« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

困っている人が多い腰部椎間板ヘルニア

我ブログを閲覧してくれる人の中で多いのが腰部椎間板ヘルニアに関しての記事である。

人間が2足歩行になった時点からあったと思われる腰部椎間板ヘルニア。昔の人々は痛みを我慢し、前かがみの姿勢を維持しながら、ひたすら畑仕事に精を出していた。だから腰の曲がった人が多くいた。

人間界以外でも同じ事が起きている。それはショーをしているサル達だ。もともと2足歩行でないものを無理やりさせている事で症状が発症する。

さて、この腰部椎間板ヘルニアだがいったいどれ程の人間が苦しんでいるのであろう(^^ゞ。病名を宣告されれば『そうだったのか~』とわかるのだが、知らないまま生活している人も多いのでは無いだろうか。ま、知らないで生活できるような症状なら無いのと一緒か・・・。

以前、私の症状に関して記事を書いてあるが、痛みはそうとうある!。左足の運動神経麻痺がある他、筋肉をペンチでツマムような激痛が24時間永延に続くと、精神的にも参ってくる。本当に悲惨な状況であった。

医者には絶対安静!即手術!と診断されたが、私はその選択肢を選ばなかった。今はそれで良かったと思えるが・・・当時の我慢という我慢は本当に大変だった。どんな我慢か?

何もしなくても激痛!。あまりの痛みで眠れない日々!。多少良くなった頃に始めたリハビリに伴う激痛!。中々上手く進まないリハビリの苛立ち!。

約2年の我慢が必要です!。

私は腰部椎間板ヘルニアに困っている人にはこう言いたい。

『時間が作れるなら手術はしない方が絶対に良い!。2年間を有効に使う。じっくり身体を休め、そしてつくる事』

そうすれば、腰痛の不安はあるもののゴルフもスキーも適宜に出来る生活が送れます!。

そして、手術の選択を選ぶのであれば内視鏡で行なわれる手術をすべきです身体にも負担が少なく、術後直ぐに退院できる手術方法です。昔は、1部の大学病院でしか出来なかった技術であるが、現在はその数も増えている

ただし、手術成功の度合いは個々の医者の技術によって左右される訳だから、その辺は診察の段階でよく聞くべきである。一番重要なのは、自分の状態をしっかり伝える事です。それによって選択肢が変わる事もありますから。対応の悪い医者は大した技術は無いですよ!。

このケガに悩んでいる人多い事でしょう(^^ゞ。あらゆる事情を察します!。私も色々ありましたが、現在は程好くスポ-ツも楽しめる状態で暮らしています。皆さんも安心して下さい!。今は大変ですけど、絶対に良くなりますから!。・・・上手く伝える事が出来ない事に歯痒さを覚えます・・・

Himawari_005_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大山志保、大記録!と鈴木規夫プロのナイス解説!

ゴルフでは国内外から凄い結果が出てきましたね!触れない訳にはいきません!。そして、国内男子ツアーのTV解説・鈴木規夫プロの一言が好印象!

まず、国内の大記録から。

女子ゴルフ・ヨネックスレディース(新潟ヨネックスCC 6329yrd par72)最終日が行われた。優勝をしたのは大山志保プロで2位に3打差をつける完璧な内容!。これにより、ツアー通算8勝目、今季5勝目、月間3勝と言う素晴らしい結果を示した。

(年間5勝は不動・宮里両プロが記録した大記録。ちなみに年間最多勝利は不動プロの前人未到の10勝!。月間3勝は大山志保プロが初めての偉業!)

先週のペナルティ-はご愛嬌(本人はそうとうショックを受けていたが)と言っても良いくらいの横綱相撲!。本当に強いの一言に尽きる!。今や女王・不動プロに肉薄している。新女王誕生と言っても過言では無い!。昨年末、期待の筆頭に名前を挙げていた選手ではあったが、1年で凄い選手に成長したもんですね~完全本格化した実力にはホント驚きです

軽井沢でサインを貰う際に一言声をかけた

『新女王期待しています!』

すると間髪いれず

『頑張ります!』

私の目を見て笑顔でいってくれた。本当に強い意志を瞳から感じた。そして、この大会も見事に優勝!。・・・先週もペナルティーが無ければ・・・月間完全優勝もありえましたね(^^ゞ。凄いプロです。

第39回、日本女子プロゴルフ選手権大会(メジャートーナメント)が9/7~4日間北海道で行なわれる。ディフェンディングチャンピオンでもある東の横綱・不動裕里プロを、海外で奮闘中の西の横綱宮里藍プロを、万全な状態で猛追するであろう新横綱・大山志保プロ3者の3つ巴の戦いは目が離せない!。地元開催なら確実に4日間観に行くのに・・・残念だ

海外からは宮里優作プロが1Rで2度のエース(ホールインワン)を達成する。PGA史上初の快挙。当然技術に裏打ちされる事でもあるが、一番は運と言っても良い!。強い見方を手に入れたわけですから、結果も期待したい所ではあります

そして、男子ツアー・アンダーアーマーKBCオーガスタゴルフトーナメント(福岡芥屋GC 7125yrd par71)では、手嶋多一プロが3年振りのツアー優勝(ツアー4勝目)を地元で飾った

TVで中継を観ていた。そこでプレーヤーズゲストに呼ばれたすし・石垣プロに対して言われた鈴木規夫プロ55歳(解説者・鈴木プロはツアー通算20勝を誇る実力者)言葉に好印象が持てた。すしプロは、海外ツアーで名前を覚えてもらう為に、あえてそう言う選手名登録をしているのだが、実力は・・・。目立ちたがり屋の彼は、今回も、ショット後に踊りだしたりする奇抜なパフォ-マンスをしたりしていた。

同局のアナウンサーはその話題で盛り上げようとしたのだろうが、鈴木プロ一喝される

『パフォ-マンスも良いが、プロなら結果を出さないとな!。今回はパフォ-マンスだけだったな!』

その場はヒンヤリとした空気が流れた感じだったが、私には本当にいい言葉に聞こえた新人プロに一喝できるベテランもいるんだと安堵した。何を聞くべきか、何を惹き出すべきか局アナももっと勉強した方が良い!。そして、プレーヤーズゲストには話題性だけの人間じゃなく適任者を呼ぶべきである

さてさて、益々面白くなってきた女子ゴルフ界。今季、大山プロがどんな大記録を残すのでしょうか。常勝・不動プロが記録を持っている年間の記録の全てを塗り替えそうな勢いですね。最終戦まで目が離せません!。

Himawari_004_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀田兄弟への酷評は、彼らが嫌いだからじゃない!

