« 駄目ゴルファーの寝言・・・その26 | トップページ | 駄目ゴルファーの寝言・・・その27 »

駄目ゴルファーは野球小僧

ロッテ、ボビー・バレンタイン監督の手腕は凄かったですね!

私は小学校に上がる前からの野球小僧である。新聞紙を長く丸めた物をバット代わりにして遊んでいた。少年野球は小学校3年生から始め、小5からはエ-スをしていた。最後の大会は準優勝で締める事ができ、中学の野球に希望をもって進んでいった。ところが・・・

監督は学校の教諭が務めるのだが、練習にやってくる事はほとんど無かった。生徒だけで行なう練習では、基礎練習はできても、試合形式のまともな練習などできる筈が無く、3回程行なわれた他校との練習試合は負け続けていた。そして、監督からは

お前ら何やっているんだ!野球がわかっていない!』

決まってこんな怒り方をされていた。こんなやり方に対し意見を言う事すら許されず、理不尽極まりない状況で野球をしていたせいか、高校入学時には野球が大嫌いになっていた。こんな管理野球は学生だからだとタカを括り、社会人まで野球は止めようと決めていた。

社会人野球でも監督らしき人はいたが、練習の様子は中学時代のようであった。しかし、野球自体は楽しかった!。中学とは違い、経験者も多く『何をしたら良いのか』『こんな練習をしたらいいのじゃないか』『練習試合組もう!』などなど、自分達の判断でする事ができたからだ。選手からマネージャーまでの『意見』を尊重してできる環境は、チ-ムもそこそこ強く、いい緊張感でもあった。私にとってはこの上なく素晴らしいものであった。

前回、ボビー・バレンタイン監督がロッテの初采配をした時は、萬年ビリのチ-ムを2位にまで引き上げた。しかし、『ゼネラルマネージャー』との確執があり、現場を去るとまたまた萬年ビリへ!。そして、再就任して一冬を越した今年はなんと!昨日のアジアシリ-ズを含め4冠達成!。同じチ-ムとは思えなかった。試合をすればするほど強くなっていった。監督の影響が大きい事は間違いない。プロ野球の今シ-ズンは、どの球団も監督の力量が一番注目された1年になったように思える。

そして、これは何であったとしても、同じ事が言えるのでは無いでしょうか?。良き親、良き指導者があってこそ、目的にあわせてちゃんと育つのでしょうね。

bu_pn ロッテの選手は実に楽しそうにゲ-ムをしている。かと言ってふざけた感じも無く良いまとまりができている。自立心にも芽生え考えて練習、試合をしている風景に『強くなって当たり前』と思える。監督、選手のバランスが良いのですね!。それと、最強の26人目の登録選手『応援団』のおかげですね。3者のバランスは世界1ですね。最高のトライアングル△です!。最後に、1日遅れですが

千葉ロッテマリーンズ完全優勝おめでとう!

|

« 駄目ゴルファーの寝言・・・その26 | トップページ | 駄目ゴルファーの寝言・・・その27 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141572/7107083

この記事へのトラックバック一覧です: 駄目ゴルファーは野球小僧:

« 駄目ゴルファーの寝言・・・その26 | トップページ | 駄目ゴルファーの寝言・・・その27 »