« 読売新聞に是非読んで欲しい記事があります。 | トップページ | キノコ大収穫!クリタケ三昧 №Ⅱ家庭で出来るキノコ栽培。 »

これまた衝撃。どうなってるんだ?ハッキリさせろディープ陣営!

日本最強馬として活躍しているディープインパクト。年内引退の報道に衝撃を受けたばかりなのに、今回は更なる衝撃。芝の世界最高峰のレース凱旋門賞で3位ながら好走したディープインパクトに薬物疑惑が浮上している。

最悪の結果になるのか?

フランス競馬界では禁止薬物のイプラトロピウム(気管支拡張剤)、JRAでは禁止薬物に指定されていない。馬の健康を維持する為には多少の薬物投与は必要不可欠なのかもしれない。しかし、これはあくまで治療目的において言える事であって、決してレースを左右する状況下での使用はあってはいけない事だ。(注、フランス競馬界では薬物使用は基本的には全面禁止)

イプラトロピウムがレースに影響を与える因果関係は今の所解明されていないらしいのだが・・・何とも後味の悪いニュースが流れてきたものだ。フランスでは禁止されている事ぐらい調べていない筈は無いと思うのだが・・・。

これだけファンの多い、注目を浴びている同馬の事情を一番知っているはずの関係者のコメントがハッキリしたものが一つもないのはどうなっているのか?

ハッキリさせろ!ディープ陣営!

ディープインパクトの凱旋門賞の成績が失格処分になる事がほぼ決まっている模様。調教師などの処分も検討されているらしい。残念なニュースだ・・・。

国内外含め最近競走馬が突然亡くなると言うニュースも続いた。先ほどは因果関係という言葉を使ったが、治療目的の薬物が結果として・・・・という因果関係の可能性は?副作用のない薬はないだろうから

もう1つ個人的に心配している事。それは・・・

ディープはこのまま走らずに引退の可能性も・・・

加熱しだした競馬熱も今回の出来事で冷めるのが早そうだ。

Bu_or ソウルオリンピックで男子100Mのベン・ジョンソン(カナダ)が大きな記事になった薬物使用(アナボリックステロイド=筋肉増強剤)。昨今の陸上競技界でも乱用され続け、一向になくならない薬物。薬物使用に際しては、細かい決め事をするのではなく、解りやすく全てを禁止にすればこういった事態を防げるのでしょうね。

|

« 読売新聞に是非読んで欲しい記事があります。 | トップページ | キノコ大収穫!クリタケ三昧 №Ⅱ家庭で出来るキノコ栽培。 »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141572/12354369

この記事へのトラックバック一覧です: これまた衝撃。どうなってるんだ?ハッキリさせろディープ陣営!:

« 読売新聞に是非読んで欲しい記事があります。 | トップページ | キノコ大収穫!クリタケ三昧 №Ⅱ家庭で出来るキノコ栽培。 »