« 聖火妨害は『らっちもない』行為 | トップページ | 情けない自分 »

詰めの甘い2人の明暗

golf実力がありながらイマイチ結果を残せないプロが多い。1勝目へのプレッシャーはそんなにも強いのか?。2人の明と暗が分かれた。

まずは暗いほうdown

男子ゴルフの今季2戦目、つるやオープン(兵庫 山の原GC 6770yrd par71)最終日は、逆転でS・K・ホ(韓)が、2シーズン振りのツアー通算7勝目を挙げた。初優勝の期待がかかった岩田寛は終盤に一気に崩れ見事に優勝を逃すsweat02

№17のロングホール。この時点で2打差もあった。普通なら2オンは狙わずに3rdで確実にバーディーを取り、引導を渡すのがセオリー。なのに何故?意味のない2オンを?。結果論だが、2ndでミスをし結局ボギーを打ち、さらには集中力も途切れる。№18のティーショットで勝負あり、見事に勝利を献上してしまう。

昨シーズン終盤のカシオワールドオープンでも後一歩で勝利を逃す。このときも見事に自滅。もったいない事を続け何の成長をも見せていない。強い気持ちもあり魅力的だが・・・歯がゆい!。

影を歩き続ければいつまでも暗いまま。自ら日なた道を歩め!プロだろ!。絶対に勝てる!そんな良い期待をしたくなる面白い選手。がんばれ岩田!。

そして明るいほうup

女子ゴルフのフジサンケイレディースクラシック(静岡 川奈ホテルGC 6464yrd par72)最終日は、上原彩子が逆転で初優勝を挙げるhappy01

未完の大器は何度も優勝のチャンスを逃してきた。最終日に崩れる悪い展開がモットーでパットしない内容のゴルフが多かった。しかし今回は見違えた。

名門、川奈の難しい砲台グリーンにも臆することなく、無理なく考え、果敢に攻める姿勢は観ていて気持ちが良いゴルフでした。この1勝は大器にとって大きいでしょう。勝つべくして勝った内容は大きな経験。一躍台風の目になるかもしれない。

未完の大器の称号もようやく外れ、今後の更なる活躍を期待させる面白い選手。がんばれ上原!

|

« 聖火妨害は『らっちもない』行為 | トップページ | 情けない自分 »

ゴルフ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 聖火妨害は『らっちもない』行為 | トップページ | 情けない自分 »