« 着々と準備を進める選手達 | トップページ | セクハラ?公然侮辱罪? »

ちょっと良いコメントでした。

本日の読売新聞スポーツ紙面には、先日お亡くなりになられた『プロゴルファー中村寅吉』氏の事が大々的に書かれていた。そこにある中村寅吉氏のコメントが心に響いたgood

『ウッズを観に行くぞ。我々の時代とどう違うか。TVでしか知らないから、生で観に行くんだ』

2001年に日本で行われた、ゴルフのW杯に出場する現役最強のタイガー・ウッズをはじめ、世界のトップクラスの選手が集う大会に対して記者に話したらしい。

『TVでなく生で観る』

プロであるが故にその強さを肌で感じたかったのでしょう。プロだけが感じられる空気を。

中村氏程の人ならば、TVだけでも十分に、我々の知るレベルをはるかに凌駕する感覚で、プロとしての眼で十分と彼らの強さをわかっていたはず。でも、なぜ生で眼にしたかったのか?

『きっと世界で戦う彼らのゴルフが楽しくて、嬉しくて仕方なかったのではないだろうか?』

選手のレベルも、コースの質も格段に今の方が上であることは間違いない。でも、中村寅吉プロはきっと

『俺がまだ若かったら、こいつらと戦いたかった!やれるはずだ!』

そう思っていたのではないだろうか?。年をとっても衰えないプロ意識がきっとそんな言葉を口にさせたのでしょうね。

ま、あまり中村寅吉プロの事は存じていないし、私の考えすぎなところは十分にあるだろうが、『プロゴルファー中村寅吉』を色々と考えたくなる、想像したくなる良い記事だったと思う。

あまり表に出てきそうに無いこういった記者との会話、コメントはどこか惹かれる。この記事を書いてくれた記者の三宅宏 氏に感謝。

最後に、心よりご冥福を申し上げます

|

« 着々と準備を進める選手達 | トップページ | セクハラ?公然侮辱罪? »

ゴルフ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141572/40112149

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと良いコメントでした。:

« 着々と準備を進める選手達 | トップページ | セクハラ?公然侮辱罪? »