちのほうが心配

以前ブログにも書いたが、大金をてにすると周りに悪が寄ってくるもの。それによって駄目になったプロが数多くいる。今の所、石川プロは大丈夫だろうが、20を越えた頃からが危険だね。

立派に自立してくれることだけを願う

 

| | コメント (0)

観戦マナー啓発ビデオ?今ごろになってかぁ~

down空前の?ゴルフブームらしいgolf。それによって弊害も出ていると各メディアが伝え始めた。それは観戦マナーだという。観戦だけなのか?気にしなければいけないのは?組織、選手に問いたい。

ゴルフの妨げになる行為はやめて欲しいpaper

観戦マナー啓発ビデオをようやく作られた。JGTO←こちらで確認ください。

この動画をみて皆さんはどう思ったのだろうか?。ふ~ん

実は、もう4、5年くらい前の事だが、男子ゴルフ(JGTO)と女子ゴルフ界(JLPGA)のツアー機構にマナーに関する企画提案をした事がある。当時も、内容には好感触ではあったが現実的に無理(製作予算)である事から見送られた。

しかし、石川プロの出現で空前のゴルフブーム。よって石川選手のプレーに影響がでる事から、ようやく機構側も重い腰をあげた。スターを守るため

今ごろ?down

どこもそうだが、プロスポーツを運営する組織の行動はいつでもどこでも

後手後手down

タイミングを逃している。一番影響を及ぼせるときにMAXの内容を提供するすべを感じないのだろうか?。なんとも残念で仕方がない。そして、ゴルフの裾野を広げ発展を目指すといいながら、ごく一部の人間にだけ力を注いでいる。本当に全体を見据えているのだろうか?down

マナーを啓発するなら観戦だけでなくプレーでも!angry

より良いゴルフを広げるためにタイミングをみてほしい!。一番影響を与えられる人たちが、最高の内容で!。

| | コメント (0)

男子ゴルフも全日程終了!丸ちゃんが〆た!

石川遼プロと池田勇太プロの賞金王争いが注目された大会、2人の不甲斐ないゴルフで熱気も冷めた感があったかのように見えたが、ところがどっこい!やっぱり丸山茂樹プロがしっかり盛り上げてくれた。

最高です!

男子ゴルフ(JGTO)の最終戦となる日本シリーズJTカップ(東京・東京読売CC 7016yrd par70)は丸山茂樹プロがプレーオフの末に金庚泰(韓)を破り、日本ツアー本格復帰の最終戦で見事復活優勝を果たした。

感涙!

優勝スピーチで1度もないた事などなかったという丸山プロだったが、近年の不振、自分自身の不甲斐なさに苛立ち精細なゴルフが出来ていない悔しさなど、きっと様々な思いがあったのだろう。アメリカツアーで3年連続優勝するなどの華々しい活躍を魅せたトッププロも怪我などから調子を崩し、苦しい戦いをしてきたことでしょう。こっちも、もらい泣きでした。

これからは若手の見本となれるような選手になりたい

と語った丸ちゃんの言葉に何度となくうなずく自分がいた。そうあの頃のように・・・ジャンボ尾崎プロ全盛期、背中で若手を引っ張っていた職人肌の一流プロ。近年はそんな存在のプロがいなく、ただ仲良しこよしのなあなあの甘っちょろい男子プロゴルフ界、人気低迷は当たり前だった。

これからは丸山茂樹がいる。若手2人の台頭は嬉しい限りだが、こういった存在もいないとやはり盛り上がらない。来年はもっとスリリングな賞金王争いがみられるかも

石川遼プロの最年少賞金王は快挙!。恐ろしく素晴らしい選手です。青木プロも心配していたが、オフの過ごし方には気をつけてもらいたい。多忙になることは容易に想像できる。だが、完全に身体を休めることも必要です。来期のためにも

男子ゴルフ、きっちり〆った最終戦となりました。いい流れです。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »