« ♪もうどうにも止まらない♪タイガー・ウッズ! | トップページ | 日本女子プロゴルフ選手権関連の紙面に面白い記事が載っていました。 »

サッカーのアジア杯予選と日本女子プロゴルフ選手権の共通項とは?

サッカーのアジア杯予選は辛くもロスタイムで勝利を収め本戦出場を決めた。日本女子プロゴルフ選手権は悪天候の為サスペンデットに。2つの別競技ながら大会では意外な共通項があった。

コース、ピッチ上が相当荒れていたらしい

オシム語録が注目されている中、試合終了後のインタビューで

『ピッチが荒れすぎていて他の(試合)仕事に来たみたいだ』

と残している。ゴルフでは、樋口会長はじめ開催に携った日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の関係者も、渋い表情でコースの不具合を口にしている模様。某紙面も盛り上がりに水を差すとコース状況の悪さを記事にしている所さえある。

確かに綺麗なピッチ、コースと言うのは観ていて気持ちは良い。しかし、プロたる者!その状況であったとしてもベストパフォ-マンスをするのが仕事なのでは?。以前にも言ったが

『競技をする場所は、全ての選手に平等!』

オシム監督も苛立ちの中からつい口走ってしまったのかもしれないが、ピッチの責任にだけはして欲しくなかった。きっとサッカーで世界のトップチームなら、今回のピッチであったとしてもなんら問題なく得点を重ねた事でしょう。ドリブルが駄目なら空中戦!セットプレー!別の方法で!試合を組み立てた事でしょうね

日本女子プロゴルフ選手権は、荒れたコース&悪天候の中でのプレーで注目の宮里藍プロはで暫定ながらトップと2打差の-3で2位タイ。大山志保プロは-2で4位タイ。不動裕里プロは-1で9位タイと混戦模様(^.^)!。

悪条件であったとしても中々の試合内容を披露している選手達。大山、宮里両プロは1日-4を目標にしているらしい。悪条件の中であってもだ。

要するに、ピッチやコースのせいにするのはプロとしての意識の問題!と言う事になるのでは?

ブラジル代表で2年連続のヨーロッパ最優秀選手などに選ばれているロナウジーニョはとてもサッカーが出来るような場所ではない路地裏などで幼少を過ごしていたと言う。そう言う選手に今回の事を聞いてみたいものだ。いったいなんと答えるのだろうか?

マスコミを意識していない本心を聞きたい!

そう言えば、甲子園を賑わせた球児達がアメリカ遠征をしている。そこでも力投・熱投をしている斎藤・田中両投手!。メジャーのスカウトも注目していると、マスコミもこぞって有名球団のスカウトマンに両投手の評価を聞いていた。答えは良い物ばかり・・・鵜呑みにして喜んだ記事にしているようだが・・・

全てがマスコミを意識した答えだと言うことが解っていないのだろうか?。

『有望な選手』である事は間違いないがメジャーで活躍するのはそんなに甘い事じゃない!。今後どのような成長を遂げるのか?どんな選手が現れるのか?全ての選手に可能性を求めているのがメジャー。一流予備集団の中から篩いにかけ、残ったものがメジャーになる。今から過剰な期待をするのではなく、もっと静観し温かく見続ける事が大事!。

マスコミには、あえて盛り上がりを作ろうとする記事ではなく、もっと正しい情報、コメントを記事にして欲しいと思う。

話は少しそれたが、今回のような状況でも素晴らしい魅入られるプレーをする為には何が必要なのか?プロとはなんなのか?そういった意識が高く、結果を魅せる事が出来る選手が各界から多く現れる事を期待したい。

ただ、ピッチ・コース管理の甘さも否めない!そこもプロ意識としてしっかりする事も大事!

Niwanoaki_002_1

オシム語録と言うよりはつぶやきなのでは?これって・・・オシム監督が野村監督に見えてきたのは私だけ?(^.^)。ちなみに、私は野村監督の野球観が大好きである!だからヤクルトから阪神ファンになった。今は楽天と言いたいが、やはり阪神が面白い!。

|

« ♪もうどうにも止まらない♪タイガー・ウッズ! | トップページ | 日本女子プロゴルフ選手権関連の紙面に面白い記事が載っていました。 »

ゴルフ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141572/11798476

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーのアジア杯予選と日本女子プロゴルフ選手権の共通項とは?:

« ♪もうどうにも止まらない♪タイガー・ウッズ! | トップページ | 日本女子プロゴルフ選手権関連の紙面に面白い記事が載っていました。 »