私の記事の中でアクセス解析を見ると、亀田兄弟に関するものが非常に高い事が良くわかる。正しく伝わっているのか不安になり、ちゃんとした本心を伝える事にした。

亀田兄弟が取り上げられたのは5~6年前某TV局親父さんが近距離で、息子達に向けて投げる卓球のボ-ルをよける姿を思い出す

当時、ボクシング界は日本人チャンピオンは僅少でイマイチ盛り上がりに欠けていた私には、アマチュア社会人の全国大会に出場する親友がいる。アマからプロまでの話を良くしていたものだ。当然、亀田兄弟の話も昔から良くしていた。

『ボクシング界、期待の兄弟!』と。

なぜ酷評ばかりするのか?。それは簡単な事、期待し続けているから

兄・興毅は3階級制覇を目論んでいる!。もし実現した場合、それは途轍もなく凄い事!。この階級は激戦で、そうとう難しい!。辰吉丈一郎を破り何年もチャンピオンであり続けた最強ウィラポンですら、やろうとしなかった偉業。そういう事からも難しいという事が良くわかる。

次男・大毅は8回戦ボーイ現在は世界ランキングすら付けて貰えない状況。しかし、こんな所でつまずいている様な実力しかない選手じゃない!。だからこそ、着実に力をつけて世界チャンピオンへ向かって欲しい!。勝つ事は嬉しい事!今すべき事はひたすら勝つ事!ランキングをもらえる様になる事!。世界チャンピオンへの近道はそれしか無いのだから。

親友がこんな事を言っていた事がある。

『この前、ジムにいるチャンピオンとスパーリングする機会があったんだ。自分を試そうと思ったけど・・・段違いだった・・・凄いよ』

グローブを交える事で、直ぐに相手の実力が判るそんな世界。グローブで会話をしているんですね。

興毅もランダエタとの再選が決定した!。しかし、今回は更なる試練になる事でしょう。既に1戦交えているわけですから、お互い相手の手の内は良くわかる。差が出るとしたら経験以外に無い。すると、元チャンピオンの挑戦者が実力を発揮するでしょう!。興毅も自信があるようだが難しい試合になるのは間違いない。

大毅は8回戦で喜んでいる場合じゃない!。次回は世界ランカーとの対戦をするらしいが・・・そして、なにやら記者に言っていた様だが・・・。そうだ、親友はこうもいっていた

『日本チャンピオン東洋太平洋チャンピオン世界チャンピオンなんだけど、それぞれの差はかなり大きい!。東洋太平洋Cになるにも大変だけど、世界チャンピオンとの差は・・・という位違う。』

東洋太平洋チャンピオンクラスのボクサーが世界ランカー。果たして今の実力で大毅は戦えるのか?。今は実力のある日本人プロと戦った方が良い!。苦戦してでも、泥臭くても勝つ執念をみせ、まずは日本タイトル!。3度防衛し東洋太平洋チャンピオン!。ベルト返上後、3戦して世界戦!。確実に着実に実績をつける事が大事!。あの興毅ですら経験不足がたたった前の試合同じ過ちを犯してはいけない!。

興毅・大毅共にやる事はいっぱいある!。3男も入れた3兄弟での世界チャンピオンの夢は可能なんだから!。歌なんか歌っている場合じゃない!。

亀田兄弟の事は嫌いじゃない!。しかし、間違った方向に行きかけている現状には納得できない!。

誰もが知っているであろう『マイク・タイソン』は本当に強かった!。ヘビー級でありながらも華麗なフットワ-ク・異次元のパンチ力でしばらく続くと思われたタイソン時代あっけなく幕を閉じる。世界チャンピオンになり、取り巻く環境が大きく変わり、大金を手にするタイソンを利用しようとする人間が多く集まる。すると、ボクシングに集中する事が困難になり、簡単にチャンピオンベルトを奪われる。すると、女に溺れ、騙され、仲間に裏切られ酒・薬物につかる。タイソンには悪影響しか残らず何年も刑務所で生活するハメに。今はただの過去の人・・・。

東京ドームで行われたマイクタイソンの初めて試合。相手は・・・忘れたが鮮烈な印象で今もダウンした相手のシ-ンは覚えている。

『右ボディー1発でガードが下がり、あいた右顔目掛けた右フック1発』

完璧なKO勝利!だった。相手選手のこめかみはタイソンのパンチで切れていた。バッティングではなくパンチで切れるのはあれ以来目にしていない。

亀田兄弟を利用しようとする人々はマスコミをはじめ多くいる。しかし、利用しようとしている事も事実!。そうなった場合、バッシングは覚悟しないといけない。マスコミに

『相手選手は噛ませ犬なんじゃないのか?と言っている人もいますが』

の質門に切れ

『だったら、そいつを連れて来い!。俺よりも早く倒してみせろ!』

そして、大毅は

『ボクシングを知らない人が見たら、ヤラセなんじゃないかと誤解するだろ!』

こんなコメントは愚の骨頂!。試合はどんな人が見るか解らない!。沢山の人がどう感じるかも解らない!。結局は試合を魅せる人の問題!。大毅よ!黙らせるには結果しかないんだよ!。

とにかく、亀田兄弟にはタイソンのようになって欲しくない!。

プロ野球界が良い例で、面白いコメントを残そうとし、マスコミに注目を浴びた選手に大成した者はいない!。ま、引退後に大成する人は多くいるが・・・。プロとして何をしたかったのかは疑問!

あるボクシングの現役王者が言っていた。

『亀田よ!BIGマウスをするのは別に構わないが、言うならその通りやってくれ!出来なきゃ言うな!。俺はいつでも君と戦うよ。統一チャンピオンをかけてね(^.^)』

不敵な笑みだった。

『不言実行』『有言実行』

はどちらもカッコ良いと私は思う!。程度にもよるが、多少のパフォ-マンスも良いだろう!。しかし、ファンが本当に魅たいのは良い試合、強い亀田!だという事を今一度思い出して欲しい!。今必要なのは

『原点回帰』

卓球の球を真剣によけていたあの頃の亀田。本当に可能性を無限に感じさせたあの頃の様な真っ直ぐなボクシングを思い出して欲しい。

酒・女・ギャンブルやるのも良い!。しかし、引退してから好き放題やれば良い!。

大好きなボクシングを楽しく観る為に亀田が必要!。しかし、現状は不満足!。今後も厳しい目で観て行きたい。

叱咤激励という言葉があるように、優しくする事だけが優しさじゃない!。それぞれのスポーツの本質をよく理解して欲しい。一生懸命な人間にバッシングは絶対に良くない!。

Himawari_006_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感動!高校野球。魅せられるプロの技術。スポーツって良いですね。

夏の高校野球決勝!球児の熱戦、死闘に感動した!。手に汗握る白熱した試合は高校野球の球史に残る一戦に。

海外では、PGA今季メジャートーナメント最終戦全米プロ選手権(メダイナCC 7561yrd par72)が行なわれ、タイガー・ウッズ圧倒的な強さを魅せ優勝!。ハイレベルな技術には魅せられる。しかし、今回ばかりは球児の方が上でしたね

昨日の延長15回の熱戦クギヅケになった。そして今日、最後の最後まで解らないスリリングな試合を見事に制した早稲田実業高校投手、守備力を遺憾なく発揮するチームプレーの高さは野球の大事なもの皆に教えてくれましたね。初優勝!全国制覇本当におめでとう!。

そして、最後まで諦めず、正々堂々と自分達の力をぶつける見事な勇姿を魅せてくれた駒大苫小牧高校本当にありがとう!。準優勝と言う結果には満足していないでしょう。でも、あなた達は素晴らしいものを魅せてくれました。あえてこの言葉を『見事な準優勝!おめでとう!』

駒大の強力な打線を封じた、早実のエース斎藤君素晴らしいピッチャー!。昨日の最後のバッターに投げた147km/hは、延長15回、160球を1人で投げきったピッチャーの球ではなかった。そして、今日も最後のバッターに投げた魔球!素晴らしかった。先日、人を惹きつける『火の玉ボ-ル』の話しをしたが、斎藤投手も同様のボ-ルを投げていた。甲子園で1000球もの球を投げきった斎藤君お疲れさん!とにかく今はクールダウンが大事!まだ先があるんですから!。更なる成長を楽しみにしています

駒大は昨年、色々な問題が表出し、春を棒に振ってしまった・・・。もし、センバツに出場していたら違った結果になっていたかも・・・とも思うが、現役選手の失態ではないものの、センバツ辞退は個人的には仕方の無い事と思っている。今回、初戦から本調子ではないながらも決勝に駒を進め、決勝戦では人々を惹きつける事のできるプレーを魅せる所はプロ顔負け!。本当に素晴らしいチーム。良くやった!。

兎にも角にも、決勝戦2試合は、平成の怪物・松坂投手夏の甲子園、決勝戦で成し遂げた素晴らしい記録であるノーヒットノーランの時に感じた緊張感を遥かに凌駕する緊迫した内容だったように思う。正直、高校野球を観て初めて身震いした。そう感じた人も多いのでしょうね。

プロ野球界甲子園には逸材がいっぱい宝庫な訳ですから芽を摘むことの無いように!!強く言いたい!

プロも、アマチュアも、人々に魅せる事のできるプレーをするにはそうとうな努力、実力が必要!。簡単には出来ない事。日頃の努力があってこそ成しえる事で、プレーを魅せる事でそれを想像させるからこそ感動する。魅せられた時その余韻がなんとも言えずに気持ちが良い!。

その余韻を味わえないのがこの試合

昨日、プロボクシングの亀田大毅(3兄弟の次男)スーパーフライ級8回戦に出場した。見事1R1分45秒でKO勝利をあげたが・・・。その後、上手くも無い歌を披露・・・もっと魅せなきゃいけないものあるでしょう?。今回の対戦者はフライ級のインドネシアチャンピオンだと言うが、実力は日本の8回戦以下。KOしたとは言え・・・なぜ日本人と戦わないのか?もっと強い8回戦戦士は間違いなくいる。別に日本人対戦者がいないわけでもないだろうに、無名の海外選手と戦うのはどうか?。

理由は簡単!日本人選手は技術が高く戦い難いから

一生懸命やった試合なんだが、感動できなかった。燃え上がった亀田人気の炎も下火になってきたのか・・・。

もう一度言う

プロも、アマチュアも、人々に魅せる事のできるプレーをするにはそうとうな努力、実力が必要!。簡単には出来ない事。日頃の努力があってこそ成しえる事で、プレーを魅せる事でそれを想像させるからこそ感動する。魅せられた時その余韻がなんとも言えずに気持ちが良い!。

Himawari_0031_9

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アジア・ジャパン沖縄オープンが中止に。駄目ゴルファーの寝言・・・その64

昨年12月、宮里藍プロの参戦で注目を浴びた?今季の男子ツアー初戦アジア・ジャパン沖縄オープンが来季(本年12月)より中止になる事が決まった男子ツアーの人気低迷による冠スポンサーが見つからない事が大きな要因になったようだ。

昨年、宮里藍プロの男子ツアー参戦反対の寝言(寝言18にて)を書いた。稲嶺県知事は当時『沖縄の振興の為』と言う事で宮里プロに参戦依頼をしていた。しかし、今回の事で結局の所『客寄せ』の為だけに使われたと言う事がハッキリした。

苦しい台所事情は言わなくても解る!。沖縄に人を呼び、観光発展の望みをゴルフに抱いた事も悪い事では無いと思う。しかし、やり方が嫌だよ!。

『人気絶頂の宮里プロを参戦させれば、スポンサーも付いてツアーの継続ができる!』

そんな安易な発想をした事が容易に想像できる。

稲嶺知事は同大会の実行委員長を務めている。結局の所、今回の事態は他力本願が主体で、大会運営の努力をしなかったが為におきた必然の出来事としか良いようが無い。大会運営サイドはギャラリーの生声を聞いているのでは?アンケートも採っているのでは?それを反映させているのでしょうか?

宮里プロも、同ツアー参戦で調子を崩し思うような結果に至っていない。やはり、あの時期はゆっくり身体を休める事が必要なのだ。若さは関係ないのだから。

では、同大会の復活はどうしたら良いのだろうか?

沖縄の現状を良く知らない私の個人的見解だが、沖縄全体で協力してもらう他は無い。今回、72ゴルフを観戦してみて思った事は、3日間のチケット代が10,000円。家から近くそれ以上の出費が無いから安く感じる。では、沖縄に行くか?と聞かれたら・・・

『沖縄まで行ったら、いったい幾らかかるのだろう?』

庶民には、そんな心配がつのる。結局の所、お金なのだ。

5日間の宿泊(1泊2食付き朝夕)全観戦チケット付き、大会終了後、次の日のトーナメントコースプレイまで付いた超激安チケットの発行。

セレブに照準を合わせた豪華食事つき、毎日の観戦後にアロマ・テラピー付き優雅に観戦超セレブでリッチなチケットの発行のどれかしかないでしょうね。

ま、役に立たない草案だと思うし、私が知らないだけでこういったツアーはあるのだと思いますが、そんな努力の中それでも集客は駄目だったのでしょうね。そして、スポンサー探しも・・・。

こういったニュースが流れると、男子ツアー離れがいっそう加速しそうですね。残念です。ただでさえJPGAを始めとした不祥事で打撃をうけているのに・・・。

技術からコースセッティングまで、何から何まで男子ツアーの方がはるかに女子ツアーの上を行くのですが・・・人気回復難しそうですね。選手とファンの為にも、運営する組織の改革が必要です!。必ずヒントは転がっていますよ。

Himawari_0031_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEC 軽井沢72ゴルフの観戦で感じた女子ゴルフ界の展望

JPGAの不祥事が公になり、益々ファン離れ、スポンサー離れが予想される男子ツアーに反して今後も大きな期待が持てる女子ゴルフ界と多少の不安

3日間の観戦を通して感じた事。

1つ目は、ギャラリーの中で初めてゴルフに興味を持った人が多くいたということ。その人達は、選手のプレーに惹かれ一挙手一投足を吸収しようとしている。

あれは何をしているの?なぜなんだろう?というゴルフのプレーに関して知ろうとする興味を持ってもらうことは非常に良い事で、プロからゴルフの本質を学ぶ事が素人には1番素直になって学ぶ事ができる機会になる。何を学ぶのか?

それは、ゴルフファン全員がゴルフを楽しくプレーする、ゴルフを楽しく観戦するに当ってのマナーに関してだ

彼女たちは、身をもって表現してくれていた。それが浸透する事を願いたい

2つ目は観戦していたギャラリーの目。民族大移動とも思える大移動!があった。優勝した大山志保プロの組だ。初めて気づいたが、彼女の人気は非常に高い!。ランキング1位という事が話題なのかと思いきやそうではなかった。

『大山の球って凄いよな』

と言う声を本当に多く聞いた。要は、彼女のショットに惹かれているファンが多いのだ。以前、ブログ内で気持ちが入った球を打つと言った事があるが、そう感じている人が多いのだ。ファンに対する姿勢も横柄ではなく、感じの良い選手だからこそよりファンが付く。

プロ野球界、阪神タイガースの藤川投手に対する表現で、オリックスの清原選手が言っていた『火の玉ボール』と言う言葉。それが彼女にも当てはまる気がする。

両選手とも、素晴らしい火の玉ボールでファンを魅了する!

冷静に素直にプロの凄さを感じているファンが多くいた事、現在の女子ゴルフの人気が話題や人気先行ではなかった事に素直に驚いた。今後、面白そうな選手が続々出てきている女子ゴルフ界は本当に面白い!。

しかし、気になる事もある

やはり、観戦マナーが第一にあげられる。JLPGAもっと大きな声をあげてギャラリーに訴えても良いのでは?。それをしたからと言って、人気が下がる事は無い!。悪質なギャラリーに選手が気を配ることの負担が減る事で、もっと良いプレーを見る事が出来て更に人気が上がるのでは?。会員である選手を守る事!1番必要な事ですよ!樋口会長。

そして、何かあったときの連絡形態ですね。他のツアーでは完璧なのかもしれませんが、今回のような事があると、TVで観れば良いやと言うような事にも。ギャラリーに対して十分な説明は果たしてもらいたいものです。説明の責任は重要ですよ!。TVで観れば良いやと言う感覚がファンに出始めたとき

プロ野球やゴルフ男子ツアーの人気低迷と同じ道を歩む事に・・・。

今回の観戦で、ゴルフ人気を肌で感じたが、安心しきっていると足元をすくわれる。ファンの目は確かですよ!。前回も言ったが、大会を盛り上げるには大会運営側&選手&ギャラリーのトライアングルが重要なのだから。そして、そのトライアングルが強固な物になると良いのだが。にしても、大きな期待の女子ゴルフ界である事は間違いない

Hanabi_0421

いとことその子供が帰省し、私の家で、夜に近所の子供達を呼んで花火をした。子供達への花火が、いつのまにか大人の方が楽しんでいた。童心て良いですよね(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEC 軽井沢72ゴルフ最終日。約4,000人の大観衆!

昨日のゲリラ雷雨によるサスペンデットで今朝6時30分から残りのホール11時20分から予選通過者による決勝ラウンド本日も雷雨の可能性が高いと言う事でホール短縮9ホールでの最終日となった

実際の所、本日のホール短縮は、地元の人間が感じるには最終組の日没サスペンデットの可能性の方が高い事を考慮して、雷雨を理由付けした気がする。

それぐらい、今日は軽井沢らしい空気の中でのプレーだった

気になる結果だが・・・各自ニュースを確認いただきたい。今回は本日観て来た選手の評価をしてみたい。

2日目の残りは朝6時30分から8番ホールより始まった。観戦したのは北田・茂木・塩田プロの組。

北田瑠衣プロは以前から言うように、非常に綺麗な真似のしやすいお手本のスイング。ショットは安定しているが、どうもラインが読めていない感じキャディーの責任もある。北田プロの復活はパット次第!。

茂木宏美プロ家族総出の応援もあってか、集中できている様子。それだけではない。努力に裏打ちされた正確なショットがスコアを伸ばす!。特に突出した何かを感じるわけではないが、全体的に全てが平均以上の精度!。小柄な選手が常に上位に顔を出すには・・・その努力を察する。3勝目!期待しています!。

塩田亜飛美プロパットが凄い!。とにかくショットにブレがありもっとスコアを崩していそうなものの、長いパットを簡単に完璧に決めていた!。出入りの激しいゴルフが持ち味なのかもしれないが、もっとショットの精度を上げてほしい!。パットが良いのだから。いずれにしてもキャディーのラインお読みが大きく左右される事が良くわかる

最終日は藤田・中田・木村プロの組についた。

藤田幸希プロはやはり左右のスウェイが気になる。ただ、初日よりは大人しくなった感じ。リズムさえつかめれば大きくスコアを伸ばせる爆発力がありそうな感じ。№16、№18のバーディーは完璧!。攻めるゴルフを今は多くして欲しい!。やはり潜在能力は高い!

中田美枝プロは北田プロ同様にお手本のスイング!。残り2日間はスコアは伸びなかったが、展開のアヤであったりもするので仕方の無いこと。パッティングがかみ合わなかったですね。しかし、大山志保プロの後を追うべき実力者になること請け合い!。今はまだ前頭だが

木村敏美プロはベテランの風格。距離も出るので迫力を感じる。しかし、今回は子供をキャディーにつけていた事が気になった。全くのど素人キャディーにすべきではない。もう少しプライベートでの実践を積むべきだった他の選手への影響もあった事は間違いない!。でも、彼がキャディーとして、ゴルファーとして成長する姿も本当に楽しみだ!来年も待ってるよ!。ご苦労さん!

私としては、初めての3日間を通しての観戦となった今大会。色々あったが、本当に良い経験になった。選手、キャディー、観客に色んな人がいることも実感した。終わったばかりだが、来年の観戦も決めた!面白かった。ウズウズ・・・早く自分のゴルフを再開したい

_002

回の観戦で貰ったサインキャップ!。1人に1個を用意したので1万円以上も帽子代にかかった。観客の中には1個の帽子にたくさんの選手のサインを貰っている人もいる。どうも私としては理解に・・・。ともあれ、これは大事にとっておく事にする(^.^)。

ちなみに、今までの仕事柄色んな著名人に接する機会があったが、今まで1度も貰った事の無かったサイン。今回は非常にワクワクしました。皆、本当に感じの良い選手達ばかりでした!。益々応援したくなりました!。(左から茂木宏美プロ、北田瑠衣プロ、大山志保プロ、中田美枝プロ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEC 軽井沢72ゴルフ2日目終了!。今日は色々ありました(^^ゞ

昨日の軽井沢もらしくない天気だったが、今日もまたそうだった。突然のゲリラ雷雨!!でほとんどの選手がホールアウトできずに競技は終了!。明日の6時30分からの再開となった。結果等はこちらをご覧下さい。

色々とあった半日になった。昨日もそうだったが、観戦マナーの悪い人が目立つ!。

『ギャラリーのカメラ等の持込や撮影禁止』

とされているにも関わらず、練習や競技中『パシャリ!』とやっている人がいる。昨日は横峯さくらプロがお客にきちんと対応していた。本来はスタッフが行なうべき事なのだが・・・。

今日は、北田・茂木・塩田プロの組についた。1番ホールのグリーン脇でカメラを撮影しようとしている中年夫婦がいた。スタッフも注意をしないのでおもわず私がしてしまった

『駄目ですよ』

アドレスに入ろうとしているのに動き回るギャラリーを注意できないスタッフ。おい!大丈夫か?

プレー中、雷が鳴りだし競技中断のブザーが鳴る。しかし、スタッフはギャラリーに一切の説明はしない

『雷が接近している為、競技は一時中断します。皆さん避難・移動してください』

と言うような連絡があってもいいのでは?。当然ブザーに疑問をもっていた人が多くいた。更に、競技がサスペンデットになった事を知らせるマーシャルらしき人も、コースに伝える放送も無い。中止の知らせは、ギャラリー同士の会話から知る人が多くいた。私もその内の1人。

観戦するに当って、ギャラリーはあらゆる事を知っておく事は必要ではあると思うが、女子ゴルフ人気の中、ゴルフを知らない者、子供やお年寄りも多くいるのだから、安全やマナーの為の案内は周知徹底した方が良い!。

非常にお粗末なスタッフの対応に感じた。

そして『ギャラリーアンケートに答えて景品をもらおう』と言うイベントのスタッフはもっと最悪!。

雷と大雨に見舞われ避難する場所を探していると、景品交換所がある。人々はそこに集まって雨宿りしようとする。すると、そこのスタッフは『1次中止します』と言って、人々を締め出す。

隣では、チケットについている景品交換のイベントをしている72のスタッフがスぺースを空け、ギャラリーを避難できるようにしていたのに、そこのスタッフ(NEC関係者?)は、そそくさと自分たちだけ安全なスタッフルームに避難している。

小雨になりギャラリーが動きはじめる。すると人々は景品交換をしたり、アンケ-トに答えたりしている。アンケ-トスタッフは誰もその場に居らず、たくさんの人が困っていた。それを対応していたのは無関係の72のスタッフ

ポツリポツリとスタッフが来るも、まだ1次中止中という事だからなのか、誰一人としてまともな対応をしていない。

『これ、あそこでここだって言われたんだけど』

と客に言われた、nec関係のチーフらしき人間が72のスタッフに文句を言ってくる

『あの、まだ再開しないのでこっちに案内しないで欲しいんですけど』

それを聞いておもわず私が切れる!

『なに言ってんだ!あんたが皆にそれを説明しないからいけないんだろ!』

72のスタッフは本当に良くやっていた。それを観ていたから思わず口に出てしまった・・・。ちょっと反省。しかし、賛同してくれる人も中には居たので、ちょっと安心

言われた事が理解できたのか、たくさんのギャラリーに説明しだすスタッフ。当然だ!。

ギャラリーはじめ、スタッフに至るまで行動に責任がある事をもっと自覚した方が良い!。イレギュラーに対する対応には経験が必要だが、基本的な事は全員が同じように解釈し、行動しないと1つにはまとまらない!。特に、今回のような雷は、大きな事故に至る可能性もある!。だからこそ、ギャラリーは雷の怖さを知り、スタッフはきちんと解るような説明の責任を果たせる行動をとるようにするべきだ。

今日は残念な出来事が多かったように感じた。大会の成功は、選手からスタッフ、ギャラリーの一体感があってこそ!。理解して欲しい!

Himawari_0031_6

今日は茂木宏美プロご親類という紳士偶然であった。茂木プロのバ-ディ-を共に喜びながら、観戦マナーについての話しになった。そして紳士はキャディ-のマルちゃん?を誉めていた。

『マナーには本当に厳しいけど良い娘なんだ』

と。目つきは鋭いが、背も高く美人であり人気者になりそうな要素は十分に感じる。後は、お手本になるようなキャディ-の仕事を魅せて欲しい(^.^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEC 軽井沢72ゴルフ初日終了!。楽しく観戦してきました☆

軽井沢らしくない30℃を越える快晴高温に。その中で、選手達のアグレッシブなプレーで更にコース上は熱気ムンムン!。

初日トップに立ったのは福島晃子プロ、小俣奈三香プロ。それぞれノーボギーの6アンダー福島プロは、練習中で腰を気にする仕草をしていたため、大丈夫なのかと心配していたがご無用だったみたいだ1打差の3位には期待の中田美枝プロが入った。ディフェンディングチャンピオンポーラ・クリーマー1アンダーの28位タイと出遅れた。しきりに足を気にしている事から、よっぽど痛いのだろうと思う。全体的に多くのバ-ディ-が期待できるコ-スだけに中々の混戦が予想される。優勝スコアは12アンダー位か

コ-スセッティング

グリ-ンは刈高3.5mmのシングルカット(朝夕の2回)、10フィ-ト(約3M)

ラフは50mm、セミラフ30mm

フェア-ウェイは幅16~35yrdでゼブラカット

と言う公式発表である。個人的にコ-スを観て、触ってきた感じだが

ラフ、セミラフはほとんど影響なし!。グリ-ンも非常に良い状態でボ-ルもよく止まる。ただ、天候の影響か以外に最後がスッと伸びる感じ。バ-ディ-を望むんなら下りのラインは絶対に駄目!。

ちなみに一般ゴルファーが行なう場合の芝の狩り高は何処のゴルフ場も4mm程度。速さは6.5~8フィ-トといったところか。【注)測定値はゴルフ場の気候、芝などの条件によって大きく変わる】プロと同条件でプレーした場合は、グリーンだけでも確実に10打以上は違ってくるでしょう。それ位速いです。

期待して観戦していた中田美枝プロの好成績に気分良く1日が終わった。安定したフォ-ムからくり出されるショットは当然、安定感があり、不動裕里プロを感じさせるほどの精度があるように思えた。初優勝を含む今季2勝はだてじゃない!。本当に良い選手です。

藤田幸希プロは、どうも方向が定まらない。始動で左右に大きく動くスイングが影響している事は明らか。しかし、ゴルフ歴が10年未満でありながら今季初優勝を飾るなど、抜群のセンスを持っている才女。後は練習量か・・・

同組には横峯さくらプロもいた。全英女子オープン帰りですぐという事も影響しているのか、ショットは良いのだが集中できていない様子。何度も仕切りなおす光景にリズムの無さが良くわかった。本当にもったいない・・・という言葉が多くでる初日だった。福島プロには及ばないが、飛距離だけは女子の中でピカイチ!

北田瑠衣プロは後半盛り返し、首位から3打差の好位置に着けている。昨年の8アンダ-/日の爆発を期待させる後半のプレーだった。

ポーラ・クリーマーの練習は1人だけピンクのボ-ル。コース上もピンクのボールなのだが、個人的には抵抗が・・・。表面も硬そうでツルツルしてそう。なんか打ちにくそうな気がするのだが・・・力量の問題か・・・。

ちなみにプロが使う練習ボ-ルは1カゴ50球。短いクラブから打つプロもいれば、反対のプロもいる。全球打たないプロもいる。練習も観ていて非常に面白い!

大山志保プロは練習から気合十分!。気持ちの入った良いボ-ルを打つ!。是非見習って欲しい選手がいっぱいいる。ランキングトップの勢いか、本当に女王・不動プロを圧倒する事が出来そうな期待すらできる。今季4勝目も見える位置に。

その大山選手にサインをもらいました(^.^)

_0011

使わずに大事にしたいと思います!。感じの良い選手でした。明日は中田選手にもらいたいですな~(笑)

明日のペアリングはこちらを参照ください。私も観戦の込み具合を検討して何処の組につくか決めたいと思います。

しかし、駐車場が遠い(*_*)1kmくらい歩く感じ。それだけが難点!。運営者の検討の余地ありと思う!

Himawari_0021_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ!。NEC 軽井沢72ゴルフ

NEC 軽井沢72ゴルフが明日開幕!。観戦に行ってきます!。

ペアリングが発表になりました。昨年は観たいと思っていた不動、福島、北田の3名のプロが見事マッチングし、難なく観戦することが出来た。今年は・・・?

念願の初勝利を収め、成長株中田藤田の両名を観ようと思っていたところ、なんと同組に。天気も良さそうだし、今年もついている!。

それぞれのペアリングJLPGANECの大会運営サイトを参照ください。

練習から観るのだがこれがまた面白い!。プロでありながら、練習場では調子が良くてもコ-スでは・・・なんて事も多々ある。

観戦にも当然マナーは付き物!気をつけていきたい。

今年はなんとしてでも日本人プロに勝って貰いたい!!

『打倒!ポーラ・クリーマー!連覇阻止!』

女王 不動裕里プロの参戦が無いのが残念だ。彼女のゴルフは本当に観ていて気持ちが良い。何が?

『リズム』

この一言に尽きる。淡々と、自分自身を見つめ1球入魂!。お手本にするには最高のゴルフスタイル。ま、あくまで私がと言うことです。なにせ集中力の無い人間なんで・・・(^^ゞ笑。

今年は3日間の観戦予定。いい記事が書けるといいのですが(^.^)。何かハプニングでもあれば良いですね。では、行ってきます

Himawari_0031_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀田父VSやくみつる スーパーモーニングの最低な思惑

TV朝日の早朝番組『スーパーモーニング』で昨日バトルがあったという。各スポーツ紙が取り上げる大きな話題になっているらしい。

同番組は、先日の亀田選手の世界戦に関して、亀田父と、やくみつる氏(漫画家)、ガッツ石松氏(タレント)との討論番組を企画した。

もともと、ボクサーとして、チャンピオンとしての亀田選手の資質を問題としていたやくみつる氏は、亀田選手と父に対して相当の挑発パフォ-マンスを披露した。亀田父はその挑発に乗り、一触即発になったというのだが・・・

実際の所、私は観ていないので内容は分からない。しかし、今朝の同番組における司会者の言動などを見てあらすじが見えた

『いや~、これだけ注目を浴びるのはスーパーモ-ニング始まって以来の快挙!(^o^)丿』

そう言いながらニコニコして喜んでいる出演者がモメている映像で注目度を増し、視聴率もとれた事が嬉しかったようだ。要するに

『視聴率が良ければ何でもやる!』

そういう体質なのだろう!。想像だが、やくみつる氏も、同局のスタッフに挑発するように言われていたのだろう。

私はやくみつる氏の事は好きである。頭のきれる人で、常識のある人だと思っている。そんな人が今回のような挑発行為に自分から率先してするとは思えない今回の事を全て想像し、了承した行動なのだと思う。要するに、番組の演出作家と言ったところだ。

その演出に見事にはまってしまったのが亀田父!。

彼は直ぐにカッ!となる性格。今までの試合でも、試合終了後に相手選手に食って掛かるような醜い場面も多々あった単純で感情を抑えられない性格の人間に今回のような挑発は有効な戦法だ。番組演出もさぞ楽だったろう!。

番組制作サイドの腹の内が良くわかった。モメている人間を見て

『もっとやれ、もっとやれ!。視聴率上がれ!いいぞいいぞ!』

全員がそう願い、番組を作っていたのでしょう。でなければ、あんな発言をニコニコしていえないでしょう!。しかも快挙とまで・・・。

『息子は毎晩泣いている』

亀田父が言っていたそうだ。しかし、あれだけのパフォ-マンスをし、メディアを利用したのだから今回の事は仕方の無い事!。芸能人を見ればよく解るでしょ。持ち上げるだけ持ち上げて、後は落とす!それがマスコミの演出なんです!。それが注目を浴びる方法なんです!。解っていたんじゃないんですか?

『泣き言言ってるんじゃない!』

自分の都合の良いように世の中動かないですよ!。今回のような事もあると理解していなければいけなかったでしょ。当たり前の事なんです。

ただ、今後も期待を持てる選手である事から亀田興毅に関しては本当に心配

今回は、視聴率狙いの番組演出が見事に成功し、勝利をおさめほくそえんでいるスーパーモーニング陣営。早朝から人がモメている事を喜んでいる関係者を見て今後は絶対に見ない事にした!。最悪な人間性!最低な司会者!。

『マスコミに殺されなければいいが・・・』

と心配していたが、現実味を帯びてきた・・・。大丈夫か?亀田興毅!。

Himawari_0021_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野県知事選挙に思う。果たして長野県は健全なのか?

一夜明けた長野県知事選挙。勝者と敗者の弁が伝えられる。田中政権の三期目阻止を果たした村井氏。意気揚揚とこれからの豊富を話しているが・・・。色々と感じる事がある。

2期6年の田中政権の実績・・・

様々な話題があった。県議、職員との確執が大きく報じられた。仲が悪いのは両者に責任がある事で、1人が問われる問題ではない。名前は出さないが、県政の為になる様な意見もろくに言えず威張ってばかりいるくだらない県議も多くいる。

田中知事から渡された名刺を折り曲げた馬鹿な奴もいたな。

出直し選挙で無駄な税金を使った。これは県議の責任!

やりづらい環境は自分で招いた事でもあるし、周りの責任でもあるが、そんな中でも無駄を省き、支出を抑え県債発行残高を約930億円削減した。これは大きな成果といってもいい。しかし、まだ長野県は約1兆5500億円の借金がある。やっと黒字県政になったばかりなのに村井氏に変わる事で返済能力は大丈夫なのだろうか?。

ここ近年、ローン地獄で自己破産!なんて言葉をよく聞くようになった。

『返済するより自己破産の方が簡単だ』

見たいな感じの人間もいるという。借金する理由には様々あるだろうが、身分相応の生活を心がけ働いていればそんな事も無かったろうに。借金まみれでその日暮らしのような生活は健全ではないが、返済する努力をしないで逃げる方向を選ぶのも健全ではない!。

長野県は本当に大丈夫か?簡単に返せる金額ではない・・・長い目で見ていかないといけない。心配だ借金まみれの長野県。もしかして財政再建団体(県)・・・

そういえば、村井氏は郵政民営化反対で落選したっけ。

郵政民営化=無駄を無くす(税の支出)

きっと、田中氏が進めていた無駄な公共事業廃止はなくなる事でしょう

そうそう、国会議員時代には防災相もしていた。今回、長野県は大雨による被害は甚大だった。県民の中には

『田中政権の脱ダムによる公共事業の削減でおきたものだ』

といっている人もいるというが、防災相の責任は?。

要するに、天災を人の力で抑えようなんて事は不可能。人間の思い上がりだ。森羅万象を壊し今世がある。全世界、今後もたくさん起きるでしょう。被害を最小にする努力は必要だと思うが、災害後に援助してもらえるシステムを構築した方が良い。現実問題、先立つ物で重要なのはお金だからだ。

吉村氏県知事の頃(長い事やってたな~(^^ゞ)、重要書類を焼却処分するような密室、暗室、断室の県政だった。それが明確になったのも田中氏の功績長い期間をかけ、少しづつ膿を出し尽くして欲しかった

今回民意は脱・田中政権を選んだ。もう変える事は出来ない。村井政権を長い目で見つめ、借金を減らし、開かれた健全な県政を築いていって欲しい。

高齢化社会でお年寄りは元気!かも知れないが村井氏は70歳。長い目で見る事が出来るのか?。次の人材を育成できる人物か?。直ぐに流されてしまうようではないか?。当たり前の演説を意気揚揚と話しているが現実問題は大丈夫?不安しか見えて来ないのは何故か?。

基本的に田中政権の県政以外のパフォ-マンスは好きではなかった。ヤッシ-だのヨッシ-だのはどうでも良かった。県知事でありながら、新党日本の党首(マスコット)になる事なんて最悪!。不透明な事もあるのも事実。すこし天狗になっている感もしていた。しかし、少しずつ実績も見え始めてきた頃の政権交代には、個人的には少々がっかり田中氏にはもう一期やらせてみたい気もした

『長野県を変えるには知事が変わらないと駄目』

と言い放った村井氏。あなたは長野県を県民を何処に導いてくれるのでしょうか?今後は良い意味で注目を浴びる長野県になるのか?

Himawari_005_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モロコシ収穫&八重向日葵&庭の番人

ス-パ-マロン収穫完了!食す。(^.^)(^.^)(^.^)超アマ~イ(北島風)甘~イ(^o^)丿(スピ-ドワゴン風)。収穫したhatakeの横では八重向日葵が満開!。そして、庭の番人・・・

モロコシの画像は残念ながら無し!既に全てがみんなの胃の中。感想は美味い!甘い!の一言。

快晴の中、hatakeで2度目の苗植え(ス-パ-マロン)。狭いながらも、一人で人力での作業は相当きつい。嫌になりかけた頃、八重向日葵の笑顔に救われる。

Himawari_003_3

変わった向日葵に近所の人も良く観に来る。親戚の伯母さんは一輪挿しように持っていく程綺麗。身の丈は180㎝弱、私と同じくらい

Himawari_005_1

Himawari_006

普通の向日葵と違い中央部に種になる場所は無い。全体が花びらで覆われている。蜂も来ているがどこで蜜を採っているのか不思議だ。

Himawari_004_2

全ての作業を終え、家に入ろうとすると首元でザワザワする物が・・・・ん?

Himawari_0021

子供のカマキリ

そっと手にとり庭に放す。ちゃんと見張ってろよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界戦で以前にもあったボクシングでの不可解な判定

それは、WBA世界スーパーフライ級(旧ジュニアバンタム級)タイトルマッチでおきた

亀田戦の解説をしていた元WBA世界スーパーフライ級王者 鬼塚 勝也氏 のタイトルマッチ(対戦者等は忘れてしまいました(^^ゞ)でのこと。今回同様、微妙な判定ながら負けを覚悟していた判定で、鬼塚氏に軍配があがった。

鬼塚氏のセコンドには、元タレント(そう呼んだ方が良いのだろうか?)で芸術家の片岡鶴太郎氏が就くことで多少の話題性があった。片岡氏もボクシングが大好きで、プロのライセンスを持つほどの実力はある。

話題性を作る事はメディアにとって重要であるが、プロスポーツの真意としてはもっと重要な物がある。人々を魅了する実力!

そんな中で行われたタイトル戦は、今回程の注目は無いにせよ印象に残る試合になった。明らかに劣勢に感じた試合の判定で勝者の名前があがるとざわめき立つ会場。

『え?』

そんな言葉が真っ先だった

その後はマスコミに叩かれる鬼塚氏。しかし、防衛戦で見事にすっきりとしたKO勝利。名誉挽回を果たしたのだった。しかし、防衛戦こそ注目を浴びたが、絶頂の人気を取り戻すことはできなくなっていた。ボクシングファンには冷めた感じすらあった。

亀田選手の防衛戦は今回の事でより注目を浴びるだろう。しかし、本当に怖いのはその後なのだ。熱の冷めるのは早い!。鬼塚氏の二の舞にならないようにするには、どうしたら良いのだろうか?。既に答えは出ているはず。

Himawari_0031_4

さて、ここで私の1番好きだった世界チャンピオンを紹介しよう!。

川島敦志(川島ボクシングジム開設)

元WBC世界スーパーフライ級(旧ジュニアバンタム級)チャンピオンだ。6度の防衛を果たす見事なチャンピオンで、パンチの技術も凄いが、何よりディフェンスが相当に凄い!。どう凄かったのか?。

パンチをもらっても、自ら顔をひねりダメージを軽減させるのだ。

是非観て貰いたい!。本当に凄い!。

7度目の防衛で失敗し引退・・・まだ出来たはずなのに・・・。本当に強い、技術のあるチャンピオンだった。

他には、有利アルバチャコフなんかも好きだったな~。

そうだ、軽井沢には元世界チャンピオンが住んでいる。WBAスーパーフェザー級のチャンピオン上原康恒氏だ。ゴルフ場勤務時何度も話しをさせてもらったが、本当に紳士でいい方だった~。現在はお店を経営されている。

Himawari_005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれ?おかしくないですか?亀田は悪くない!。WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ・・・その2

試合を中継したTBSに抗議の電話5万件以上。マスコミの亀田選手に対する質問に疑問!

抗議の電話をした人、マスコミの対応に疑問符をつけざるを得ない。

判定を下したのは審判員!。まず、抗議をするならWBAか審判員にでしょう?。

もし仮に、あくまで架空の話だが、主催者と局による審判員の買収などによるヤラセがあった場合には抗議は正等と言えるだろうが、今は違う!

亀田が悪いわけではない!本気で真剣に戦ったのだから!

そして、マスコミがした質問の文言に

『ピエロみたい――踊らされているのでは?』

個人的にこの言葉には相当腹が立った!

結果はどうであれ、一生懸命、必死になって戦った人に対して口にしていい言葉なのか?。お前は何様だ!

もし、一生懸命やった事に対して侮辱されたらあんたはどう思うんだ?ふざけるな!

確かに亀田選手も誰振り構わず大口を叩くがあくまでパフォ-マンス。ま、個人的には好きでは無いが、それとは全く違う問題!侮辱以外の何ものでもない!最低のマスコミだ!

あらゆるスポーツ界の若手を取り巻く環境は良くない!

そう感じた今回の出来事。どういう事か?。それは共栄ジムの会長の言葉からも良くわかる

『こんなに視聴率を取れる選手はいないでしょ?』

胸をはって自慢げに強い口調で言っていた・・・・呆れてものも言えない・・・。

視聴率=大金の図式があるからこその言葉

『亀田=金のなる樹』

マスコミ、ジムにとって・・・・これが現実か・・・

今は選手の育成が必要なのでは?。何よりも視聴率の言葉がでること自体疑問。

抗議をした人達に言いたい。悪い事ではない!しかし、ボクシングを知りよく見極めて欲しい!。

採点方法であったり、選手の姿勢を。いい加減にやっていましたか?亀田選手?。

以前のWカップ女子ゴルフを想い出した惨敗に終わった日本チ-ムに対して誹謗中傷の雨霰!。最低の行為があった。

日本人はマスコミの情報にすぐに流される傾向がある。もっと静観し、温かく見守り、叱咤激励する事が出来ないのだろうか?。

一生懸命やっている選手に対しての誹謗中傷は絶対に許してはいけないし、そういう風潮は無くすべきである!。

プロとしてお金を稼ぐ事は重要!。しかし、それは実力が伴ってこそ!。

亀田選手の可能性は本当に楽しみ!。マスコミによって殺される事のないように回りの大人はしっかりすべきである!。まだ子供だよ亀田選手は。しっかりしろ大人!

Himawari_003_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

はっきり言って後味の悪い結果!。WBAライトフライ級タイトルマッチ

王座空位でのWBAライトフライ級王者決定戦、19歳亀田興毅に軍配があがったが・・・。

初回、終了間際にカウンター気味にもらった右フックで初のダウン第11ラウンドは相手の的確なジャブにフラフラ最終ラウンドもパンチは出すも有効打は無いあまりにも印象が悪い内容でありながら序盤盛り返したと判断した審判員。2対1の接戦判定で新王者になったのは亀田興毅。

ん~、観ていた人はどう思ったのだろうか?。確かに序盤は攻勢であった事は間違いないのだが・・・。審判の微妙な判定・・・様々なスポ-ツでおこりますね。

対戦者のファン・ランダエタ(ベネズエラ)WBAミニマム級の王者にもなった事のある実力者!。技術、試合運びのどれをとっても遥かに上をいっていた

結果は結果。WBAには異議申し立てはしない!。なぜなら、観ていた人はちゃんとわかっているから。亀田は子供だった』

そんなコメントを残すランダエタは王者の風格

亀田

『緊張した。地に足がついていなかった。実力の1/10も出せなかった

王者とは?

ただ、これ以上は言う必要は無い。最初に会見で言っていた言葉でも試合内容に満足していない様子。強い選手とグローブを交えた亀田自身が1番良く解っているからだ。己の置かれた状況、今後の状況を。

今回、真価を問われる世界戦だったが、今後は進化・真価の両方が問われる。スポーツのチャンピオンに必要なのはどの世界でも

心技体

是非とも、次の防衛戦では判定でも納得のいく内容であって欲しい!。リップサービス重要だが、王者には王者としての実力と品位も無くてはならない!。

本当に可能性を無限に秘めている選手亀田興毅!人を魅了する!。

しかし、ランダエタも言っているがまだ子供!。期待は必要だが過剰にならないように!。

あれ?どこかのコメントでも同じ事を言ったな~

私の親友はアマチュアボクシング社会人の大会で都代表にもなった実力者。亀田とも戦った事がある。見た目は優しい、ハンサムボ-イなのだが、試合では全く変わる。日頃も非常に紳士で、対応もちゃんとしている。どことなくランダエタに似ていた

Himawari_0031_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »