« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

日本サッカーのpass! PAss! PASS!は魅力なし!。

soccerW杯アジア最終予選のバーレーン戦は1-0で辛くも勝利。試合展開からみても3-0位での圧倒的勝利をHOMEで魅せられたはず!down

PASS

辞書的にいえば『回避』『通過すること』『無料入場券』。サッカーでいえば『味方にボールを送ること』

このPASSと言う行為は日本サッカーにとって魅力的行為なのだろうか?

再三、敵ゴール陣内を襲いながらもシュートにいかずpass! PAss! PASS!。FWが切れ込んでも最終的にはファウル(FKやPK)狙いのシミュレーション。ペナルティーエリア外であったとしても果敢に撃つ選手がいない。代表には魅力ある選手が多いのに攻撃には魅力がない。

魅力に欠ける攻撃sweat02

海外で活躍している、活躍してきた選手の殆どがMF。あの高原ですら・・・海外で日本人がFWで活躍することは難しいようだ。

子供の頃『キャプテン翼』と言うマンガが全盛だった。それを見ては学校で試したものだ。

日向 小次郎sign03 (誤字かもしれません)

と言うキャラクターがいた。圧倒的なパワーを魅せつけ、圧倒的なシュート力でチームを引っ張る。がそれゆえにチームプレーに欠ける選手。普通、漫画と言えば主人公の人気が高い。だが、あの攻撃に対するストイックなまでの姿勢に憧れる子供も多く主人公以上に人気のあったキャラ。

日本のスポーツはどこかチームプレーを無駄に重視する傾向がある。だからこういった選手が出ることが少ない。仮に居たとしてもいつの間にか抑圧されて才能を無くされているのだろう。

先日のW杯野球のつなぎは攻撃的つなぎであって、今回のpass! PAss! PASS!は明らかに攻撃的ではない。

SHOOTあってこそのPASS

日本の日向は何処?出現を期待したい!

このままのサッカーなら観戦はPASSしたい

| | コメント (0)

爽快!侍ジャパンサイコー!

crown第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)baseballの決勝はアジア勢の決戦となった。各国の試合を通して観ても、毎試合この上ない内容を示したのは日本と韓国しかない!。実力通りの決勝戦だった。

シビレタhappy02

日本チームの残塁は気になるところではあるが、もうそんな事はどうでも良い!

本当に良い試合だったgood

世界最高峰の投手力を備えた両チーム。最高の決勝戦だった。

ナショナルチームの完成度の高さは韓国の方が上!。しかし、今までアジアの野球を牽引してきた日本の野球がここぞの意地を魅せた。

あのイチローですらプレッシャーに潰される。記者会見でおどけてみせる会話もあったが、自らの

『辛さや痛み』

を語っていた姿にはジンときたsweat02。個人としても、チームとしても

国民の期待に応えたい

一心だったのだろう。最終戦の活躍は見事!あっぱれイチロー!diamond

そして、個人的には岩隈投手にMVPを挙げたい!。登板した全試合を見事な内容でゲームメイクするところは流石に沢村賞投手!

同じ沢村賞投手のダルビッシュは若さが悪い方向に出てしまった。岩隈以上の球を持っていても、気持ちのコントロールができなければこの内容しか出ない国際舞台。良い経験でしたね。よくやった!

それから、目立たないが杉内投手の貢献度はぴか一!やるもんだなー。

青木も内川も年度のリーディングバッターとしての実力をいかんなく発揮して魅せる。

主砲はなくともバランスのある良いチームでした。

代表監督が決まらずバタついていてどうなることかと思ったWBC。結果をみれば連覇達成!。しかも、文句のつけようがない内容で!

気分爽快!侍ジャパンありがとう!優勝おめでとう!crown

クラブチームの戦いならメジャーのほうが今のところ上でしょう。で、どうでしょうかこんな案は?

メジャーリーグのポストシーズンで2枠あるワイルドカードの1つをアジアのクラブチームに分けてみては?。クラブチーム世界一を決めるワールドシリーズなんて?ちょっと良くないでしょうか?。本当に面白いWBC同様、野球の魅力が伝わるのでは?。試合数や、日程など色々問題はあるでしょうが、こんな方法もあるよね。アジアから世界に発信しては?

今や世界を牽引する野球はアジアなのだから

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »