« 椎間板ヘルニアに悩ませられているトッププロ達 | トップページ | 日本学生野球憲章のあり方とは? »

W上田、共にツアー初優勝!

女子ツアーに2足ほど遅れて男子ツアーもいよいよ開幕。ようやく日本もゴルフシーズン到来といった感じがしてきた。そして、昨日のツアーではなんと、男女とも『上田』プロがツアー初優勝を飾るといった珍しい事が起こった。

男子ツアー(JGTO)開幕戦東建ホームメイドカップ(愛知 東建多度CC 7083yrd par71)で優勝したのは上田諭尉(うえだゆい 35歳)。シード権を取る事が出来ない実力の同選手、生涯獲得金額も8200万円程。しかし、いきなりの初戦で想定外の結果を手にしてしまう。全くのノーマークの選手で正直驚いた!。

でも!崩れかけながらも何とか踏み止まり粘って勝ち取った優勝は自信を持って良い内容でしょう!。目新しい選手が出てこなかった男子ツアーで、初戦からノーマークの選手が勝った事は大きな前進です

この勝利で、来期の賞金シードも手の届くところにハッキリ見えている。このまま守る事無く突っ走っていって欲しいものです。

『常に掲示板』

肝に銘じて頑張って下さい!。初優勝おめでとうございます!

そして、女子ツアーJLPGA)。ライフカードレディース(熊本 熊本空港CC 6423yad par72)ではプロ3年目の上田桃子(うえだももこ 20歳)が初日から首位を守りきり見事初優勝を飾った。

今までも惜しい試合をしていたが『気性が荒く』『ジャジャ馬娘』と言った感じのゴルフで自ら崩れる悪い癖があった。気持ちのコントロールさえ出来れば、それなりの成績を残すだろう事は誰もが感じていた事だろう。そして今回、見事地元で初優勝を、しかも完全優勝で飾った。

正直、今の女子ツアーは誰が勝ってもおかしくない団子状態。決して高いレベルではないが期待が持てる面白い状況である。その中の一人である上田桃子、個人的に前頭4枚目にしか評価していなかった。

が、今回のように平常心を肝に銘じ、闘争心をうまくコントロール出来るゴルフを続けることさえ出来れば想像以上の結果を期待できるでしょう。本当に良いゴルフでした!。

平常心も大事ですが、闘争心を忘れずに!。初優勝おめでとうございます!

新しい顔が目立つような状況が増える期待の持てる両大会でしたね。面白いと思います!ゴルフ最高~。

100_0001_j

田舎はようやく満開に近づいてきました!(これは桜ではありません)ゴルフ日和でうずうずしています

|

« 椎間板ヘルニアに悩ませられているトッププロ達 | トップページ | 日本学生野球憲章のあり方とは? »

ゴルフ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

突然の書き込みで大変失礼致します。

弊社運営サイト『Golf Muse(ゴルフミューズ)』が新しくオープン致します。
『Golf Muse』ではジャンボ尾崎を筆頭とした【ジャンボ軍団】、芹澤名人をはじめとした【チームセリザワ】などのプロをメインとした企画をもとにゴルファーのコミュニティーサイトとして、ゴルフのポータルサイトを目指します。

今回書き込みをさせて頂いたのは『Golf Muse』メインコンテンツの1つのゴルファーブログランキングにご登録頂ければと思い書き込みをしました。

『Golf Muse』のゴルファーブログでは将来的にランキングの他にも、「職種別」でのジャンル分けなども行い、同じ職業という共通点を持たし、ゴルファー同士がよりコミュニケーションを図りやすくできるような形にもしていきます。

また、ランキングでも月間の上位にはプレゼントなどの企画も考えております。

ブログのアクセスアップも兼ねて上記のような特典・企画も考えておりますので、もしよろしければ『Golf Muse』のブログランキングへのご登録をよろしくお願いします。

【Golf Muse ブログランキング登録ページ】
http://golfmuse.com/bk/

【Golf Muse サイト】
http://golfmuse.com

今回は突然の書き込みで失礼を致しました。

Golf Muse 管理人

投稿: GolfMuse管理人 | 2007年4月18日 (水曜日) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141572/14704043

この記事へのトラックバック一覧です: W上田、共にツアー初優勝!:

« 椎間板ヘルニアに悩ませられているトッププロ達 | トップページ | 日本学生野球憲章のあり方とは? »