« 逃げ得くとは・・・トホホ(-_-メ)な日本の法律 | トップページ | 長野県には副知事2人は不必要 »

こうすると飲酒運転と判断される

お酒が飲めない私にとってはほぼ無縁の法律。調べてみるとやはりあいまいな内容だった。

最近は多々報道されている事から誰もが知っているであろう呼気1㍑あたり0.15mg未満酒気帯び運転。それ以上が酒酔い運転。0.15mgとはいったいどれ位の量なのか?正直な所、ビール何杯分などのおおよその数字はあるが、明確な数字は無いらしい。と言うか教えてもらえない。へ~、それ位なら大丈夫なんだと判断されたくないからだ。

お酒に強い人もいれば弱い人もいる。仮に弱い人が0.15mg以下の数値であったとしても検査結果で安全に運転できないと判断された場合には

酒酔い運転と判断される事をご存知だろうか?

要するに、酒の弱い人間が少量飲んで運転した場合と、酒豪の人間が大量に飲んで運転した場合が一緒の刑になる事もあるのだ。

安全に運転できないと判断するのは誰?検査する警察官それぞれ感覚が違うのでは?。はっきりとした定義があるようでない事実。

飲酒運転は車を発進させた所でそうみなされる

酔っていてエンジンをかけて駐車場などで休んでいる場合は注意喚起・予防的処置をする程度しか出来ないと言う。要するに、警官を目の前に車中でどんなにお酒を飲んでいたとしても、車さえ発進させなければ逮捕される事は無いという事になる。

『充分休んでから運転してくださいね』

警察はこれ位しか言えないのだ。では聞く、充分とはどれ位を言うのか?

誰の感覚で判断するのか?。警官がいなくなってから発進する事もありえる。だとしたら、警察は知っていながら飲酒運転を見過ごした事になるのでは?

取り締まられている飲酒運転の運転手の言い訳で、充分休んでから出てきたという人もいる。だったらこの運転手は正しいのでは?。

兎に角、今の法律ではあいまいな判断しか出来ない現状なのだ

飲酒運転ほう助とみなされる飲食店への取り締まりも強化の検討らしいが、ドライバーを取り締まる事の出来る警察官でさえ『充分休んでから運転してくださいね』としか言えないものを大事な売上のお客様に対して飲むなとは言えないでしょう?死活問題です。補償問題に発展する事もありえる!。

いずれにしても、取り締まる矛先が違う気がします!。1にも2にも悪いのは運転手である。それをどうするのかに力を入れて考えていく事が近道であって、酒を提供する側の取り締まりは二の次ですよ。

本当に飲酒運転を根絶させたいのなら、この世からアルコ-ルを無くせばいい!。

↑こんなのはツマラナイ議論だ!

楽しいお酒の場もあるのに残念だ。『お酒を飲むなら飲まれるな!』とは昔の人は良く言ったものだ。本当にいい教訓だと思う。お酒が悪者なのではなく、それを利用する側が悪者なのだから。

Kinjyonoaki_0053_1

今回の罰則は道路交通法が適応され、最高でも3年以下の懲役、50万円以下の罰金程度しかならない。こういった人達の事故は不慮ではなく故意でありやはりもっと厳しくする必要があるとしか思えない。

|

« 逃げ得くとは・・・トホホ(-_-メ)な日本の法律 | トップページ | 長野県には副知事2人は不必要 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141572/11906715

この記事へのトラックバック一覧です: こうすると飲酒運転と判断される:

« 逃げ得くとは・・・トホホ(-_-メ)な日本の法律 | トップページ | 長野県には副知事2人は不必要 »