« 駄目ゴルファーと呼ばれないために | トップページ | 駄目ゴルファーの記憶・・・2 »

駄目ゴルファーの記憶・・・その1

ゴルフは高校卒業後、会社に入ってから始めた。

いきなり会社のコンペに出る事になったのだ。

当時はバブル真っ最中で、今よりも料金は高く普通の家庭に育った高校生にとっては、

とても手の届かないスポ-ツであった。

しかし、スポーツ大好き人間の私は、TVで観るゴルフ中継と、

岡本綾子プロ全盛の頃の美しいスイングを真似て、野球のバットで素振りをするまでにとどまっていた。

ゴルフ中継は頻繁に観ていた為、ある程度ゴルフを理解しているつもりでいた。

気楽な私は、前日の練習のみでコ-スにおもむいていた。

コンペ当日・・・

キャディー付きでのプレー、全てをキャディ-に任せいた為、

何も気にする事なく、プロゴルファー気取りでプレーに集中できた。

その為か、なんと!初ラウンド 67―48 Total 115 ドラコン1つ

と言う結果であった。

前日の練習のみでハ-フ50を切ったのである。

ゴルフが非常に楽しく感じ、そして同時に簡単にも感じていた。

・・・初めてのゴルフ、ゴルフを理解しているつもりであった私は

このゴルフに失敗が多い事を気が付いていなかった。

そして、数年後に思い知らされる時がやってくるのだ。

なぜ数年後なのかも後程。

 bu_bbu1                                                      ・・・つづく

|

« 駄目ゴルファーと呼ばれないために | トップページ | 駄目ゴルファーの記憶・・・2 »

ゴルフ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141572/6154066

この記事へのトラックバック一覧です: 駄目ゴルファーの記憶・・・その1:

« 駄目ゴルファーと呼ばれないために | トップページ | 駄目ゴルファーの記憶・・・2 »