« あれ?おかしくないですか?亀田は悪くない!。WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ・・・その2 | トップページ | モロコシ収穫&八重向日葵&庭の番人 »

世界戦で以前にもあったボクシングでの不可解な判定

それは、WBA世界スーパーフライ級(旧ジュニアバンタム級)タイトルマッチでおきた

亀田戦の解説をしていた元WBA世界スーパーフライ級王者 鬼塚 勝也氏 のタイトルマッチ(対戦者等は忘れてしまいました(^^ゞ)でのこと。今回同様、微妙な判定ながら負けを覚悟していた判定で、鬼塚氏に軍配があがった。

鬼塚氏のセコンドには、元タレント(そう呼んだ方が良いのだろうか?)で芸術家の片岡鶴太郎氏が就くことで多少の話題性があった。片岡氏もボクシングが大好きで、プロのライセンスを持つほどの実力はある。

話題性を作る事はメディアにとって重要であるが、プロスポーツの真意としてはもっと重要な物がある。人々を魅了する実力!

そんな中で行われたタイトル戦は、今回程の注目は無いにせよ印象に残る試合になった。明らかに劣勢に感じた試合の判定で勝者の名前があがるとざわめき立つ会場。

『え?』

そんな言葉が真っ先だった

その後はマスコミに叩かれる鬼塚氏。しかし、防衛戦で見事にすっきりとしたKO勝利。名誉挽回を果たしたのだった。しかし、防衛戦こそ注目を浴びたが、絶頂の人気を取り戻すことはできなくなっていた。ボクシングファンには冷めた感じすらあった。

亀田選手の防衛戦は今回の事でより注目を浴びるだろう。しかし、本当に怖いのはその後なのだ。熱の冷めるのは早い!。鬼塚氏の二の舞にならないようにするには、どうしたら良いのだろうか?。既に答えは出ているはず。

Himawari_0031_4

さて、ここで私の1番好きだった世界チャンピオンを紹介しよう!。

川島敦志(川島ボクシングジム開設)

元WBC世界スーパーフライ級(旧ジュニアバンタム級)チャンピオンだ。6度の防衛を果たす見事なチャンピオンで、パンチの技術も凄いが、何よりディフェンスが相当に凄い!。どう凄かったのか?。

パンチをもらっても、自ら顔をひねりダメージを軽減させるのだ。

是非観て貰いたい!。本当に凄い!。

7度目の防衛で失敗し引退・・・まだ出来たはずなのに・・・。本当に強い、技術のあるチャンピオンだった。

他には、有利アルバチャコフなんかも好きだったな~。

そうだ、軽井沢には元世界チャンピオンが住んでいる。WBAスーパーフェザー級のチャンピオン上原康恒氏だ。ゴルフ場勤務時何度も話しをさせてもらったが、本当に紳士でいい方だった~。現在はお店を経営されている。

Himawari_005

|

« あれ?おかしくないですか?亀田は悪くない!。WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ・・・その2 | トップページ | モロコシ収穫&八重向日葵&庭の番人 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141572/11288639

この記事へのトラックバック一覧です: 世界戦で以前にもあったボクシングでの不可解な判定:

« あれ?おかしくないですか?亀田は悪くない!。WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ・・・その2 | トップページ | モロコシ収穫&八重向日葵&庭の番人 »