« おめでとう初優勝!と初優勝!&おめでたい江連プロ! | トップページ | 協栄ジムと亀田家への厳罰を望む声の多さに驚き »

タイトルマッチがあれで、いいんでしょうか?

WBCフライ級王座決定戦が先ほど行われ、チャンピオンの内藤大助が同級14位の亀田大毅に大差の判定で初防衛に成功した。が―――

タイトルマッチがあんな試合でいいんでしょうか?

まずはチャンピオンの内藤大助選手。さすがに技術があり、その上にボクシングスタイルは変則的ときたら相手は的を絞る事は相当難しい。結果は採点どおりの文句なしの初防衛!。でも、試合中あんなにカッカして表に出しちゃいけない!。くだらない減点までもらう始末はチャンピオンにはふさわしくない!。相撲界同様に頂点を極めているものに不可欠なのは

『心・技・体』

だからこそ、次の防衛線で払拭して欲しい!。とりあえずおめでとう!

続いては亀田大毅選手。実際、実力はこんなもんでしょ。ガードは硬いが手数は無し!ただ突進しているだけ。最大の魅力のパンチ力も『昭和の大砲ですね』。ボクシング技術のある選手とやった場合は、チャンピオン相手でなくとも相当苦戦すると思っていた。日本人選手と試合をしない理由はそこにあるわけですから。今回の結果ではっきりしてしまいましたねウィークポイントが。次の試合も同じような内容ならチャンピオンには程遠いでしょう。そして、今回の結果で亀田包囲網ができますよ。

『名を売るためには亀田を倒せ!』

と。日本人選手はきっとそう動くように思える。チャンスですよ!。

しかし、もっと内容の濃い試合が魅たいものです。ボクシングってもっと面白いんですよ!知ってますか?。KOだけがボクシングじゃないんです。素晴らしい肉体の技術が魅られるのです。

|

« おめでとう初優勝!と初優勝!&おめでたい江連プロ! | トップページ | 協栄ジムと亀田家への厳罰を望む声の多さに驚き »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141572/16731956

この記事へのトラックバック一覧です: タイトルマッチがあれで、いいんでしょうか?:

« おめでとう初優勝!と初優勝!&おめでたい江連プロ! | トップページ | 協栄ジムと亀田家への厳罰を望む声の多さに驚き »