« 必死!タイガーの姿に感銘 | トップページ | 最良の判断だが大きな代償でしたね。 »

身体にメスを入れる。プロスポーツ選手にとって厳しい決断。

全米オープンはタイガーの勝利で幕を閉じたcrown。史上2人目のトリプルグランドスラム達成!。ただ一言

『素晴らしいゴルフをありがとう

さて、そのタイガーだがひざの軟骨除去の手術をしたらしい。それも2度目?。身体にメスを入れるということは簡単な判断ではできない。

私は腰部椎間板ヘルニアで約2年間本当に悩まされた。本当に激痛から開放されるのであれば喜んで手術を選んだだろう。

『今まで通りの生活は無理でしょう』

手術を選択するか否かの時に医者はそう言う。

身体にメスを入れるということは、バランスが悪くなるということ。今まであったものを身体から出すのだから。当然メスを入れた場所は弱くなる。よって、またどこかに弊害が現れることもある。

親戚の叔父だが、激痛から逃れるために椎間板ヘルニアの手術を3度もすることに。結果、日常の歩行すらままならなくなる。だから私はやめた。

成功する人もいるでしょう。だが―――。

選手生命を脅かす手術を決断したタイガーだが今はただ膝を休めて欲しい。今後のためにも。

|

« 必死!タイガーの姿に感銘 | トップページ | 最良の判断だが大きな代償でしたね。 »

ゴルフ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

腰部椎間板ヘルニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 必死!タイガーの姿に感銘 | トップページ | 最良の判断だが大きな代償でしたね。 »