« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

反省だけならサルにも出来る!

滝浪愛のスコア改ざんで揺れるJLPGA。人気絶頂の女子ゴルフ界で浮き足立っている昨今、スキャンダルで足元をすくわれない為にも、断固たる厳正な処分と二度とこのような事を起こさないようにする『何か』が要求されていた。

滝浪愛の処分が下った・・・・

『10年間の資格停止処分』

中西雅樹に比べて比較的厳しいようには見えるが、本当にそうなのだろうか?。以前にも書いたが、所詮日本ツアーでのみ効力を発揮するもので、海外に行けば普通に競技に参加する事ができるのだろう。

ま、滝浪愛程度の実力では活躍する場所は無いのだが、その辺も対象にする必要があるように思える。

樋口会長のコメントはよく判るが、プロの道を閉ざしたのは本人なのですよ(ーー;)。プロとしての資質が無いのです!。

『2度とこのような事が起きないように、教育を徹底したい』

とコメントしているが、ズルをする奴はどんな事をしてもズルをしますよ。だからこそ、事が起こった時には厳正な対処をとるしかないのでは?。これは駄目な考えなのか?。他に何かあるのか?

『反省だけならサルにもできる』

昔こんな言葉がはやった。反省猿の次郎君が有名なサル芸からの言葉。中西、滝浪の両者に送る言葉。

そんな両者もまた、ターフに戻ってくる事もあるかもしれない。そんな時にも

『何か』

が必要でしょう。普通に戻ってきただけでは誰も納得できないだろう。自分なりに何かを見つけて欲しい。

いずれにせよ、事の重大性を認識しろ!。他人にも迷惑を掛けているんだぞ!。

女子ゴルフ界は人気絶頂であるが、その人気も確たるものではない。気を引き締める必要がある!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

負の連鎖?。またまたゴルフ界の不祥事・・・

またしてもスコア改ざんが発覚した。女子プロゴルファーの滝浪愛(タキナミアイ 26歳)が、10月に行われた日本女子プロゴルフ協会(LPGA)主催のトーナメントでスコアを改ざんしていたことが明らかになった。  滝浪愛のプロフィールはこちら

『中西雅樹』

いまだに、この名前を聞いただけでも溜息が出てしまう。今年、スコア改ざんをし、5年間の選手資格の剥奪と、200万円の制裁金を科せられた事は然程遠くないニュース。ゴルフ界が騒然となった出来事であった。

ならば、女子ゴルフ界であったとしても知らない筈は無い!なのに(ーー;)

今回、滝浪愛がしたとされる大会は、今年10月31日(茨城県 ノースショアCC)に開催されたセカンド・クオリファイング・トーナメント(QT)の初日。今回も、マーカーとの確認のサインをした後にスコアを少なく直した事を指摘され失格となった。

なぜ今発覚したのか?

日本女子ゴルフ機構(LPGA)は故意によるものか?などを調査していたという。

『故意の確認?』

何をいまさら・・・。故意以外にあるわけが無いじゃないですか!LPGA!。ゴルファーとして、プロとしてあってはいけない事!。厳しい処分を!。処分は28日に話し合いが持たれ後日決まる。

もうこれ以上は何も書く事は無い・・・中西で書き飽きた・・・ただ一言・・・・

『残念・・・』

QTとは、賞金シード権などで失ったレギュラーツアー参戦の出場制限の掛かったプロを救済するシステム。レギュラーツアーの出場権をかけた予選会を行なう。最終予選会で上位30位前後に入ると、ほぼ全試合に出場できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の美姿・・・。ディープインパクト!

第51回有馬記念(GⅠ 芝2500M 中山競馬場)の勝利馬はやはりこの馬だった

『ディープインパクト』

デビュー戦での圧勝で一気に注目を集め、若駒賞では異次元のレースを魅せる。誰もがクラッシック3冠を期待した。そして年が明けた春、スタートで躓きながらも圧勝の皐月賞。直線一気で突き抜けた日本ダービー。スタートが良すぎ、道中掛かり続けながらも初の長距離を物足りなそうに快走した菊花賞。周囲の不安をよそに

『難なく無敗の三冠馬!』

無敗で挑んだ古馬との初戦、昨年の有馬記念でまさかの国内初敗戦。年明け不安視された春・天皇賞では圧巻の世界レコードで勝利。そんな激しいレースをした後も難なく勝利を収めた宝塚記念

