« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

恐るべし!ディープインパクト~春天皇賞~

神馬と言っても良いでしょう!。レ-スは優勝馬の名前の通りの凄い衝撃でした!。

第133回天皇賞・春(GⅠ 芝3200m)京都競馬場で行なわれた。圧倒的1番人気の支持を受けたディープインパクト(牡4)圧倒的な強さを見せつけ、圧倒的レコードタイム4冠目を奪取した。

走破タイムは驚異的!。1997年にマヤノトップガンが記録した1分14秒4を1秒も縮めてしまう

掲示板に上がった上がり3Fが33秒5と言う事は確実にそれより早い上がりを出している事でしょう。3200mの長距離のレース、いつも通りに出だしが遅れ、いつも通りに他馬の外を回る展開。そして、更に凄いと感じたのは第3コ-ナ-からの展開だ

『京都の坂はゆっくりくだらないと勝つ事は無い』

と言う、今までのコ-スの常識覆した事だ。ディープはむこう正面から徐々に順位を上げ加速したまま最終コ-ナ-に入ってくる。今までの定石を考えると普通の馬なら確実に最後の直線は失速し後続に飲み込まれる。

『おい!ディ-プ体力がもつのか?』

心配をした。しかし何て事は無いいつも通りに余裕の1着でゴ-ルを切るディープインパクト。それなのにこの走破記録はまさにディ-プインパクト!。気が付いた時には口が開きっぱなしになっていた(^^ゞ

もの凄い衝撃でした!。

武騎手のコメントに『本当にこの馬より強い馬がいるんでしょうかね?』と言わしめるほどの今回の結果は、競馬ファン同じように感じた事でしょう

『この衝撃を世界で観たい!』

ディープなら・・・と。

日本にはハーツクライと言う、昨年ディープに初黒星をつけたこれまた強い馬もいる!。海外芝最高峰のレ-ス凱旋門賞で日本馬の直接対決も観られそうで一段とワクワクしてきました!。

旅行会社もツアー企画を考えている事でしょうね~。タイトル『~衝撃ツアー~ディ-プインパクトを応援に行こう!フランス凱旋門の旅』

ん~(^^ゞ時間とお金があれば行きたいな~。って問題はお金だけですけど(大笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近は皆こんな対応の仕方なのか?。駄目ゴルファーの寝言・・・その60

20代のある人の対応に不快になった駄目ゴルファー

始まりは私のしようとしている事協力してくれる人を探している時だった。やっとの思いで1人の候補者を見つける。その人は家庭の事情もあり即答してもらえなかった。考えて下さいと時間の猶予をお渡しし、経過している時だった。そこへ

『やってみたい』

と、共通の友達の紹介でもう1人の希望者が現れる。前向きな気持ちを感じ、先に話しをした人には『是非考えてください』と言っておきながら断りの電話をいれ丁重にお詫びをした。

決まった人と対面し、話しを詰め、いざ行動に移ろうとした時だった。

『ここ2日間、色々と悩んだ結果やっぱりできません。申し訳ありません。いざ始まってからお断りすると迷惑を掛けるので、より早いほうが良いと思いetc』

とのメ-ルが届く。もう始まっているのではなかったのか?。様々な段取りもし終わり行動するだけにしておいたのに。

ま、最終的に断られる事は仕方が無い。個々様々な事情もある事だろうから。私はその人を引き止めるつもりはなかった。最後にもう1度会って気持ち良く今回の話しを終わらせようと思っていた。再度会おうと連絡し本人了解のもと日を決め、渡しておいた書類などを受け取る事に。そして、当日の朝にメ-ルが届く

『仕事が忙しいので会えません。書類は〇〇さんに渡しておきます。申し訳ありません』

はぁ~?朝から(-_-メ)最悪な気分だった。断りの連絡の全てがメ-ルで終わりかい?。仕事が忙しくても書類位は直接返せるのでは?お互いの自宅間は5分ほどの距離なんだから。それを、わざわざ友達に頼んで返させるとは・・・手間をかけさせる(-_-メ)。どうなってんだ?

本人にしてみれば、きっちり詫びもし対応をしたつもりなのだろうが、こんな対応に私は気持ち良く話しを終わらせる事ができなかった。

メ-ルの文面に書いてある詫びの言葉からは何も感じる事ができなかった。ただ不快な気持ちだけが残った。

それにしても、今はそれが普通なのか?。どうなってるんだろう?。

メ-ルは非常に便利であり重要なアイテムだと思う。しかし、こういった事をメ-ルで済まそうと言うのはどうなのだろう(-.-)。そういった事がただ残念で仕方ない。

最初に断りのメ-ルを貰った段階で、私から一方的に断りを入れた人に再度お願いをし、承諾してもらい協力してくれる事になったのが救いだ。この方には本当に迷惑を掛けましたm(__)m。

Bu_fyr ちょっと遠回りをしたがやっと予選にでる準備ができた。なんとか予選通過スタ-トラインに立ちたい!。頑張りますか~。それまでは何をするのかは秘密にしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駄目ゴルファーの寝言・・・その59

駄目ゴルファー隘路を行く

『壁が高いほど乗り越えがいがある』

一流の人間は口にする。しかし、本当に迷い悩み、手探りながら進む道、先の見えない物に対しては絶対に出ない言葉だと思う。

少しでも光が差す、手応えを感じる、頂上が見えているからこそでる言葉なのだと感じる。

一流でない者はその隘路を不安だけで進まざるをえない。

長野の善光寺の地下には真っ暗な通路がある。一切の光も入らない暗黒の通路。その通路沿いの壁の何処かにはが付いていて、それに触れるといい事があると言われている。ま、ガイドロ-プもついているのでほぼ全員が触れる事ができるのだが、以外に怖く不安に感じる。

何か人生に共通する物を感じた。

通路を出ると光に触れホッとする。駄目ゴルファーにとっての『光』とは何ぞや?。まだ先の見えない隘路、鈎に触れる事ができるだろうか?。

一流は壁を乗り越える術を知っている。とうてい一流には同じ方法では戦えそうに無い。壁を越える別の手段を見つけるとするかぁ。

Bu_sb1 静岡県の名門コ-ス川奈ホテルGC富士コ-ス(6464yrd par72)で行なわれたフジサンケイレディ-スクラシックは大関候補大山志保プロプロ2年目飯島茜プロとのプレ-オフで下し、今季初優勝を飾る。

名門コ-スらしく素晴らしい大会であった。コ-ス、優勝スコア、観客の質などTVで観ていても素晴らしく、良い緊張感が伝わってきた。アンダ-が多いゴルフも良いが、今回のような緊迫した試合が多くなる事で質の向上が図られる事を願う!。宮里藍プロ、横峯さくらプロだけが女子ゴルフ界の人気を牽引している訳では無い!。頑張れ~(^o^)丿。

そうそう、男子ツアーのつるやオープンではベテラン杉原輝雄プロ(68歳)見事予選通過を果たしていましたね~。凄い!m(__)mさすが杉原プロ!m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もろこし&ひまわり。駄目ゴルファーの寝言・・・その58

休み久々の春日和!。部屋の掃除から始まり、趣味の時間へと続く充実の休みに

天気が良くなり平井堅♪を聞きながら久々に部屋の掃除を開始!。狭いながらも掃除は大変だ~。布団干し終了後に別の事を

それはここ3年程やっているトウモロコシの栽培だ。今年は『ス-パ-マロン』という品種。1番最初に挑戦した品種で非常に甘かった(^.^)。

1回で100苗ほど植える。上手く育てば1苗で約2本のモロコシが採れるので200本ほどの収穫になる予定。

近所に配ったり、親戚に送ったりすると自分で食べるのはほとんど無い。でも、それでいいのである!。

作る事が楽しいのだ。男ってDASH村に憧れますよね。そんな感じです。

天候に左右される作物を育てるのは大変だが、成長を見守るのは楽しいものだ(^.^)。

それから、今年は向日葵も育てる事にした。成長しても20㎝程の高さにしか育たないという品種を10鉢と、咲くと30㎝位の大きく華やかな八重向日葵

どんな成長をしてくれるか楽しみ!。今回は写真を撮り損ねたが、成長は時折UPしていきたいと思います。

綺麗な花、美味しいモロコシを写真でおすそ分けできるように一生懸命育てます。←写真じゃね~(^^ゞ笑。

野良仕事を終え部屋の掃除に戻る。

うん!良い匂い!。掃除した後はなんとなくそんな感じがしますよね。今日は久々に充実した休暇を過ごせました。

Bu_sb ライフカードレディース(熊本空港CC 6423yrd par72)今季2勝目をあげた不動プロ通算40勝目を見事地元で飾った!。シ-ズン前、不動プロの今季10勝以上、メジャー完全制覇もあると予想していた私。この強さを魅るに現実味を帯びてきた(^^ゞ困った。後続勢の踏ん張りを期待したい!。横峯良郎氏の話題には触れる必要なし!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年マスターズ決着!&鉄人金本!。駄目ゴルファーの寝言・・・その57

70枚目のグリ-ンジャケットはフィル・ミケルソンに!

マスタ-ズ最終日は3日目の順延分も含めてプレーするタフな試合になった。それでも安定したプレーを披露したフィル・ミケルソン(米)の2年ぶり2回目(メジャー3勝目)の優勝で幕を閉じた。

連覇をかけたタイガー・ウッズは3打差の3位タイで惜しくも届かなかった。最終日はパットに悩まされ続けた。最終ホ-ル、長いバ-ディ-パットが入ると『今頃入っても遅いよ』と言わんばかりのおどけたジェスチャ-をやってみせた。

ゴルフ界では『レフティーはメジャーに勝てない』というジンクスがあった。しかしそれは03年のマスタ-ズでマイク・ウィアー(カナダ)が破る。そして04年にはミケルソンも。

ミケルソンには『無冠の帝王』の称号もあった。レギュラーツア-は20勝もしていてメジャ-タイトルは一つも無かった。しかし、現在はメジャー3勝!『称号』は返上した。

流石に面白い大会だった。やはり選手のレベルの高さが大会を盛り上げる。そして、コ-ス管理者の努力!。本当に面白い大会ありがとう!そしてご苦労様でした!。

そして!鉄人金本選手!世界記録おめでとう!。

これは本当に凄い記録ですよ!904試合連続フルイニング出場は。有望株が毎年入ってくる中で、レギュラーであり続けなければならない!。そして、何度もTVで放送されていますが、甲子園では骨折をしても片手でヒットを打つ、同投手からド-ムではホームランまで打ってしまう(^^ゞ(^.^)。凄すぎる!結果を残す所は鉄人以外の何者でもない!。

『世界記録を狙っているわけではない。プロとして出場し続けたいファンの為に!それを魅に来ているのだから』

コメントにも脱帽m(__)m。日頃の摂生、自己管理も凄いらしい。本当にプロですね。

世界の鉄人は他にも2人いる!。

衣笠祥雄(元広島)カル・リプケン(元オリオ-ルズ)だ。二人は連続出場記録(日本・世界)を持っている。

衣笠氏は現役中に頭部にデッドボ-ルを受けた。しかし、すくっと立ち上がりにこやかに1塁へ向かう。いっさい怒る事なく。そして、今でも心に残っているコメント

『大切な道具ですよ!だから大切に扱うんです。プロなんだから当たり前です』

リプケンもそうだったよな~。やっぱり偉大な記録を残す人って似ているのでしょうね。本当に3人とも素晴らしい記録の持ち主だと思います。見習うべき選手ですね。

おめでとう!金本選手!これからも『記録のためではなく』『ファンのために』出続けてくださいm(__)m。

Bu_re1 そういえば、金本選手も元広島だよね。広島の選手に伝わる伝統みたいな物もあるのかな?。

そういえば、日本球界にも『無冠の帝王』がいたっけ!。素晴らしい記録を持っていながら回りに恵まれなかったよね~。当時は凄すぎる人が多かったものね~パリ-グは。『返上』は難しそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスターズ3日目は雷雨で順延。駄目ゴルファーの寝言・・・その56

約4時間にわたる雷雨による中断の為、3日目は日没サスペンデットに!。

3日目のマスターズ雷雨により競技は中断し、予選通過47名中36名ホ-ルアウトできないという事態に。これにより、最終日に3日目の残りを行い、続けて最終日を行うハードな日程になった。3日目暫定首位は前日同様チャド・キャンベル(6アンダ-)だが、3打差の4位にグリーンジャケットを持っているタイガーやミケルソンが迫って来ている。

大混戦の模様だ

雷雨中断はマスターズには付き物の様な気がする。この中断でゲ-ム展開ががらっと変わる事もしばしば。だから面白い!。

罠の多いグリ-ンも、雨で水を含むと重くなるのが普通だが、オーガスタはさほどの雨では影響しない。難しい天候で難しいコ-スでの競技、そして2日分のプレイをするタフな明日は大波乱があるかもしれない。

いよいよマスタ-ズも最終日グリーンジャケットを纏えるのはただ一人!。歴史に名を残すのはダレでしょう?目が離せません!。

Bu_re 片山プロはスコアを落としてしまいましたね~残念。トップ10入りも夢ではなかったのですが、無理でしょうね。

と言っておけば、きっと予想を覆してくれる事でしょう!。予選通過を見事に果たした時のように!。謝罪は幾らでもしますよ!片山さん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスターズ2日目終了。駄目ゴルファーの寝言・・・その55

深緑のオーガスタはグリーンジャケットをめぐり混戦模様!

マスターズ・ト-ナメント2日目終了。オーガスタを賑わしたのはチャド・キャンベル(米)だった。この日67をマ-クし通算6アンダ-で単独トップに踊り出た。

初日トップだったビジェイ・シン(フィジ-)は2つスコアを落とし通算3アンダ-の2位タイ。その他のBIG5達も10位以内に顔を出すといった非常に混戦になってきた。1日でめまぐるしく順位の変動がありそうだ

初日トップだったビジェイコメント『ショット自体は悪くない。パットがかみ合わなかった』との事だった。

タイガーインタビュアーの質問(惜しいパッティング等でスコアが伸び悩んだのは、その前のショットが原因?この風が影響したか?)『ショットが右に左に行ったけど、コ-スは誰にでも平等だからねと自分の問題だと言う事を言っていた。

ビジェイとタイガー。そして、その他大勢のトッププロ達がボギ-を簡単に打ってしまうコ-ス。確かにバ-ディ-も多く出るのだが・・・。グリーンに多くの罠が張ってありましたね!

例えば、今日のピンポジションから30センチずらしてカップを切たとしよう。そして、それが本当の2日目だったとしたら、位置が少しでも変わると今日のようなスコアには絶対にならない!断言できる!。グリ-ンキ-パ-はそれを見越してカップの位置を決めるのだが、本当に凄い事だと思う。

私が経験してきたゴルフ場では、予約の込み合う日は簡単なピンポジション。多少の余裕がある時は若干難しいピンポジションにしていた。何故か?

難しすぎるとプレーの進行が遅くなるからだ

コ-スレ-トもピンポジションによって当然変わるものだと思う。1回良いスコアでも再度行った時に伸び悩むなんて事があるのはそのせいなのだ。ちょっとしたピンポジションの変化が、大きなスコアの変動を招く。きっと3日目も5アンダ-位でプレーをしてくる選手も出るでしょう。誰なのか?それは、ピンポジションと相性の良かった人なのです。だからわかりません!。

そうそう、謝らねばいけない!。

m(__)m申し訳ありませんでした!片山晋呉プロ!m(__)m。

ト-タル1オーバー見事23位での予選通過!。残り2日を4アンダ-位でプレ-できれば多分トップ10位にくるのでは?。頑張って下さい!週末が本当に楽しみになってきました!。

Bu_pr1_1 週末と言えば解説をしていた中島常幸プロが、予選通過ギリギリの選手の1打に対してこんな事を言っていた。

『この1打で平日会員と正会員位の差があるんだよね。要するに、プロにとって週末が暇なのは最悪な事なんだ』

会員の話しは何処かに置いて貰うとして、その後の言葉は、うん!その通りでしょう予選通過しないと賞金が貰えない訳ですから。いくらマスタ-ズとは言え『参加する事に意味がある』なんて戯言はプロが口にしてはならないですからね。あの言動はプロにとって良いプレッシャ-になりましたね!。非常に共感できました!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスタ-ズ初日終了。駄目ゴルファーの寝言・・・その54

初日首位にたったのは?

米ツアーのメジャータイトル戦マスタ-ズト-ナメントオ-ガスタ・ナショナルGC(7445yad par72)で始まった。初日首位にたったのは?

2000年度覇者ビジェイ・シン(フィジ-)5アンダ-単独トップに立った。風もさほど無いGoodなコ-スコンディションの中で見事実力を出し切った。ビジェイは現世界ランク2位の実力者で、一時期は世界ランク1位にもなった。2度目グリ-ン・ジャケットを手にするのには絶好のスタ-トだ。

注目のタイガー・ウッズ(米)はevenの19位タイとまずまずのスタ-ト。他、世界ランク上位陣も安定した成績でスタ-トを切った。

タイガーが4日間18アンダ-という大会記録をつくってからというもの、オ-ガスタ・ナショナルGCはコ-ス改築に着手した。当時、約6800yrdだった距離も7400yrdを越えた。なぜそこまで躍起になってコ-スに手を入れたのか?

マスタ-ズの大会期間中はフェア-ウェイ担当・ラフ担当・ハザ-ド担当という責任者がいると聞いた事がある。各自がプライドと責任を持ってコ-スを管理し、素晴らしい大会になるように努力をしている。

大会運営者もどういった競技内容がマスタ-ズに相応しいのか考えた上で、各責任者との話し合いをもち理想形を模索する。そんな中でタイガーの圧倒的なスコアを目の当たりにし、これではいけないと考えたらしい

現在は飛距離のある選手が有利と言われる事が多い。現にそうだとも思う。しかし、メジャー・ト-ナメントはその言葉が当てはまらない。マスタ-ズも飛距離が延び、よりタイガーの有利を唱える解説者も多くいる

私はそうは思わない!

先にも言ったが、メジャー・ト-ナメント運営者、コ-ス管理者プライドは相当高い簡単にアンダ-が出るようなコ-スはつくりたいとは思っていない。どんなコ-スでも大なり小なり

罠があるのだ!

その罠にはまらないようなコ-スマネ-ジメントができないと勝てないのだ一流のプロがその罠にはまり悪戦苦闘している姿を魅るのこれまた楽しい(^.^)。だからタイガーが有利ということは無い!ト-タル約600yrd距離延長があったが、どれ程の罠があるか楽しみだ。

さて、2日目はどういった展開に?。予選通過ラインは3オ-バ-位。天候が悪くなればスコアはそうは伸びないからもっと下がる事も。4日間の優勝スコアはいってもアンダ-で8~11ぐらいなのでは。2日目、ビジェイが3つ伸ばせばかなりの確立でグリ-ン・ジャケットに近づくでしょう。

Bu_pr 日本人選手は片山晋呉プロが+3で48位タイ。丸山茂樹プロが+7で72位タイ。残念ながら2人とも予選通過は厳しそうです(^^ゞ。前日に行なわれたエキシビジョン的な競技パ-3コンテストではピン横25㎝につけるス-パ-ショットを魅せる等、見事2位に入った丸山プロだったが、マスタ-ズは相性が悪いらしく予選通過がいつもできない。頑張って欲しい!

しかし、魅せられるコ-スですね~!。1度でいいからやってみたい!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もやって来ましたマスタ-ズ! 駄目ゴルファーの寝言・・・その53

2006年、憧れのグリーンジャケットを纏うのは誰だ?!

米ツアーの今季初のメジャ-タイトル戦、マスタ-ズト-ナメントがジョ-ジア州のオ-ガスタ・ナショナルGC(7445yad par72)でいよいよ始まる!。注目は昨年の覇者タイガー・ウッズが2年連続、5度目の優勝なるかだ。・・・が。

実は、タイガーの父親がガンであり、病状は非常に芳しくないとの事。それに伴い、ここ数戦のタイガーも思うような戦績を残していないのだ。ツア-当初の好調から打って変わっての不調の影にはそういった事情があったのだ。

父親の病状いかんでは今大会を欠場するという判断もあっただろう。しかし、タイガーは出場を決めた。

『父の為に!グリ-ンジャケットを纏う姿をみせたい』

昨年の神がかりなショットを思い出した。何番か忘れたが、2段グリ-ンの難しいラインを完璧に読みきり、ピンとは反対方向に打ち、下り傾斜を利用したアプロ-チでねじ込んだシ-ンだ。

あれで一気に流れを引き寄せたタイガー!。今回も神がかりなショットが出そうな気がする。いつも以上に応援したくなる。

これから4日間はネムイ日が続きそうだ。観戦する皆さん頑張って下さい!。

そして、選手の皆さんも素晴らしいプレーを!期待していますm(__)m。ガンバ!。

Bu_pn1 さて、話題は変わりますが、JRAから残念な報告が・・・。05年度米オ-クスを圧倒的な強さで世界を震撼させたシーザリオ(牝4)が右前脚の故障で引退し、繁殖入りする事が決まった。初めて日本と米のオ-クスを制覇した同馬がタ-フを去るのは寂しいが、3年後を楽しみにしています。宜しく!シーザリオかあさん(^.^)。

100_0051_22 そしてもう一点、スイープトウショウ(牝5)が骨折(全治3ヶ月以上)療養に入る事が決まった。昨年の宝塚記念(GⅠ 2400m)を勝ったレ-スが思い出される。本当に強い牝馬だった。残念だが、きっとこのまま引退するだろう。ゆっくり治して、健康な身体で繁殖入りをして欲しい。シーザリオ同様に3年後楽しみにしていますよ!スイープかあさん(^.^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »