« キノコ栽培・キノコ狩り・・・その2 | トップページ | 駄目ゴルファーの寝言・・・その22 »

初の天覧競馬 『天皇賞』

murasaki_simeji 『♪たらったったらった!♪』

パワ-アップキノコで、馬の勝利をお祈り申しておりましたが、見事ハズレ!。どうやら毒キノコのようでした(^^ゞ。ま、万馬券でしたから仕方ないですね!と負け惜しみ・・・。

本日『第132回 天皇賞』で、1937年に始まった天皇賞開催以来天皇陛下の観戦が初めて行なわれました。初めての天覧レ-スとなりました。このレ-スを制したのは、5歳牝馬ヘヴンリ-ロマンス』と言う伏兵でした。

さて、外れた馬券の話はこれ位にして、天皇賞の歴史に触れてみましょう。

1905年、明治天皇から贈られる『御紋付の鉢』をかけて創設された『エムぺラーズカップ』が、今の天皇賞の始まりである。天皇賞と呼ばれるようになったのは、1955年からで歴史は50年と言う事になる。ちなみに現在は『御紋付の盾』が貰える。ホースマン達には、春と秋に行なわれる『天皇賞』を連覇する事も目標になっています。天覧予定は当初、昨年の10月に予定されていたが、『新潟中越地震』の発生の為、被災者の心情に配慮して中止になり、本日になったようである。

日本の競馬は、競馬の本場イギリスをモデルに行なわれているようです。日本でも非常に重要視されているレ-ス、クラッシクレ-スの東京優駿(日本ダービー)は、本場イギリスダービー伝統すらも真似て行なわれています。誰しもが『ダービー』を獲りたい!と強く言います。一生に1度しか獲れない、強いだけじゃ獲れない、クラッシクレ-スの中で1番のレ-スは、競馬関係者の目標に掲げられているレ-スで、もしかすると、今回の天皇賞よりも重要視されているレ-スかもしれません。

3冠馬『ディ-プインパクト』の話しをした際に、日本の競走馬のレベルが上がった事に触れました。日本の競馬関係者の目標は、ヨ-ロッパの伝統レ-スに勝つ馬を育てる事のようです。その為に『ジャパンカップ』と言う国際レ-スをつくり、海外の馬と戦う機会を増やしてきました。当初はさほど強い馬は来ませんでしたが、近年はレ-スの質を認められ、又、賞金も高いので世界の強い馬の参戦が多くなりました。楽しいレ-スになりつつあります。最近のジャパンカップは、日本の馬の強さが目立ちますが、これに満足する事なく世界でも勝って欲しいと思います。フランス・ロンシャン競馬場で行なわれる『凱旋門賞』と言うレ-ス、故エルコンドルパサーの2着が想いだされます。彼の残してきた忘れ物を、誰か獲りに行って欲しいものです!。『ディ-プインパクト』が良いのでしょうか?。

ギャンブルとしてだけじゃなく、競走馬を観る事は出来ます!。500㌔近い『キラキラした馬体』には圧倒されます!。私にとっては、一種のスポ-ツ観戦ですね!。年末まで楽しみです!。

bu_byr1 今日のゴルフは、男子ツア-も女子ツア-も楽しかったですね!。明日は少しその感想を書きたいと思います。

|

« キノコ栽培・キノコ狩り・・・その2 | トップページ | 駄目ゴルファーの寝言・・・その22 »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

のんさん、こちらこそTBありがとうございました。ブログ初心者の為対応が遅れました事お詫びいたしますm(__)m。
本当に競馬って良いですよね!。もっと、海外競馬の良い所は吸収して、家族でも楽しめる施設になれば良いですね。
日本の馬が凱旋門やドバイを勝つ勇姿を見たいものですね!。今の日本馬ならチャンスは十分ですよね!。

投稿: 駄目な管理人 | 2005年10月31日 (月曜日) 17時59分

TBありがとうございました!

競馬は本当に素晴らしいスポーツだと
ボクも思っています。
日本の馬が世界を制してほしい!

投稿: のん | 2005年10月31日 (月曜日) 05時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141572/6760471

この記事へのトラックバック一覧です: 初の天覧競馬 『天皇賞』:

« キノコ栽培・キノコ狩り・・・その2 | トップページ | 駄目ゴルファーの寝言・・・その22 »