« 日本サッカーのpass! PAss! PASS!は魅力なし!。 | トップページ | 草なぎ剛は本当に良い人? »

片山晋呉の意地!格好良かった泥臭さ!

日本の男子ゴルフツアー(JGTO)賞金王でもあり、国内最強のプロゴルファー片山晋呉プロ、本当に魅せてもらった!。ありがとう!golf

米ツアー(PGA)ゴルフの今季メジャー初戦となるゴルフの祭典『マスターズ トーナメント』(オーガスタ・ナショナルGC 7435yrd par72)最終日は、アンヘル・カブレラ(アルゼンチン)とケニー・ペリー(米)、チャド・キャンベル(米)の三つ巴のプレーオフに突入、2ホール目でA・カブレラが見事グリーンジャケットを手にした。

でも、この優勝争いよりも個人的に引き付けられたのは、我らの日本代表片山晋呉プロのゴルフだった。

2001年、当時日本最強を誇っていた伊沢利光プロが4位に食い込んだとき以来の大健闘に手に汗握って魅ていた。

片山プロの4日間はほぼ完璧なゲームメイク!素晴らしいの一言に尽きる。そして、最終日のバックナインは圧巻!。15番のパーは残念だったが、16番のバーディー、17番のパーキープ、18番のバーディーと3ホール続けてのスーパーパット!は最高に格好良かった。

私には、片山プロは自分のしなければいけない事、できる事をひたすら必死にこなしているように見えた。

体格に恵まれているわけでもなく、特別な飛距離があるわけでもないが、ショートゲームとパットの精度でこの結果を残した。プレーの見た目には派手さはないかもしれない、でも、プロとしてするべき事を必死にこなそうとするその姿勢がこの結果をもたらした。

初日を見るからに優勝スコアは5~7アンダーとみていた。しかし蓋を開ければ・・・でも、このゴルフを続けていれば

なんだか期待したい!。片山プロならできそうな気がする。最終ホール、片山プロが応援してくれたパトロンに見せた『日本の礼』をいつかは

『マスターズ制覇』

で!。早くも期待をしてしまう。祭典に踊らされるのではなく、勝利のために地道なゴルフで突き進め!。

|

« 日本サッカーのpass! PAss! PASS!は魅力なし!。 | トップページ | 草なぎ剛は本当に良い人? »

ゴルフ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本サッカーのpass! PAss! PASS!は魅力なし!。 | トップページ | 草なぎ剛は本当に良い人? »