国際レートで世界一に輝き、名実共に世界一になり日本中が夢を乗せた凱旋門賞では関係者によるよもやの失格処分。帰国後、衝撃の引退報道。復帰第一線のジャパンカップでは人間が犯した事でついた汚名を返上、名誉挽回の圧勝劇!。そして、今日の有馬記念、出走馬中ただ1頭上がり3F(600M)を33.8秒で飛んでいた・・・こう思い出してもタダタダ強さが際立つ。

『衝撃だらけ』

今日の走りを魅るからに、心身ともにようやく完成した馬体本格化はこれかのように感じる。しかし・・・ディープの悠然としたレースでの

『美姿』

はもう魅る事が出来ない。残念だ!。

主戦騎手を務めた武豊騎手

『この2年間、ディープの主戦騎手を務める事が出来て幸せでした。頑張ったディープを誉めてやって下さい』

寂しさでいっぱいのコメントだったように感じた。

今まで日本の名馬と言われた馬の中で比べても、名実共に異次元だったディープインパクト。

『完璧な競走馬』

ホースマンが夢に描く馬が日本にいた。今日の美姿は、この事実は生涯語り継がれる。

ありがとう!ディープインパクト!

ディープインパクトの生涯戦績

14戦 12勝 (2着1回 失格1回

獲得賞金額  約14億5千万

GⅠタイトルクラッシク3冠 春・天皇賞 宝塚記念 ジャパンカップ 有馬記念GⅠ7勝は日本競馬最多タイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀田兄弟、次は世界王者興毅『進化した王者』

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦が行われた。前回、疑惑の判定騒動に揺れた同一選手による同一タイトルマッチだけに、注目は否応無しに大きくなっていた。

『圧倒的大差で勝つ!』

と言っていた興毅。結果はと言うと・・・。圧倒的な判定で初防衛を果たした。ちなみに、私の判定は118-110で王者の勝利だった。

前回とは遥かに違うレベルの王者のボクシングだった。本当に驚いた!。たった4ヶ月でこうも進歩するものなのか。

『進化した王者』

の強さは、ランダエタが一番感じたのだろういいパンチを貰い、ダウン寸前の動きが止まったシーンが何度もあった。興毅のスピード・パンチ力が前回とは別物だった。12R終了後、敗北を納得している表情のランダエタ。判定後、初防衛した王者に対して敬意をもって対応している所など、さすがランダエタと感じさせた。

いずれにしても、興毅のボクシングは強くなっている!。それも相当に!。前回の試合がここまで進化させるとは(^^ゞ本人の努力だろうが、素晴らしい!。

最後のインタビューで本音が出ていた。

『色々バッシングがあった。そんな時でも、親父が壁になってくれて守ってくれた』

20歳のチャンピオンは大粒の涙を流していた。そりゃそうだろう!。世界王者とは言えまだ子供!。マスコミの強大な力に勝てるはずが無い!。そのたまりにたまった悔しさが飛躍的な成長させた要因なのだろう。

今日は、世界王者らしい本当にいい試合だった!。お疲れさん。今回はゆっくりベルトをながめて欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀田兄弟、まずは弟大毅から。『最低な試合』

亀田兄弟の二男、亀田大毅がスーパーフライ級10回戦で元インドネシアミニマム級王者モハマド・サディック(33)と対戦した。結果は1R 37秒でKO勝ちしたのだが・・・。

『最低な試合だった』

結果ではない。この試合をプロモーションした共栄ジムに対してと、対戦相手に対してだ。

この試合の為に身体を絞って来た大毅に比べ、サディックの身体はブヨブヨ状態!。到底試合に合わせた感じにはみえなかった。そして・・・案の定、37秒でのKO(^^ゞ。セコンドもセコンド(ーー;)大毅が挨拶に向かうと満面の笑みで迎える自分の選手が打たれて負けている筈なのに(?_?)。あの笑顔は

『いや~、そんなにダメージも無く37秒でファイトマネーも貰えて良かったです(^o^)丿』

そんな感じに見えた。相当不愉快な対戦相手のセコンドの笑顔だった!。

大毅も

『俺にこんな相手をマッチングしやがって・・・俺をナメルナ!』

そんな言葉が出ても良い感じもした。この試合を見るからに、大毅にとっては何の収穫も無い無意味な試合だったように感じる。

『フライ級、スーパーフライ級の世界王者、首を洗って待っとけや』

この言葉は無意味だ。もっと実践を積む必要がある!。以前も言ったが、大毅と対戦したい日本人選手がいっぱいいるはずだ!。なぜしない?不思議でしようが無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゾクゾクした松坂投手の言葉

ボストン・レッドソックス入団決定おめでとう!。入団記者会見での松坂投手のあるコメントに背中がゾクゾクしました。

日本時間、今朝7時から行われた記者会見。『松坂どうなるのか?』と注目をしていた事から多くの人が記者会見を見たことだろう。私もそのうちの一人(^^ゞ。

その中でゾクゾクした松坂投手の言葉

『【夢】という言葉はあまり好きではない。夢は叶うものじゃないから僕はメジャーリーグで投げる事を目標にやってきたんだ

夢<目標

『ただ見ているだけ、語っているだけの夢なんか意味が無い!。実現に向けた目標が大事なんだ』

私にはそう聞こえた。頭を痛烈に叩かれた気分だった。大した男ですね!。松坂投手にしてみれば、大リーグで投げる事は『必然』であり、何も不思議(驚くような)な事では無いということなのだから恐れ入りますm(__)m。

確かに身体を見ても、西武入団当時よりも遥かに肩に厚みがあり大きくなっている。無駄にパワーだけを追ってしまった訳では無く、下半身も強化しながらバランス良く作った身体!。これも、メジャーを目標にしていたからこそなのだろう。

相当な努力をしてきた事は間違いない

イチローもそうだ。天才ともてはやされる事を嫌うイチロー。それもそうだろう、人知れずしている努力があってこそなのだから。

そう言えば、イチロー選手との初対戦で完璧に抑えた時もこんな事を言っていたっけ。

『イマイチ持ちきれなかった自信が確信に変わった』

イチロー選手との対戦以前でも好成績を挙げていながら、プロとしての自信を持てずにいた松坂投手。そして、待ちに待った日本球界一の選手との対戦で感じた事。あの戦いは魅せられましたね~。

イチロー選手も、松坂投手も互いに再戦を楽しみにしているようだが、観ているこっちも非常に楽しみだ。

それから、松坂投手の家族思いなところが良く伝わってきましたね。

『入団できた事は、妻との結婚、子供が生れた事(新しい家族ができた事)の次に嬉しい事です(^.^)』

『契約内容で重要だったのは家族の事』

家族愛で苦難も乗り越える事でしょうね。しっかりとビジョンを持っているのだから

松坂投手もいよいよ世界の一流選手になるべく歩き出しますね。頑張れ!世界一目指して!(チームも個人も)

Mt_asama_003 あえて今回は契約金額には触れない。ただ、6年契約には正直驚いた!。6年が色んな意味で実りがあると良いですね。球団も松坂も!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年度JGTO勝手に番付け

JLPGA同様、成長に期待を込めた偏見的な番付け表を作ってみました(笑) 

JGTO(2007活躍予想)勝手に番付表       
       
                                                      西 
       
片山 晋吾           横綱     空位

男子ツアーを牽引できる!もっと勝てる!                       

J・M・シン(印)       大関    空位

怖い怖い存在!。勢いつかせない事! 

谷原 秀人         関脇  〇深堀 圭一郎

怪我を治せばバッチリ上位!          経験実力共に上位。

                            後はアグレッシブさ!

谷口 徹                関脇  △手嶋 多一

元賞金王!もっと上位に!           何処となく強さを感じない。

                           強いプロなのに

近藤 智弘       小結 平塚 哲二

06年2勝は凄い!               手嶋プロ同様にもっと強い筈!

常に上位の掲示板に              メンタルか

横尾  要        前頭筆頭  △S・K・ホ(韓) 

アメリカでの経験を魅せて欲しい!        ツアー拠点を何処に置くのか?

                             ショットの繊細さは世界レベル

Y・E・ヤン(韓)       2枚目    〇Pシーハン(豪)

何処でも活躍できる強さがある。        安定している。 

実力はこの位置では無く上位          もっと勝てるはず!

星野 英正          3枚目  W・リャン(中)

アマ時代の活躍から期待され続けて      プレーは雑だが怖さを感じる

早?年。しかし伸びない             これが中国パワーか

宮本 勝昌        4枚目  △ 藤田 寛之

ん~。好きな選手なんだが・・・        小技は天下一品!

                          でも、それだけでは厳しい

高山 忠洋        5枚目矢野 東

勢いを感じない。やはり気持ち        目立つ存在!。安定感が欲しい

中嶋 常幸        6枚目 ×増田 伸洋

06年は恐れ入りました。           最終戦の勢いを!

シニアではなく今後もレギュラーです!   自信を持って欲しい!

注目度 №1 伸び盛り真っ最中! 

安定度抜群 この人たちを中心に回る

伸び切れない きっかけを掴めば 

× 1発に期待!。 ハマレば大変な事に 
       
今回は、2006年度をふまえ期待を込めた2007年度はじめの番付。女子ツアーより実力の変動が大きくなる事間違いない!。ベテランの活躍を若手がどう感じるのか?プロ意識の向上が男子ツアーの衰弱を止める!。最終的に番付けにどんな変動があるのか?。◎の選手には要注目!。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年度、JLPGA勝手に番付け!

自分の目で観て感じ、成長に期待を込めた偏見的な番付け表を作ってみました。ご意見は色々あるでしょうがお許しください。そう言った方は自分で作って見て下さい。意外に楽しいですよ(^^ゞ(笑)

JLPGA(2007活躍予想)勝手に番付表       
       
                                                      西 
       
大山 志保  1億6629万円    横綱    ○ 不動 裕理 4601万円
06の様な活躍は無理。しかし安定感抜群!      女王復活に期待!。

                            あの正確なショットをもう1度!                   

                      大関   
          残念ながら空位                              残念ながら空位   

全 美 貞  1億 261万円     関脇    △ 李 知 姫    9254万円
韓国勢1の安定度。07も実力を示す            伸び悩んでいながらも結果は残す実力者
   

辛 炫 周       9145万円     小結     ◎ 横峯 さくら  9639万円
1発あり!。一気に上りつめる事も                 最終戦のような戦いなら大関候補。

                              海外は忘れろ   

ウェイユンジェ 6220万円  前頭筆頭  △ 古閑 美保 8632万円
最終日に弱すぎる!。メンタル強化がカギ             実力はかなりの上位。

                              しかし、何か物足りない   

福島 晃子      8136万円      2枚目    ◎ 中田 美枝  5996万円
圧倒的な質の高さ。実力は今でも大関級!       安定したスイングは不動似!。

                              強気が欲しい   

× N・キャンベル   4829万円    3枚目  飯島  茜   5429万円
怖い外国勢。勝はしないが全てが安定している    際立つ成長。魅力満載。

                              要注目!

× 馬場 ゆかり  2610万円   4枚目  △ 上田 桃子  4675万円
小柄ながらも豪快なゴルフ。ハマレば―        気性に問題!。

                              でも、それが最大の魅力 

× 諸見里しのぶ 4639万円   5枚目  × 茂木 宏美  4302万円
大器!。後は集中力の持続               勝ち遠い。されど

                                                                   ショットの斬れは素晴らしい!

T・ダーディン  2134万円   6枚目  ○ 西塚 三希世 3872万円
日本向きのゴルフ!。1番怖い存在かも        強い意志を前面に!。

                              大物を喰う可能性大 

服部 道子    3617万円    7枚目  × 上原 彩子   2251万円
この位置ではいけない!。実力は上位        伸び切れない。

                              結果を恐れずに攻めろ!

× 藤田 幸希    3124万円    8枚目  × 北田 瑠衣   2750万円
潜在能力の高さはJLPGA №1。後は練習で!  結婚で安定感が増す事を期待。

                              良い結果に繋がれば

注目度 №1 伸び盛り真っ最中! 

安定度抜群 この人たちを中心に回る

伸び切れない きっかけを掴めば 

× 1発に期待!。 ハマレば大変な事に 
       
今回は、2006年度をふまえ期待を込めた2007年度はじめの番付。3役以下は正直ドングリの背比べ状態。最終的に番付けにどんな変動があるのか?。◎の選手には要注目!。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »