« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

バカ者!何をやっているタイガー!

今季PGA(米ツアー)のgolfメジャートーナメント第2戦となる全米オープンゴルフはrain悪天候に悩まされ、明日にまで順延される展開に。選手の負担はさぞ大きいことでしょう。でも・・・・

メジャートーナメントは本当に厳しいセッティングwobbly。その中でも魅了するプレーをトッププロは魅せてくれる。ありがたい限りだ。だがイタダケナイ内容も目にする

世界一強いプロゴルファーのタイガー・ウッズの行為は最低だ。思うようにプレーのいかない自分自身に苛立ちクラブを投げ捨てる行為なんていうのは以ての外!。

もし、アール氏が生きていたらきっとタイガーにこう言う筈!

『バカ者!pout何をやっている。ミスをしたのは自分のせい、道具やコースにあたるなんて以ての外。もっと冷静になれ!』

アール氏は、タイガーに世界一であるがゆえにもっとも必要なものとして『心』を教えていた。タイガーにとって、アール氏は本当に素晴らしい父親であったと思う。

大金を手にしたとしても、慢心する事無くゴルフに直向に向かう気持ちを厳しく教えていた。それが、世界一のプロゴルファーとしての資質だと。

だが今回の行為はアール氏の教えに反する行為!。

タイガーは大好きだ。だが今回の行為は二度と見せて欲しくない!。

アール氏ならば、結果はどうであれ必死にプレーをした結果であれば順位に関係なくこう言うでしょう

『息子よ良くやった!私の誇りだconfident』と

| | コメント (0)

強すぎるウォッカ!。その走りはあの馬のよう

本日行われた春のマイル王決定戦となる第59回安田記念(東京競馬場・1600M GⅠ)は1番人気のウォッカhorseがヴィクトリアマイル(牝限定マイル GⅠ)とあわせてマイル2冠奪取!牝馬史上最多となるGⅠ6勝目は見事!crown

しかし凄いレースでした。

最後の直線までベストポジションのウォッカhorse。誰もが末足を爆発させる展開を容易に想像したろう。だが―――

慎重に騎乗しすぎた武騎手の手法が裏目になり馬群に包まれる。前が壁になり駆け上がることができない。有力馬は確実に末足を伸ばす。残りあとわずか・・・・

『やっちまったな!』

ウォッカ負けた。そう思った瞬間、一瞬開いた隙間を縫って黒い馬体がスルスルと駆け上がってくる。最後のたった100Mで一気に2着に1馬身ちぎって魅せた。

勝った武騎手も『騎乗下手でしたね。馬のおかげで勝てました。本当に強い馬ですよ。今回は馬を褒めてあげてください』

歴代最強牝馬となったウォッカの強さはもはや牡馬の中でも最強かもしれない。牝馬史上初の秋古馬3冠の夢が見えてきた。

そういえば以前テイエムオペラオーhorseと言う最強馬がいた。この馬も利口で、自らレースをしていた。いつだったか?確か秋古馬3冠を達成したときの有馬記念だったと思う。ここまで、1年間のレースを無敗できていたテイエムオペラオー。どの騎手もこの馬をマークする。よって最終コーナーで馬群にもまれてしまう最悪の展開。この時も、負けたと思った。しかし結果は

今回と全く同じ展開だった。自ら隙間を見つけレースをしていた。

本当に強い馬だった。年間中長距離GⅠ完全制覇の偉業はこの馬テイエムオペラオーのみ。そんな最強馬を思い出させる最高のレースだった。

ウォッカは強い!

惜しくも敗れた2着馬ディープスカイ騎乗の四位騎手も『馬群にもまれなければ7馬身以上ちぎられていたかも・・・』

と完敗を認めた。年内引退もささやかれているウォッカ。いずれにしても後は無事に走って欲しい。

ディープインパクトが現役引退をして以来牝馬の活躍が目立つ。以前新聞で武騎手が『馬の世界も、人の世界も女性のほうが強いですね』と言っていた。女性の活躍が目立つと言うことはいい事だと武騎手同様に思うが、なんとも今の状況は馬の世界も、人の世界も男には辛い世界に感じる。

以上、強すぎる女性に困惑する男より

100_0003_b

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »