« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年8月

『引退』と『報道』のあり方

オリンピックを終え続々と選手が帰国している。そして続々と『引退』の言葉が紙面、ネットを通じて報道される。なんともいえない虚しさを感じるのは私だけだろうか?sweat02

選手に対する報道陣の聞き方が兎に角気に入らない!。

『オリンピックが終わりました、今後はどうされますか?』

何故そんな事を今聞かなければいけない?。聞くまでもなく、今はゆっくり休ませてあげれば良いのではなかろうか。

『引退報道』=『特ダネ』

この構図だけで報道陣は動いているようにしか思えない。確かに次のネタを探すということは重要だが、明らかに引退の言葉を誘導するかのような対応には嫌気がさす。この報道のあり方によって選手達の努力が何もならなくなっている気がしてならない。

また、選手のなかにも引退の言葉を軽々しく使い、何度も復帰する者もいる。復帰する可能性がまだのこっているならなら、その言葉を軽々しく使うべきではない。引退と復帰の繰り返しは虚しさだけが残る。

引退の言葉の重みを、意味をしっかり考えて欲しい。

引退報道は本当に寂しいこと。できれば耳にしたくない。だがそれに反して報道は加熱する一方。もっと良い特ダネをマスコミ関係者には期待したい。報道のあり方を、タイミングを今一度精査する必要があるのではなかろうか?強靭な影響力を持つものとしての責任です!

| | コメント (0)

原江里菜には驚いた!

昨年まで観戦に行っていたが、今年はどうしても都合がつかずに観に行くことができなかった軽井沢72トーナメント。良いゲームでしたね~

女子ゴルフ(JLPGA)NEC軽井沢72トーナメント(長野・軽井沢72北 6583yrd par72)最終日は原江里菜が大会新記録となる通算21アンダーでツアー初優勝を飾る!。

『人はこうも変わるのか?』

この言葉を以前にも使ったことがある。それは『上田桃子』。気性の激しい所だけが目立っていたその時は成績も残せず伸び切れていなかった。ところが、ターニングポイントがありそこからゴルフが一変する。凄い成長だった。

そして、今日もまた一人現れた。それは『原江里菜

前回、逆転で優勝をさらわれた時、自分の不甲斐なさを道具やコースに当たっていた態度が私は気に入らず、厳しく記事にした。

あれからどれほどの時間がたったろう?とても同じ人間には見えないプレー振り。ミスを犯しても冷静に見据え次のプレーにつなげる様はとてもツアー初優勝者には見えなかった。

『人はこうも変わるのか?』

爆発力を持つこういった存在は、勢いを得ると手をつけられなくなる。間違いなく後半戦の主役に躍り出るでしょう。本当に驚いた。

とはいえ、日本のツアーのレベルは決して高くはナイ!。そのレベルを引き上げるべくこれからの更なる奮闘を期待したい。

初優勝おめでとう!

最後に横峯さくら。うん、本当に安定感を増した。最終日は完璧な内容でしょう。以前も全英帰りの体調不良で参戦した際は集中力を欠きもったいない内容のゴルフばかり。しかし今回は成長をしっかり見せてくれた。今季初優勝も近いですね。きっと

残念ながら今年は観戦に行けなかった。来年はいくぞ~

| | コメント (0)

先生に見える?

お盆も直ぐ目の前。毎年、従兄弟の娘と近所の子供達と一緒に花火をするのが恒例。今年もimpact花火屋さんに花火impactを買いに行ってきた。

手持ち花火約150本、打ち上げ花火約30個を買った。お店のおばさん達にふと質問を受ける。

おばさん①『学校で花火をするんですか?』

 『え?』

おばさん②『先生ですか?』

 『いえcoldsweats01、違いますよ』

おばさん②『あら~ごめんなさいね~先生に見えたから~』

おばさん①『てっきり生徒とやるのかと思いましてね~ごめんなさいね~変な事言ってしまって』

髭面でダサダサの格好で居たのにまさか教師に見えるとは・・・coldsweats01なんとも・・・coldsweats01。実際問題『先生』などと呼んでもらえるような器は持ち合わせていない。おばさん達にそう見てもらえた事は光栄だったが、どことなく恥ずかしさがあったcoldsweats01

確かに子供達と遊ぶという共通点はあるが、決して彼らにとって私の存在は『先生』ではなく『友達』なのだ。その子供達の感覚がなんだかたまらなく気持ちが良い。要するに

『未だに私はガキなのですbleah

さて、

『先生』

弁護士、政治家、教師、医者など人に指導できる人間に使われる言葉。

『人を導く』

自分自身、そんな存在でない事は十分に分かっているが、あえて偉そうに言わせてもらう

この世の中に、人を導けるほどの器を持った『先生』はどれほど居るのだろうか?

話を戻して花火の話だが、約1万円ほど購入した。おばさんに沢山サービスしてもらえた。気分のよい買い物ができた。サービスは嬉しいものですねsmile

| | コメント (0)

スカッとしたよ谷口拓也プロ。眠いよ!不動裕理プロ

国内の男子ツアーも見ごたえあり、女子ゴルフの海外ツアーも今は納得の内容。日本人選手の奮闘良かったですねgolf

まずは日本ツアーの男子ゴルフ(JGTO) サンクロレラクラシック(北海道 小樽CC 7535yrd par72)最終日は谷口拓也プロが最終ホールで勝利をもぎ獲る!。4年振りのツアー2勝目

『もぎ獲った!獲ったど~!crown

まさに自力で勝利を手繰り寄せた素晴らしい内容のゴルフ。4年間も勝ってはいないものの時折上位には顔を出す選手。谷口といえば別のプロの名が挙がる事が普通。

今回のような安定した内容でゴルフができるようだと、挙がる名前も変わるかもしれませんね。欧州ツアーのプランもあるようだが、まず先にこの問題を解決することを薦めたい!

『谷口プロといえば?』

続いて、海外女子ツアー(LPGA)の今季メジャー最終戦でもある 全英女子オープン・リコーカップ(イギリス サニングデールGC 6408yrd par72)最終日は、3日目終了時点で単独トップに立っていた日本の女王・不動裕理プロの海外制覇の期待がかかっていたが惜しくも順位を落とし3位タイ。優勝したのは今季から日本ツアーで頑張っている韓国の女王・申智愛(韓)が見事に逆転でタイトルを奪取した。

『眠いよ~不動プロ!余計に眠い!sleepy

不動プロだけに、結果には正直がっかりしたcryingが、久々の女王の充実したゴルフが魅られてとても良かった!。やはり女王は不動!海外ツアー自己ベストの3位ならば次は!次こそは!

日本の女子選手にとって不動プロの存在は欠かせませんね。

『目標!』

彼女の存在はまさしくそのもの!。彼女の結果が手に取るようにわかる、分かりやすい目標なのですね。他の女子選手の活躍もきっと

『不動プロの背中を追えば何とかナル!追いつく!追いつかなければいけない!』

そんな感じに見えた。安心感のある大きな目標!やはり日本の女王は不動しかいない!。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »