« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

良かったドラマ2本!。NHK&フジTV系

映画(洋画)は大好きだが、基本的にドラマを観ることは殆ど無かった。どこか面白さを感じなかったから・・・。今回も2本しか観ていないのだが、その2本が相当良かった!

以前、NHKの朝ドラが変わったと感じたことをブログに書いた。そもそも、観るきっかけは今春1年生になる従兄弟の子供の影響なのだが、そのお陰で良い時間を過ごせた。まずは―――

『ちりとてちん』

傑作でしたね!。個人的には相当良い内容に感じた。日本に伝わる『古典落語』を題材とし人間模様を描いた作品なのだが、本当に良くできていた。

最終話前に母親に謝るシーンでは感情移入して『若狭!よく言ったsmile』と思わず口走っていたcoldsweats01。主役の貫地谷しほり演技は見事。良い女から駄目女まで幅広い演技ができ、魅力的な女優。きっとドラマだけで無くマルチな活躍をする事でしょう。

配役も素晴らしく、一人一人の存在感がしっかり活かされ、見事なバランスで終始爽快な気分で観る事ができた。NHKらしからぬ今までに無い傑作のドラマでした!。以前、浅草の寄席を観に行った時感動してまた行きたいと思っていた。そして、今回のドラマで古典落語の奥深さ、素晴らしさを再確認しました。

『あしたの喜多善男』

今まで生きてきた人生に嫌気がさし、自殺をすると決めた男の11日間の話なのだが、これまた傑作!。最終話の台詞にもあったが

『普段なら自殺するやつなんてどうでも良い、勝手に死ねば良い。だけど―――』

私もそう思っている一人。一生懸命生きようとしても生きられない人がいる中で、自ら命を絶つ奴の事なんてどうでも良い。だから、そんな題材のドラマなんて観ようとは思わなかったろう。だが、どういう訳か偶然にもそのドラマを観ることになる。たまたま変えたチャンネルがそれだったのだ。

喜多善男役の小日向文世氏の絶妙な演技。本当に凄い!。みるみる引き込まれて行った。ここでも言えるが、配役が見事で感心しきりだった。良いドラマでした。

両ドラマの共通項として感じた事は

『一人じゃない』

という事。孤独を感じたとしても、きっと誰かが側にいる。気が付かないだけで。自分は独りで何でもできると豪語していても、きっと側には誰かがいる。

誰かがいるから何かができるのですね。今回の両ドラマでは本当に色んな事を考えさせられました。最後に、ドラマ制作に携わった皆さんに

『ありがとう!』

100_00031

| | コメント (0)

64と43

100_00021 この数字はいったいなんでしょう?。とてつもない数字です。

簡単に言ってしまえば優勝回数。

しかも、プロの世界でしのぎをけずる争いの中、1度でも手にする事のない者が殆ど。プロの世界での優勝は難しい事。なのにこの2人は違う

タイガー・ウッズ不動裕理

昨日の試合、今季2戦目での勝利は力強かった不動裕理プロ。最強時に比べ『まだ』という所はあるが、ここまでの準備をしてきた事は『相当の気持ち』があるのだろう。

マスコミには元女王と称されるが、私の中ではまだまだ女王の座は譲っていない。ちょっと成績が良かったくらいで浮き足立つ若手が多い中での不動のゴルフに対する姿勢には感心するばかり。

だからこそこの数字があるのだろう。

『43』

幾つまで変化するのか?

今朝優勝の瞬間を魅た。

『タイガーならこういう所で決めちゃうんだろうな~』

そんな事を言っていたら・・・・

PGA歴代3位タイの64勝目。しかも出場5試合連続優勝ときたもんだ。この64勝は、日本ツアーだった300勝以上の価値があるのでは?。レベルが違う世界で戦い、一人さらに上を行く。されど驕ることなくゴルフに打ち込む。故アール氏が教えるゴルフに対する姿勢を今でも貫いている。

『64』

ただの通過点。数字が幾つ重ねようとも『目の前の1勝に全力を尽くす』。歴代1位は偉大な数字だが、実際タイガーにとって大して意味を持たないのだろう。

漫画のような強さを誇るヒーローの更なるストーリーをいろいろ想像し、ヒーローはそれに応える事で、ゴルフファンは今後も魅入るのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子ゴルフ開幕!

やって参りました日本のプロゴルフシーズン!。勝手にランキングにどう変動があるのか?長い長い1年の始まりですgolf

JLPGA開幕戦、ダイキン オーキッド レディース(沖縄・琉球GC 6384yrd par72)最終日は、圧倒的な内容で宋ボベ(韓)が日本ツアー初優勝を果たした。詳細はJLPGA

安定感ある綺麗なスィングはアマチュアのお手本!。パットもタッチがあっているようできちんと打てていた。内容の濃い優勝だったことで一躍ツアーの目玉になったといって良い。怖い韓国勢にまた一人凄いやつが現れたgood

今季、日本勢で一番期待している横峯さくらもあっさり開幕戦2位に。最後に崩れたが、内容は十分!風格も出てきた。女王へと着実に確実に進んでいる。あの時の印象からは想像の付かない本当に良い選手になりましたね。

これまた期待の佐伯三貴も3位に入る。彼女は今年メジャーをとるのでは?と思わせる逸材。良いスタートをきった事でより現実味が出てきた。期待大!

さあ、いよいよ開幕した女子ゴルフですが、これだけは十分に意識していて欲しい。プロがプロとして魅せるプロならではの技術をしっかりと披露して頂きたい。見た目も大事だが、何を魅せるのかを見失った時のプロほど惨めに見えるものはナイ!。

100_00031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »