« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

ディープインパクトの衝撃は世界にも響いている!

第47回、宝塚記念(GⅠ 芝2200m 京都競馬場)が昨日行なわれ、圧倒的1番人気のディープインパクト(牡4)が期待通りの衝撃を披露した!。

3コーナー過ぎからのレース振りには何も語る必要は無く、ただ身震いをしていた。凄い衝撃だった。道悪のコンディションでのレースとは思えない、ただ1頭別次元で戦っているようだった。

人気・実力がともにある馬が集うレースの筈なのに、他の強い馬すら『ェ?いたの?』と思わせるレース内容本当に素晴らしい馬が日本にいるもんだ!。

競馬の盛んな欧州では既に昨年から話題の対象になっている!。そして、10月1日に行なわれる世界最高峰の芝の国際GⅠ 凱旋門賞(GⅠ 芝2400m ロンシャン競馬場・仏)でどんなレ-スを見せるのかと。さらには、ドバイを勝ったハーツクライもいる!。日本馬がこんなに注目を浴びる日がこんなに早く来るとは・・・凄い嬉しい!。

『本当にこの馬より強い馬がいるのかな~』

武豊騎手に思わせるほどの逸材!。期待は止まない!。万全な状態で凱旋門に乗り込んで欲しい!そして

『衝撃を世界で!』

私はハ-ツクライとディ-プインパクトには来年海外に主戦を置いて欲しいと思っている。何故か?世界に日本の実力を示して欲しいから!。2頭で、主要国際レ-スを勝ちまくって欲しい!。JRAも率先して協力してもいい様に思える両馬の活躍があれば日本の競馬はもっと盛り上がる事間違いないでしょう!。そして、日本には他にも強い馬がまだまだいるんだぞと。

最高峰の戦いがつねに間近で観る事が出来るのはワクワクしますもんね。ワ-ルドカップもそうですから!。自国だけじゃなくても観ていて興奮しますよね?一緒でしょう!

近年の日本馬の活躍は今は亡きサンデ-サイレンスのお陰か・・・残念だ。サンデ-の子供達の活躍は衝撃だよな~。血は語り継がれる?今後も衝撃は続く事でしょう!

本当に凄い馬です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

W杯サッカーにコメントをした子供に驚いた

確実に大人の影響です!責任です!

今朝の某TVでW杯サッカー日本代表に対して、コメントをサッカー少年に求めていた。解説者張りの内容のものを選んで放送したのだろうが、少年たちは実に良く観ていて感じていると思う。しかし所詮子供は子供、コメントは解説者の引用、復唱、マネに過ぎないことは明らかである。

それが?何か問題でも?と思うかもしれない。問題があったのだ。1人の子供がこんな事を言っていた。

『失敗すると大恥をかく事がわかった!』

こんな事を言う子供に正直驚いた。こういった事は親もしくは大人が言った事をマネしているのだろう。こんな指導、教育で健全な子供が育つ筈は無い!

『失敗から学ぶ』事を教えずして成功をどう理解させるのか?。そんな教え方をしていれば失敗する事だけを恐れる、結局やらない人間になってしまうではないだろうか?。

この子供は特に悪気があったわけではなく口に出たものだとは思うが、本当に残念な発言である。

ゆとり教育の責任なのか、親の躾に対する理解力のなさが原因なのかは分からないが、子供の前ではこういう内容の言動は控えて欲しい!。一生懸命やっている者の失敗は恥ではない!事を。

どこかのサイトで日本代表に対する悪質な書き込みがあるらしい。『卵をぶつける』『塩酸をかける』等の内容のものだと。帰国時には厳戒態勢がとられる模様。それをうけてタレントがこんな事を言っていた

『日本はまだ良いですよ~世界ではミスした選手は殺される事もあるんですから』

(-_-メ)なに言ってんだ!こいつは!。確かに外国ではそういった事実がある!。サッカーが賭けの対象になっており、お金をめぐるトラブルから発展する事件だ。ギャンブルの対象になっている選手達は本当にかわいそうだ

日本の書き込みのほとんどが愉快犯で、人がもめたりする事を喜んでいる低次元の人間がやる事だ。日頃、人との付き合いが出来ない人間がしている事で、それに流されてしまう人間がいる事も寂しいのだが、いずれにしても海外含め、このような人間達はサッカーの純粋なファンではない!。

これもまた悲しい現実・・・。

16強も決まり益々楽しくなってきたW杯。なのに、こういったニュ-スで水を差す事だけはやめて欲しいものです。伝統・質のある素晴らしいスポ-ツの祭典なのですから!

本当にビックリした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジーコが悪い?気温が高いせい?呆れた解説者たち

W杯サッカー ドイツ大会での日本代表の奮闘に敬礼!お疲れ様でした!

今朝ブラジルとの戦いで日本代表は予選を通過する事が出来なかった。日本チ-ムの苦戦に対し、様々な解説者は一応に気象条件を挙げていた。

はっきり言わせて貰いたい!

『なに言ってんだ!。本当に解説者か?何を見ているんだ?』

全ての条件はピッチ上にいるものに対し平等である!。暑いのは皆が暑く感じる!当たり前の事だ。なのに(-_-メ)解説者ときたら・・・そんな事しか言えない事が残念だ。

今回の結果は不自然でもなんでもない!当然の結果。世界はそんなに甘くは無い!。それなのに、終いにはジ-コ監督新米監督だからみたいなコメントを言う者まで・・・。

選手は本当に良くやった!でも、中田、中村のような強い気持ち、大舞台で力を発揮する為の気持ちのコントロールができる選手が少ない事が敗戦に直結した。中田、中村両名の涙は

『代表の力はこんなもんじゃない!』

と言う残念で仕方が無い、悔しくて仕方が無い表れだとおもう。

でも、それは世界の舞台で戦っているからわかる事、できる事であってJリ-グだけ戦っていては理解出来ないだろう。世界の舞台、ゴ-ル前でFWがFWにパスを出している段階でOUT!。各ポジション毎、俺がやるんだ!という気持ちが無いと戦えないでしょう?。

監督の責任?気象条件?そんな事が敗退理由にあげているようなら、そう考えているなら、日本は一向に強くならないでしょうね

絶対に言える!選手達は自分の力不足、世界のサッカーへの理解力のなさを痛感している。今後に役立てようと、力をつけようと考えているはず!。私は努力しようとする選手を応援したい!頑張れ!。アマチャン解説者達に負けるな!。

日本代表!本当にお疲れ様!。

見える所だけで流した涙が美しいわけではない!。心で泣いている涙も美しい!。きっと、他の代表選手も・・・。ピッチに倒れこみ泣いていた中田にロベルト・カルロス(ブラジル代表)が近寄りなにやら話していた。内容は各自が想像すればいい。私は、その素晴らしい光景におもわず(T_T)もらってしまった。いい奴だ!ロべカル!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

闇の組織JPGA。駄目ゴルファーの寝言・・・その63

プロゴルフ界にとって最悪のニュ-スです。

今月17日、日本プロゴルフ協会の理事選出を巡る内容で、同協会 前会長 長田 力 容疑者とプロゴルファー3人有印私文書偽造・同行使の疑いで逮捕された。更に、3人は暴力団を使い当選した理事に辞退をさせようと脅していた疑いもあり、今後も更なる展開がありそうだ。

組織に執着し、地位を確立しようとしたのには理由があるはず!。そして、暴力団とのつながりがある以上、利権を行使した何らかの見返りや資金の私的流用の可能性もありそうだ。

現在のレギュラーツアーはJGTOと言う日本ゴルフツアー機構が独立運営しているが、JPGAとのつながりもあるはずで火種が飛ぶ可能性もある。他にも独立した組織があるが大丈夫なのだろうか?。きっと同じ事が起きていると思われても仕方が無い!

長田氏は以前ホ-ムペ-ジ上でこんな事を言っていた

『ゴルフの生涯スポーツとしての発展』『国民的スポーツ』『地域に密着した社会貢献』などなど、ごたくを並べていた。暴力団とのつながりの中で、どうやったらこんな事で何が出来るのだろうか?。結局は

『自分のため』なのだ

こういった事で、日本プロゴルフ協会やその他の組織自体がそう見られてしまう残念なニュ-スであった

先日もスケート連盟協会会長の資金私的流用の問題があったが、こうした団体にとっては普通の事なのだろうか?。橋本聖子新会長には頑張ってもらいたい!

人気低迷中の男子ツアー。原因はやはり組織にありそうですね!。プロ野球も・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清清しい親子ゴルファー。 駄目ゴルファーの寝言・・・その62

早朝の全米オープン選手権を観てウズウズ、天気が良くなった事でウズウズ。よって急遽ゴルフに行って来ました!。

半日時間が出来たので、先週末に届いたキャディバッグを持って、軽井沢にある9ホ-ルで手引きカートのゴルフ場にお昼からプレーに行った。

私の前の組は、若いお父さん(橋本弁護士似)中学1年になったというハンサムな息子さんの組だった。プレーはというと・・・

これがまた上手い!感心するぐらい綺麗なフォ-ムであった。親子の組と私は多少待つ時間があったので、話し好きの私は親子に話を聞いた。その子はJGAに加盟し、プロを目指しているとの事だった。まだ70台を出すのがやっとの実力との事だったが本当に上手だった。そして、なにより感心したのが受け答えだった

しっかり私の目を見て話し返事をしていた。『ナイスショット!』と声をかければ『有難うございますm(__)m』丁寧な対応をしてくれる。本当に清清しい気持ちになった。これも、お父さんの躾の賜物だと言う事は良くわかった。

強いプロになってね!期待してるよ~。またお会いできる時を楽しみにしています(^o^)丿。

素晴らしい親子のおかげで気持ちの良いゴルフができた。ちなみに9ホ-ルを2回プレーしたスコアはparを10個獲っても+20も打ってしまった(^^ゞ何をやっているんだか・・・。キャディバッグとセッティングをUPしておきます

Magoe_001_2

Magoe_002_1

Magoe_003_1

Bu_gr_1 今季メジャー2戦目の全米オープン選手権・ニューヨーク州 ウィングフットGC(7264yrd par70)で2日目が行なわれ、父親の哀悼で10週振りにツアー参戦したタイガー・ウッズはプロ転向後、メジャートーナメントでは初めてとなる予選落ちを喫した。これは仕方のない事ですね~そう簡単にコンディションをあげる事は出来ないですから

本当にタフなコ-スですね~。優勝スコアはアンダーが出ない可能性もありますね~一流プロが我々と同じように見える面白いコ-スです。誰が優勝するか楽しみです。

日本勢はことごとく敗退!今田竜二が1人だけ予選突破。しかし、今田は主戦場はアメリカ・・・。今後が楽しみな選手だけに日本にも!と期待してしまう。頑張れ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サッカー W杯ドイツ大会でも誤審。でも・・・

WBC(野球のW杯)でのボブ・ディビッドソンを想い出しました。しかし・・・

サッカーのW杯 ドイツ大会熱戦が連日行なわれている。やはり伝統もあり、参加国も多い大会は、レベルも高く非常に面白い!。そんな中、サッカー機構の広報担当者の発言で日本のマスコミは大騒ぎ?。

日本vsオ-ストラリア戦での事。オ-ストラリアのペナルティ-エリア内での日本に対するディフェンスがファ-ルでありPKを与えるべきだったと発表した。この発表を受け日本のマスコミはこぞって『日本戦で誤審』『誤審がなければ・・・』の報道をしていた

果たしてそうなのだろうか?

誤審報道について、まさか?選手にそんな事は聞かないだろう?。幾ら日本のマスコミとはいえ・・・心配になる。

WBCの時のも言ったが、誤審であったとしてもそれは既に過去の事と捉えているであろう選手達。今は『クロアチア戦になんとしてでも勝つ!』気持ちに水を差す報道だと思う!。

サポータ報道に流される事なく応援に専念して欲しい!。まだ予選突破の可能性もあるのだから!。

機構側広報も1国の為に発表した事ではないW杯の質の向上の為に発表したものなのだと思う。選手の努力を、実力を発揮するには審判の質が必要不可欠だからだ。大会期間中であったとしても容赦なくプレッシャーを与える所はW杯のプライドを感じる!。

だからこそ、マスコミは間違えた捉え方をして欲しくない!

各国の選手達は必死に頑張っている!。観ていて本当に感動する!。結果はどうであれ、選手に敬意を表し迎えてほしいものだ

頑張れ日本!走れ~!

まだまだ睡眠不足が続きそうです(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »