« 腰部椎間板ヘルニア・・・その3 | トップページ | 駄目ゴルファーの寝言・・・その4 »

駄目ゴルファーの寝言・・・その3

支配人とのやり取りの前に、私のゴルフスタイルを少しばかり・・・

子供の頃は野球をしていた。そのせいか、止まっているゴルフボールを打つ事にはなんら抵抗、問題は無かった。

道具は親父の持っていた、本人すら1度も使った事の無い道具を貰った。ドライバーは『パ-シモン』、チタン全盛の、今では考えられない程の飛距離差と難しさ

では、何故難しかったのか?それは『真芯』にある。(真芯=スイ-トスポット)。今のクラブは、各社、全種類、全番手のスイ-トスポットが大きい為に、以前ならば多少のミスであっただろうショットも、道具にカバーしてもらえるのだ。

ジャンボ尾崎さんが全盛の頃は『メタルウッド』が主流であった。道具の飛距離と難しさは、こんな不等号であらわす事が出来る 『パ-シモン』<『メタル』<『チタン』 それを考えると、当時のジャンボさんの実力というのは、他のプロゴルファーとは『遥か彼方』の位置にあった。

今では短いと思われる、520yrdを越えるようなロングホールは、今でこそ道具に助けてもらっているプロが多い為、2オンのシ-ンを良く目にする事があるが、当時はそれを目にする事が楽しみであった。

そういう挑戦をしてくれる、ジャンボさんが出ている試合だからこそ試合に見入るし、更には、結果も残してくれるからこそ『憧れ』ていた。今も昔も、ファンはそういうプロを待っておるのである。『人気と実力』を共に備わったプロを!。

始めた頃は、ジャンボさんの圧倒的な飛距離に魅了されていた為、そこだけを見てしまっていた。しかし、おかげ様で飛距離には自信が持てている。ヘッドスピ-ドも、1番早い時には『58m/s』以上あり、計測してくれたショップの人も『計器の故障』とカン違いする程であった。今は『50m/s』とかなり落ちてはいるが、それでもアマチュアゴルファーの中では早い方である。ただし、ヘッドスピードを活かしきれていないので、飛距離的には平均で280yrd程である。

そして、肝心なスコアであるが・・・ボギ-ペ-スが良い所である(^^ゞ苦笑。ま、練習もコ-スもそんなに出来ないし仕方ない・・・。

あっ!それに、ゴルフ場勤務経験者でゴルフの上手い人は、仕事そっちのけでゴルフをしている人だけなのだし!間違いない!。そうだ!私は仕事に一生懸命でゴルフしてなかったからな~って・・・トホホホ~(T_T)悲しいいい訳である。

ジャンボさんの技術を、飛距離と同じように少しでも盗む努力をしていれば・・・飛距離だけに目が行ってしまった・・・(^^ゞ。ま、でも今のゴルフも楽しいのではあるが(^.^)。

道具は『ダンロップ』の物を使っている。もう、6年程になる。毎年新しい物が出てきて、欲しくなるのだが、今の道具に愛着がありすぎて、二の足を踏んでいる。ま、道具自体には問題は無いので、今の所はカタログを見るだけで満足する事にしている。

そうだ、1箇所だけ変えた事がある『ドライバーのシャフト』である。当時は、ドライバー購入時に、一番硬いシャフトを選んで買ったのだが、それでも柔らかく感じていたので、最近になってシャフトだけを変えた。『44インチのスチ-ルシャフト』に変えたのだ。

店員さんは『やめた方が良い』と言っていた。『アマチュアのスチ-ルは向いていませんし、44インチはなが過ぎます』と説明があった。私は自分の状況を話し、駄目もとで良いから変えてくれとお願いした。そして、出来上がってきたクラブは想像以上に良く、店員さんも『良い出来だと思います』と言ってくれた。

結果であるが、飛距離は落ちるのだが、方向性は非常に取りやすくなり、気持ちの問題もあると思うが『非常に良い!』と判断したい(^.^)。是非『ヘッドスピ-ド』が早く、『方向性にバラツキ』がある人にはオススメしたい。

bu_cgr

次回は何故道具を買ったのかお話ししよう。

・・・つづく

|

« 腰部椎間板ヘルニア・・・その3 | トップページ | 駄目ゴルファーの寝言・・・その4 »

ゴルフ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

腰部椎間板ヘルニア」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 腰部椎間板ヘルニア・・・その3 | トップページ | 駄目ゴルファーの寝言・・・その4 »