« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

情けない自分

今年も4ヶ月が過ぎようとし、GWに突入している今日、シーズン初打ちですgolf

sun今日は快晴!絶好のゴルフ日和!直ぐにでもコースに行きたいという気持ちを抑え、西軽井沢にあるゴルフ練習場に行ってきました。

実際クラブを握るのは半年以上振り。多少の不安を感じつつも、意気揚々と受付を済ませ、軽い準備運動をし、いざ初球!

『カツーンsweat01』(こんな名前のぐる-ぷもいたっけ)

SWでいきなりシャンク・・・。10球打ってもまともに真に当たらない。自分に怒りがこみ上げてくる

『何やってるんだ!自分!angry

しかし、怒りを沈め、初心に帰り、スタンスからゆっくり自分のスイング調整をすると要約、気持ちの良いショットが出始める。よ~し、ここからが本番だと意気込み始めた矢先の60球を過ぎたころ・・・

握力の低下、身体の切れの悪さを感じる

とたんに気持ちの良いショットは数えるほど。真で球を捉えられなくなってくる。あげくの果てにはマメができ痛みで握りづらくなる。

『情けない・・・crying

普段からグローブをしないのでマメはできるのだが、痛みを感じて握れない事など今までなかった。しかも、ナイスショットの飛距離がアベレージの飛距離よりも20yrdも落ちていた。(ちなみに今日のベストショットは5Ⅰで180yrd)

『クゥ~』

情けない。練習もせず調子づいてコースに行かなくてよかった。最終的に、ゴルフをなめるなと練習場に一括された気分だった。

今年はゴルフの回数を、練習の回数を増やそうと心に決めたゴルフ日和の休日でした。

100_00032_2 これは、親父がプランターで育てているイチゴです。可愛いのが幾つも生っていますが甘いのでしょうか?。ちなみに品種は『とちおとめ』らしいです

| | コメント (0)

詰めの甘い2人の明暗

golf実力がありながらイマイチ結果を残せないプロが多い。1勝目へのプレッシャーはそんなにも強いのか?。2人の明と暗が分かれた。

まずは暗いほうdown

男子ゴルフの今季2戦目、つるやオープン(兵庫 山の原GC 6770yrd par71)最終日は、逆転でS・K・ホ(韓)が、2シーズン振りのツアー通算7勝目を挙げた。初優勝の期待がかかった岩田寛は終盤に一気に崩れ見事に優勝を逃すsweat02

№17のロングホール。この時点で2打差もあった。普通なら2オンは狙わずに3rdで確実にバーディーを取り、引導を渡すのがセオリー。なのに何故?意味のない2オンを?。結果論だが、2ndでミスをし結局ボギーを打ち、さらには集中力も途切れる。№18のティーショットで勝負あり、見事に勝利を献上してしまう。

昨シーズン終盤のカシオワールドオープンでも後一歩で勝利を逃す。このときも見事に自滅。もったいない事を続け何の成長をも見せていない。強い気持ちもあり魅力的だが・・・歯がゆい!。

影を歩き続ければいつまでも暗いまま。自ら日なた道を歩め!プロだろ!。絶対に勝てる!そんな良い期待をしたくなる面白い選手。がんばれ岩田!。

そして明るいほうup

女子ゴルフのフジサンケイレディースクラシック(静岡 川奈ホテルGC 6464yrd par72)最終日は、上原彩子が逆転で初優勝を挙げるhappy01

未完の大器は何度も優勝のチャンスを逃してきた。最終日に崩れる悪い展開がモットーでパットしない内容のゴルフが多かった。しかし今回は見違えた。

名門、川奈の難しい砲台グリーンにも臆することなく、無理なく考え、果敢に攻める姿勢は観ていて気持ちが良いゴルフでした。この1勝は大器にとって大きいでしょう。勝つべくして勝った内容は大きな経験。一躍台風の目になるかもしれない。

未完の大器の称号もようやく外れ、今後の更なる活躍を期待させる面白い選手。がんばれ上原!

| | コメント (0)

聖火妨害は『らっちもない』行為

本日、長野市で行われた北京五輪の聖火リレー、ここに来るまで世界各国で妨害好意が行われてきたリレー。果たして成功したのか?

『らっちもない』

何かした行動に対して、どうでも良い事だったり、無駄な事だったりしたときに、あまり良い意味で使う言葉ではない地元の方言。

今回の妨害行為は全くもって『らっちもない』pout

チベット人にとっても中国人にとっても、そして日本人にとっても。

チベット人よ、聖火リレーを妨害する事で民主化運動になる?。こんな行動をする事で正しく民主化を主張できる?。国の情勢は、主張は理解できる。だが、この行為は理解しがたい!。聖火をリレーしている人には何の問題もないはず!。

中国人よ、愛国心は立派。だがただ過激に振舞っているだけに過ぎない。解決すべき問題は山ほどあるだろう!『毒餃子』はどうなった?。もし、本当に愛国心があるならもっと見据えるべき問題があるのでは?。チベット問題に関して、相手に流されこんな抗議行動をしていてはオリンピック開催が余計に不安視されるぞ!。

日本人よ、世界で一番平和に鈍感になっている人種。私もそうだが、世界情勢をしらなすぎる。だが、平和に鈍感だからこそ争う事もないのは事実。もっとリーダーシップを取る必要があろう。間際になってから行動するのではなく、もっと早く行動を取るべきだった。方法はあったはず!。

『らっちもないpout

声を大きく言いたい。平和の祭典オリンピック、正々堂々と戦うことの意味を唱えているはずなのに、それを侮辱する行為をしたチベット人、中国人、日本人、世界のばか者の主張はらっちもないことだ。

一部のこういった人間の行為で、迷惑を受けるのは平和を望む同じ人間なのにね・・・despair

| | コメント (0)

やるな~選手会長!

crown女子に遅れること5試合、ようやく男子ゴルフツアーgolfが開幕した。天候が安定しない4日間を制したのは宮本勝昌選手会長だった。

男子ゴルフ開幕戦、東建ホームメイトカップ(三重県 東建多度CC 7062yrd par71)最終日は逆転で宮本勝昌プロがプロ通算7勝目をあげた。

話題の『高校生プロ』石川遼プロは首位タイでスタートしたものの最終日に崩れ5位に終わったが十分な内容だった。

昨年のKSBマンシングウェアーを思い出した。この大会は石川遼プロを誕生させた大会で、その時のプロ最上位(2位)にいたのが宮本プロだ。

プロ競技の規定で石川選手には1銭も入らず、優勝賞金dollarを手にしたのは宮本プロ。当時はそのことも話題になった。

ま、お金の話はこれ位にするとして、マンシングウェアーの最終日は36ホール/日をプレーするという過酷なものだった。プロはぺース配分だけを考えプレーした結果、勢いを増すアマチュアの存在に気が付かない。気が付いたときには時既に遅し、まんまと逃げ切られてしまうプロとしての大失態、アマチュアに優勝を獲られてしまう。

今回も、サスペンデットが続き順調に4日間を終えるものではなかったが、体力に物を言わせる石川プロは初優勝時同様むしゃらに突っ走る。

しかし今回、宮本プロは同じ鉄を踏むことが無かった。石川プロを目線に捕らえながらのプレー。尚且つぺース配分も完璧、プロらしい勝利だった。

『コースマネージメント』

優勝するには4日間どうプレーするべきか、どこに優勝のポイントがあるのかを見極める必要がある。今回、石川プロにとっては今までに無い大きな収穫だったのではないでしょうか?。

ところで、学業は大丈夫か?両立できてるか?

さて、女子ゴルフのライフカードレディス(熊本空港CC 6468yrd par72)最終日は馬場ゆかりプロcrownがツアー2勝目をあげた。実際に観たとき、本当に小柄な選手で良くぞ戦っていると思えた。頑張っている良い選手ですgood

しかし、女子ゴルフはいい加減やめたほうがいいのではなかろうか?gawk優勝した選手への過剰な祝福を・・・。家族ならまだしも、同じプロなのに、なんで他人の優勝を喜べる?なぜ悔しくない?。所詮、日本ツアーのプロ意識はこんなものか。世界で通用するはずがない!。それどころか、女子ゴルフが駄目になって行くような気がして心配だdespair

| | コメント (0)

まるで花が咲いているよう

米ゴルフツアー(PGA)のメジャートーナメント第1戦golf『マスターズ』が最終日を終えた。グリーンジャケットを手にしたのは?やっぱりあの男か?

ゴルフの祭典とも言われる程の人気を誇る大会『マスターズ・トーナメント』がオーガスタ・ナショナルGC(7445yrd par72)で最終日を終えた。見事、グリーンジャケットを手にしたのは南アフリカ出身のトレバー・イメルマンだったcrown

最終日はスコアを落とすも、前日までの貯金で何とか逃げ切った。上位に名を連ねる選手は『やはり』というような実力者ばかり。最終日にスコアを崩さず安定した成績で4日間を終える。良い大会です。

さて、TVを観ていてもあまりの綺麗さにプレーそっちのけでコースに見とれてしまう。すると母親が一言

『わ~お花がいっぱい咲いているみたいね~綺麗ね~happy01

マスターズの観戦に行っているギャラリーは『パトロン』と称される。数万人?ものパトロンは色鮮やかなウェアーでコースを埋めている。花壇のように見えなくもナイ。選手の応援だけでなく、見た目でも彩を添えている。

圧倒的な美しさ!ゴルフ無知の素人をも魅了するとは凄いことです。

さてさて、話を戻しますがマスターズの女神は№16がお好きなようだ彼女の演出力は抜群です。そのおかげで最後までハラハラ、ドキドキだった。大病を克服し、見事メジャー初優勝をあげたイメルマン、本当におめでとうございます!。今年も本当に面白い大会でしたsmile

| | コメント (0)

ゴルフ界についてのアンケート

nifty投票で興味のあるゴルフツアーのアンケートを採った。今回も良かったらご協力頂ください。

女子ゴルフのヤマハレディースオープン(静岡 葛城GC 6523yrd par72)最終日は、超難度のグリーンに、並み居るプロたちが悩まされスコアを崩し続ける中、何とか逃げ切る形で山口裕子プロが7年ぶりツアー2勝目を挙げた。

優勝を決めた後、山口プロになだれ込む様に他のプロがやってきて優勝を祝福していた。私は、このブログで何度も書いているが

『優勝した選手の胴上げや、大げさな祝福はどうもふさわしくない』

ように思う。現に、胴上げされ怪我をしたプロもいるし、今回も山口プロが祝福され倒れこんだ際に怪我をする事もあっただろう。

個人競技でありながらあれほど他人の優勝を喜ぶような状況で、ゴルフ界は大丈夫なのだろうか?。ただ

『仲良しこよし』

を演出しているだけに過ぎない。私はそう感じている。皆はどう感じているのだろうか?。そこでアンケートを採る事にしました。良かったらご参加ください。

『ゴルフ界、優勝者への過剰な祝福どう思う?』

さて、我が母親は昨年の72レディース観戦以来、山口プロがお気に入りで優勝した事に喜んでいた。

『お母さん、ああいう人タイプなんだよね~。可愛い子よね~』

未だに男性と思っているのだろうか

| | コメント (0)

全国の警察は何処もこうなのか?どうなってる?

今日は春らしい清清しい天気sun。おや?電信柱の影に小太りな人が座っているぞ。何だろう?。そうそれは、我が家のすぐ近くで交通違反の取締りをしている警察官の姿。

『シートベルトの未着用』

交通法規を守らない人間を取り締まる事は大いに結構!。どんどん取り締まれば良い。だが、ただそれだけとなると話は違う!。何やっているんだ警察官!angry

ここ1ヶ月の間、頻繁に同じ場所で取り締まり活動をしている。私はこれまで1度も取り締まられた経験はない。運転時は飲酒もしないし、シートベルトも昔から着用している。特別にスピードを出す方でもないので取り合えず『ゴールド免許』。

取締りをしていたとしても特に意に介さない。しかし、こうも頻繁だと不快に感じる。

『他にすること無いのか?shock

近年は、犯罪も増加の一途、何をするにも気が抜けない世の中になりつつある。ニュースを観ても悲惨な事件を見ない日がない。凶悪犯人が捕まらない事も多いのでは?。

そして、我が家付近では夜になると族が暴走行為をはじめ、睡眠を妨害する。同じ場所を暴走しているのに誰も取り締まらない。警察官は何処にいる?。

正直、昼間の取り締まりをしてもらったところで何の得もナイ。だったら、夜中の族を徹底的に排除する取締りをするのが重要なのでは?市民のためになるのでは?。

『全国何処の警察もこうなのか?』

いずれにしても、こんな取締りだけがこうも続くと、ただの弱い者いじめに感じる。

先日は黒塗りの車が信号無視で暴走していた。いかにも暴力〇風。一般市民が平穏に生活できる様しっかり働いてもらいたいものだ。

頼むよ!警察官諸君sign03

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »